電脳獅子惑星ロゴ

高性能モバイルノート ランキング TOP 10(2017年7月版)

 2017年7月度の性能の高いモバイルノートを、筆者の独断と偏見によりチェックし、ランキング紹介・・・・コンバーティブル/2 in 1モバイル が増えてきたかなー・・・
(Update 2017.11.20)

記事ヘッダー写真

高性能モバイルノート ランキング TOP 10(2017年7月版)

 2017年7月度の、性能の高いモバイルノートを、筆者の独断と偏見によりチェックし、ランキング紹介しました。(本ページは現在まだ更新中です!)

 モバイルノートの判断基準の重要な要素である「バッテリ動作時間」に、ここ数年で、大きく消費電力低減技術の進化が見られるため、最低でも、8時間以上、として調査しています。

【セパレート型、コンバーティブル型】

 写真例: パナソニック製のレッツノートMX3シリーズを360度回転させてタブレット型にできる「コンバーティブル型/2 in 1

 最近は、ノートPCにもタブレットPCにもなる、「2 in 1 パソコン」とも呼ばれるタイプも増えてきたようですね。

 パソコンとしての利用面では不便という、タブレットPCに対する不満をこれで解消しようとする動きのようです。

 モバイルPCの分類には、タブレット端末も多数ありますが、本ページでは、キー入力感が不愉快な点や、BTO選択が出来ない点、汎用利用がしにくいなどのため、長く調査対象外として来ました。

 しかし、最近、通常のキーボード付きのノートとしても使え、さらにタブレット部分を着脱できる「セパレート型」。そして、切り離せないけれども、つなぎ目のヒンジ部分を360度回転させて、タブレット型にできる「コンバーティブル型」(左上写真)などが注目されるようになりました。

 これらは、一応調査対象に入れました。ただ、本ページのランキング選定基準は、真新しさやユニークさ、話題性などになく、あくまで、下の方に書きました、モバイル性能の高さ(高性能モバイルの判断基準)に置いています。

 また、今回のもうひとつの特徴は、シャープのIGZOタイプの超高解像度「2560×1440」の液晶パネルの採用が目に付きました。やはり、フルHDの解像度1920×1080 に比べても圧倒的な解像度ですね。

【ウルトラブック】

 薄さを徹底的に重視した、「デザイン上の美的こだわりや直感的な感性」を重視したい時こちらを選ぶようになると思われます。これを優先するため、「CPUの性能やバッテリ動作時間」が犠牲となる例が多いようです。

 何故かと構造上考えて見ますと、規格で厚さを制限するために、クーラーを含めて厚みの必要なCPUやサイズの大きいバッテリーが制限されてしまうようです。

(ウルトラブックの厚さは、14型以上の場合は21mm以下、14型未満の場合は18mm以下など。ウルトラブックの定義へ)

 ウルトラブックは、モバイルに必要な要素である「落下に対する堅牢性」の証明が多くのメーカーで書かれてない場合が多く、その点が軽視、度外視されている感じがします。
(本ランキング一覧でも、堅牢性データ記載があるのは、非ウルトラブックの2機種のみです。)

 また、光学ドライブの非搭載が前提であり、ウルトラブックは、14型以上も含むため大きく、モバイル(携帯)性とは少し距離感があるようです。(14型でも携帯性が良いと感じる人は問題ない。)

【モバイルノート】

 あくまで、モバイル性(移動しながらの実用性)を重視するとこちらとなる。

 このため、「重量が軽いこと、かつ、バッテリ動作時間が長いこと、落とした場合壊れない堅牢性」が最優先項目となります。

 具体的に、モバイルノートとウルトラブックとの比較例を挙げますと、

 ウルトラブック向けの低電力CPU (15W、型番の末尾にUがある) は、消費電力を落とすために、動作速度性能が落ちています。

 一方、(今回のランキングには入ってませんが)標準CPUタイプの、35W CPU を搭載しても、それ以上の軽量・長時間駆動が、実現できている場合も見受けられます。

 推測するに、ウルトラブックの薄さ実現のためには、(35W の)CPUの冷却が(クーラーの厚さが必要なために)出来ないのかもしれません。このように、デザイン上の薄さ・美しさを求めるために、どの性能を重視するかが、ウルトラブック選択の基準のようです。

 さて、本ページでは、かなり明確で厳密な判断基準を設け、高性能モバイルノートを、ランキング紹介して来ました。(BTO系ショップブランドのノートでは、残念ながら下記の基準を満たすものがありません。やはり不得意の分野のようです。)

■高性能モバイルノートの判断基準
 @B5ファイル原則12インチ(例外的に13.3インチ含む)、A重さ:女性に軽い1.5kg 以下、Bバッテリ動作時間が長い。最低8 時間以上、CデュアルコアCPU(2コア)以上など高性能ハードの条件。(非BTO機種も含む)(参照:モバイル度の評価基準

■高性能 モバイルノート ランキング TOP 10 2017年7月調査

(価格は、部品選択により変化しますので、詳細ページで確認下さい。)

ランキング ノート 機種
★節電や堅牢性
液晶仕様とイメージ 重量とバッテリ動作時間 性能、特筆事項、チップセットなど
1位 日本マイクロソフト
ウルトラブック/セパレート型
新 Surface Pro
(税込)114,264円〜

普通のペンのような感覚で手書きできる「 Surface ペン」が付属

(注意!)落下時の★堅牢性:面耐圧については、不明。
日本のメジャーなブランドは、記載なくても考慮してる場合が多い。
12.3型(3 : 2)PixelSense ディスプレイ
解像度2736 x 1824 
解像度が圧倒的に高い

