電脳獅子惑星ロゴ

  初心者の
  3Dゲーム・オンラインゲームパソコン
  選び方入門

 ●3Dゲームが出来るパソコンとは、普通のパソコンとどこが違うのか?
 ●SLI 対応の高性能・ゲームパソコンとは?
 ●ATI 版SLI”の「Cross Fire」 とは? 4つのGPUを並列に動作させる最新の「Quad SLI」とは?
 ●ゲーム名が分かってるなら、タイトルに特化のゲーム推奨ノートPC:全一覧表
| サイトマップ | 電脳獅子惑星トップ | 運営者|
3Dゲームパソコン
3Dゲームが出来るパソコン
キーワード
3Dゲーム:
3次元の動画像で制作されたゲーム
オンラインゲーム:
3Dゲームをインターネット上のサイトで行う。複数の知らない人の間で対戦できる。:【エバークエストII 公式サイトオープン!(プレイに適した環境を確認できる「システムスキャン」実行可能!)
GPU:
Graphics Processing Unitの略で、いわば3D描画の高速処理専門のCPUである。グラフィック(ビデオ)カードに搭載され、CPU から3D描画の高速処理をハードとして分担、引き受ける。ビデオカードに搭載のメモリーがビデオラム(V-RAM)で、多いほど高速描画と考えてよい。
統合型チップセット:
GPU がマザーボードのチップセットに一体化されたもの。このため、グラフィック(ビデオ)カードがなくてもよいので、廉価なお買い得(バリュー)パソコンを作れる。
・GeForce系列:
nVIDIAという会社が開発した3Dグラフィック処理の得意なビデオチップ使用カード
・RADEON系列:
ATIという会社が開発した3Dグラフィック処理の得意なビデオチップ使用カード
・レンダリング(rendering)
(英語の意味:翻訳して表現すること)。数値データとして与えられた物体や図形に関する情報を計算によって画像化すること。一般的には3次元グラフィックスを描画することを指すことが多い。(IT用語辞典より)
・シェーダ:
(英語の意味:陰をつける人)。CG のレンダリングにおいて陰影処理を行うプログラムのこと。主にプログラマブルシェーダのことを指しデザイナーがその動作を自由に記述することができる。最近ではもっぱらリアルタイムレンダリングにおけるグラフィックハードウェアへの命令プログラムの事を指す。(はてなダイアリーより引用)
・ピクセル・シェーダ:
ピクセル(レンダリング)処理を行うルーチンをプログラマが記述し、GPU(Graphics Processing Unit)にダウンロードして実行する仕組み。複数のテクスチャを組み合わせて、ピクセル単位のライティング(バンプ・マッピング)や環境マッピングなどが記述できる。これにより、金属の質感などをプログラムによって描画することが可能。(@IT:Insider's Computer Dictionary [ピクセル・シェーダ]より引用)
・バーテックス・シェーダ:
頂点シェーダともいい、これを用いることで、モーフィング、マトリックス・スキニング(関節のような頂点間の不連続部分を滑らかに処理する)、ライティング・モデルなどを、プログラマ自身のアルゴリズムで記述できる。例えば、水面を制御することで波紋を描いたり、顔の皺(しわ)を制御することで笑った表情を作ったりすることが可能。(@IT:Insider's Computer Dictionary [頂点シェーダ]より引用)
・オーバーヘッド:
何らかの処理を行なうためにかかるシステムの負荷を指す。特にハードウェアの性能や、OSなどのシステムソフトウェアの性能など、システム全体にかかる負荷に対して用いられることが多い。
・サラウンド環境:
5.1チャンネル以上のスピーカを使い、リスナー周囲からの移動するような臨場感のあるサウンド環境を指す。
・5.1チャンネル:
スピーカがフロント2個、リアに2個、センターに1個、そしてサブウーファ1個あるシステムを指す。(サブウーファは、低音のみなので、なぜか0.1個の扱いとされた。)DVDビデオには、標準音声として、5.1チャンネルサラウンドが組込まれている。(ドルビーデジタル)
・FPSゲーム
3Dゲーム分野で、ファーストパーソンシューティングゲームの略。