Windows 10 Pro
モバイル性が断トツ
768〜782 g(CPUによる)
最大13.5時間(動画再生)
・組み合わせから選択(Core i7モデルあり)
Core m3, Core i5, Core i7選択
・ストレージSSD 128GB, 256GB , 512GB, 1 TB選択
・メモリー:4GB, 8GB, 16GB RAM 選択

・グラフィック:CPU内蔵Intel HD graphics
・無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1
・幅292mm×奥行 201mm× 高さ 8.5mm
2位 NECダイレクト
ウルトラブック/コンバーティブル
LAVIE Hybrid ZERO
HZ350/GAシリーズ(2 in 1ノート)
icon
¥124,800円

タッチパネル液晶は360度回転可能でタブレットに。2 in 1ノート
13.3型ワイド
解像度1920X1080ドット
解像度がかなり高い
icon
Windows 10 Pro/Home 選択可
モバイル性が断トツ
世界最軽量

769g
6.5時間
・BTOモデルあり
Core i3-7100U(2コア4スレッド、速度 2.4GHz、3次Cash 3MB
・メモリー:4GB LPDDR3 SDRAM
・グラフィック:CPU内蔵Intel HD graphics 620
・ストレージ:SSD128GB(Serial ATA)
・Webカメラ:92万画素HD解像度(720p)
・無線LAN(Wi-Fi) 、Bluetooth4.1
・305(W)×205(D)×16.9(H)mm
3位 ソニーストア
VAIO株式会社製)

VAIO S11カスタマイズモデル
124,800円〜

★堅牢性:「ガラス繊維入り強化樹脂」採用、衝撃に対する耐久性
11.6型ワイド(16:9 )フルHD
解像度1920×1080
解像度がかなり高い

Windows 10 Pro/ 10 Home/ 7 Pro 64bit選択可
モバイル性が断トツ
920-940g (バッテリー込み)
11.0 - 15.2時間(標準バッテリ)
★軽さと長時間ならコレが1番!
・BTO選択可
Core i7-6500U (2コア4スレッド、速度 2.5GHz、ターボ時3.1GHz、3次Cash 4MB
Core i5-6200U/
Core i3-6100U選択
・ストレージSSD512/256/128GB選択
・メモリー:4GB/8GB選択
・グラフィック:CPU内蔵Intel HD graphics 520
・無線LAN、Bluetooth 4.1
・幅284mm×奥行190.4mm× 高さ16.4-19.1mm
4位 パナソニック

レッツノートSZ6シリーズ12.1型
ドライブレスモデル (SZ最軽量モデル)

¥227,800円〜

★電力需要ピークの時間帯は自動バッテリー駆動、それ以外の時バッテリー充電する「ピークシフト制御ユーティリティ
耐100kg級タフボディ(76Cm落下試験)
12.1型(16:10) WUXGA仕様
解像度 1920×1080ドット
解像度がかなり高い

天板カラー 6色
Windows 10 Home
Windows 10 Pro 64ビット
モバイル性が高い
950g(バッテリーパックS)
12時間(バッテリーパックS)
・価格が高いがマニアック、CPUも高速。
BTO選択可。
Core i7 -7600U vPro(2コア4スレッド、速度 2.8GHz、ターボ時3.9GHz、3次Cash 4MB
・メモリー:8GB(LPDDR3 SDRAM)
・グラフィック:CPU内蔵Intel HD graphics 520
・ストレージ:SSD128GB+HDD1TB(Serial ATA)
・無線LAN、Bluetooth v4.1搭載
・幅301mm×奥行210mm×高さ21mm
5位 FUJITSU
カスタムメイドモデルWS1/B1

139,958円
クーポン適用価格

★ピークシフト: 電力消費のピークタイムは自動バッテリ運用
★クイックスタート:電源ボタン押でパッとPCスタート
★天板からの全面加圧試験200kgf
13.3型ワイド仕様

解像度 2560×1440選択可
(ノングレア)
解像度が圧倒的に高い

Windows 10 Home/ Pro 64ビット版
1.2〜1.6kg
(ドライブなしで)
10.3〜23.2時間(内蔵バッテリ標準)
圧倒的長時間
・BTO選択可。
Core i5 -7200U (2コア4スレッド、速度 2.5GHz、ターボ時3.1GHz、3次Cash 3 MB
・メモリー:4/8/12GB(2GBx2 デュアル)
・グラフィック:内蔵Intel HD graphics
・SSD 256GB/ HDD 500GBなど選択
スーパーマルチドライブ
(着脱式)
Webカメラ92万画素、指紋センサー
・無線LAN 、Bluetooth4.1
・W315.8 ×D214 ×厚さ11〜19.8mm
6位 デル(Dell)
コンバーティブル型/2 in 1モバイル
xps-13-9365-2-in-1-laptop
スタンダード・FHDタッチパネル

144,980円〜
('17年7月1日時点の価格)

★堅牢性:データなし
13.3型FHD AG
解像度 1920 x 1080ドット

Windows Windows 10 Home 64ビット
最小1.24kg
最大10時間
(条件に注意!)
ACアダプタ:46 W
・BTO選択可。
Core i5-7Y54(2コア4スレッド、速度 1.2GHz、ターボ時3.2GHz、3次Cash 4MB
・メモリー:4GB LPDDR3
・グラフィック:CPU内蔵Intel HD graphics 615
・ストレージ:SSD 128GB(S-ATA)
・無線LAN、 Bluetooth 4.2
・ワイドスクリーンHD(720p)Webカメラ
・幅304 x 奥行199 x 厚さ8〜13.7mm
参考ページ 上になかったら、モバイルの判断基準に気をつけて下記サイトもチェック!
Amazon から激安モバイルノート一覧の例
Amazon から激安モバイルノート一覧の例    

(2017年7月上旬作成)




弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.