ビデオカード
激安販売調査
アマゾンでグラフィックボードの価格を調べる
ビデオカード
安価販売店舗

(価格.COM 調べ)

TwoTop パーツページicon
パソコン工房
グラフィックカード icon
フェイス:ビデオカード icon
Sycomオンライン通販
PCパーツ
★BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10
(集計期間
2015年12月〜2016年1月)
1.ドスパラ

(BTO−PCにいち早く取組んだ安心感でオススメNO.1)

2.Sycomオンライン通販

(知る人ぞ知る通販専門の有名サイト)

3.ツクモネットショップ

(秋葉系の有名店。eX.computerシリーズ、Acer、ASUS、メーカーPC取り扱い)

4.パソコン工房

(ウェブショップもこの人気、「あなたの街のパソコン屋さん」全国89店舗)

5.マウスコンピューター

(コストパフォーマンスの良さ抜群でオススメ!)

6.ストーム(Storm)

(コストパフォーマンスに優れたオリジナルPCに強い。自由度の高いBTOで、通販のみ)

7.パソコンショップSEVEN

(通販専門で実店舗はない、yahoo!店はある。フルカスタムBTO方式を採用)

8.レノボ・ジャパン(旧、IBMパソコン事業部)

(中国企業経営となったThinkPad ブランド)

9.日本HPオンライン

(デルを抜き、売り上げ世界NO.1ブランドメーカー)

9.デルオンラインストア

(売り上げ世界NO.2、ビジネスPCに強い)

9.PCワンズ

(大阪日本橋のBTO専門店)

PR
 
 
ページビュー
ランキング10
1.3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
2.ハード初心者にやさしいハードディスク交換、取付け法
3.ハードウェア初心者にやさしいビデオカード選び
4.3Dゲームが出来るパソコン・オンラインゲームパソコン入門
5.ハードウェア初心者にやさしいCPU選び
6.デュアルコアCPU パソコン入門
7.きっと役立つ!3Dゲーム ノートパソコン入門
8.超高性能 3Dゲームノート ランキング
9.ネット直販 カスタマイズ・BTOパソコンの人気サイト評価
10.薄型テレビ機種別の一番の激安価格を本日、ネット検索したページ
 
バトルフィールド3、スカイリム、ファイナルファンタジーXIV、モンスターハンター フロンティア(MHF)、リネージュ(LINEAGEII)、などの 3Dゲームを快適に!(2012年8月更新)
 (2012年8月追加更新)
【関連記事のページ】:ゲーム用ノートについては、「ゲーム用ノートの選び方、判断基準」のページへ

 3Dオンラインゲームを楽しめるゲームパソコンのおススメの性能や動作環境とは、どの程度のものが必要なの?、と言う疑問は多くの方が持ちます。

 【ゲーム環境が進化、性能向上】
 しかし、これは、やっかいなことに、毎年、新しいグラフィックスチップやゲームが出て来たり、また従来のゲームが新グラフィックスチップの性能向上に対応して、バージョンアップしたりすることで、いたちごっこで変わって行きます。

 【自分のしたいゲームの程度は?】
 また、3Dオンラインゲームを楽しむと言っても、人によって、試しにやって見たり、したいゲームの種類は、千差万別のようで、「これがおススメですよ」なんてことは、ひとくくりにはとても言えない状況もあります。

 今回、初心者向けの説明に入る前に、
ゲーム動作時にグラフィックス(GPU)やCPUにかかる負荷から見たレベルで、3Dオンラインゲームを分類」し、
自分が楽しみたいゲームのおよその位置付けを、あらかじめ知ってから探す
方がよいのでは
と思い、この表を追加しました。

 前に一度、ゲームパソコンを買った経験のある人なら、この表を見ただけで、現在のゲーム環境や状況を理解して、パーツを選んだり、BTOタイプから選んでスペックを決めるられるかも知れません。初心者の方は、まず何の項目を調べ検討して、どこから決めていく必要があるのか、およその順番を漠然とつかんでもらえれば良いのではないかと思います。

【PC負荷から見た3Dゲームの分類】 (2012年8月時点)
(注記:3Dオンラインゲームの表題ですが、ゲーム一般のおよその位置付けを知るため、それ以外のゲームを含みます。)
●マルチプラットフォーム
(パッケージ販売の欧米産中心タイトル)
DirectX 11
GeForce GTX560 以上
(Radeon HD 6950 以上)

・VRAM 1GB 以上
・OS : Windows 7
・CPU :Quad コア 3GHz以上
・メモリ:4GB 以上
・HDD空き容量:20GB 以上
・DVD:2層読込8倍速 以上
バトルフィールド3
(BATTLEFIELD 3)
BATTLEFIELD 3推奨PC一覧ページ
P4700
P22000
・25369(1280x720)
(いずれもGeForce GTX560Ti 例)
●高負荷の3Dゲーム

推奨要求性能レベルは、FINAL FANTASY XIV の例

DirectX 9.0c以上
GeForce GTX460 以上
(Skyrimでは、GTX550Ti以上)

・VRAM 1GB 以上
・OS : Windows 7
(XP/ Vista/ 7)
・CPU :Quad コア Core i7 (2.66GHz 以上)
・メモリ:4GB 以上
・HDD空き容量:15GB 以上
ファイナルファンタジーXIV
FF11-14推奨PC一覧ページ
スカイリム(The Elder Scrolls V : Skyrim)
Skyrim推奨PC一覧ページ
P15000
(GeForce GTX460 例)
P12500
(GeForce GTX550Ti 例)
●中負荷程度以下の3Dゲーム

推奨要求性能レベルは、モンスターハンター フロンティア(MHF)の例

DirectX 9.0c以上
GeForce 8600、9600、200シリーズ以上
(TERAでは、8800GTシリーズ以上)
・Radeon HD 2600、3650、4650、5550、6450シリーズ以上
(TERAでは、HD 3870以上)

・VRAM 1GB?以上
・OS : Windows XP/ Vista/ 7)
・CPU :Dual コア以上
Core 2、Core i シリーズ以上

AthlonX2 4600+、Phenom、AthlonII、PhenomIIシリーズ以上、A シリーズAPU
・メモリ:1GB 以上
・HDD空き容量:4GB 以上
モンスターハンター フロンティア(MHF)
MHF推奨PC一覧ページ
・マビノギ英雄伝
マビノギ英雄伝推奨PC一覧ページ
・タワーオブアイオン
AION推奨PC一覧ページ
・テラ(TERA)
TERA推奨PC一覧ページ
・リネージュII
LineageII推奨PC一覧ページ
・ファンタシーアースゼロ
Fantasy Earth Zero推奨PC一覧ページ
・9500〜11600
(GeForce 8800GT 例)
●2Dオンラインゲーム

推奨要求性能レベルは、ラグナロクオンラインの例

DirectX 8.0、8.1以上
・CPU内蔵グラフィックス
(マザーチップセットにGPU内蔵するタイプもある)
・GeForce シリーズ
・Radeon シリーズ
・VRAM 64MB 以上
・OS : Windows XP(SP3)
・CPU :Pentium III 1GHz 以上
AMD CPU 1GHz 以上
・メモリ:512MB以上
ラグナロクオンライン
Ragnarok online推奨PC一覧ページ
・メイプルストーリー
・レッドストーン
・気にしなくていい?
●ブラウザゲーム ・フラッシュが動作する
・フラッシュが動作する ・ドラゴンクルセイド
・ブラウザ三国志
・戦国IXA
・気にしなくていい?
 (5種類の分類は、日経WinPCの過去の記事を参考にしましたが、表の内容、項目は全く別のものになっています。)

 こうして、一覧表でながめて見ると「意外と低い性能でいいのだ」と言うことが分かります。

 しかし、ゲームパソコンの価格もかなり下がったため、上の表の推奨性能レベル以上の性能・動作環境のパソコンを用意しておけば、

 そのゲームを他の人より快適にプレー出来たり、3D レンダリング描画の品質を上げることが出来ますので、
よりハイスペックなパソコンでも決して無駄にはなりません

 今後のゲームの進歩、進捗を先取りし、PCの方は、今回あらかじめ対応しておいたという安心感や満足感も得られます。


 ★さて、いよいよ、3Dゲーム・オンラインゲームパソコン入門について、書いていきます。

 3Dゲームパソコン初心者は、最初からお読み下さい。初歩の説明が不要の人は、ここをクリックすると「PC性能とゲーム分布表」に飛びます。

 (このページから続くDirectX10 SM4.0からの話は、3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)へどうぞ)

 少し前、友達に自慢できるような、最強の3Dゲームが出来るパソコンを作るのは、自作パソコンユーザーの1つの目標でした。しかし現在では、ネット直販のBTOパソコンを探せば、たいていの販売サイトで、用意しています。

 ここでは快適に、3Dゲームが出来るパソコンとは、普通のパソコンと何処が違うのかについて、見て行きたいと思います。

マウスコンピューター/G-Tune
【CPUについて】

 まず、3Dゲームオンラインゲーム(ネットゲーム)は、動作するためのハードウェアの環境を必要とします。3Dゲームのソフトは、3Dグラフィックの命令・コマンド(Instruction Set)を使って書かれています。

 従ってこのコマンドを持っていないCPUでは、対応出来ないのです。つまり具体的にいいますと、少し古いパソコンや、新しくても、CPUがシングルコア(のセレロンやデュロン・Sempron)では、非力な作業なのです。

 これは、正確には、2〜4コアのCPU、(intelの最近では Core i5、i7シリーズ) や、AMDで言えば、Athlon II〜Phenom IIシリーズ(最近では、A シリーズAPU:A8-3870K / A8-3850)などは、SSE(SSE2,SSE3,SSE4,・・AVX,・・・)といわれる、3D 処理が高速にできる拡張命令セットを持っているので、3Dゲームソフトが記述された通りに忠実に実行できるということです。

 1年1年、時の流れと共に、ゲーム自体も進化して最新のCPUの持つコマンドで書かれて行きますので、少なくとも、デュアル〜クアッドコア(最近では、Core i5、i7シリーズ) または、AMD CPU なら、Athlon II〜Phenom IIシリーズ以降のCPUにしましょう。

【グラフィックカードについて】

 次になんといっても、ビデオ(グラフィック)カード(略してグラボ、VGAカードともいう)の性能が大変重要です。ビデオカードには、GPU(Graphics Processing Unit)と呼ばれる、いわば3D描画の高速処理専門のCPUが搭載されています。

 このGPUが、だいぶ以前は、CPUがソフトでやっていた3D描画処理をハードウェアとして高速に行っているのです。そのため、CPUは、別の並列処理に移行できるので、パフォーマンスがかなり上がります。

【ダイレクトX(DirectX)について】

 これは、上に挙げたグラフィックスGPUを利用するための、GPU専用の標準API(Application Program Interface)と呼ばれるプログラミングのための命令や関数の集まりです。また、これを利用するためのプログラム上の手続きを定めた規約の集合とも言え、マイクロソフトやAMDなどの関係企業(機関)が相談して作っています。

 アプリケーションを作るプログラマーが一から記述するのは容易なことではないため、あらかじめスGPUチップを利用するためのインターフェイスとなる部分のプログラムを標準化して作って置いたということです。(これ以外に、Silicon Graphics社が開発した、OSに依存しないOpenGLがあります。)

 DirectXの最初のバージョン1.0 は、ゲーム作成用のAPI集(Windows Games SDK)として始まり、現在では、「DirectX 11」(Windows 7で利用)が最新ですが、次期のOS、Windows 8では「DirectX 11.1」となるようです。

 DirectXとは何かと云うと、その時代時代のGPUチップを利用して、高品質の3Dグラフィックスを高速に描く、標準レンダラー(レンダリングソフト)ということになります。

 現在では、DirectX 11(Windows 7)の時代となり、GPUは完全にプログラマブルな状態に進化し、(GPGPUと呼ばれる)汎用CPUとしても利用も活発となりました。このため、DirectX を利用しないで、それに代わる「レンダリングソフト」を作成することも可能となっています。

 さて、少々難しい話はこれくらいにして、よくある失敗話で、注意しておきたいのは、(MXMモジュール基板がない)ノートパソコンやマザーボード・オンボードグラフィックス(統合型チップセット)搭載のパソコン(メーカー製のお買得パソコン)です。

 これらのパソコンをつい買ってしまったとして、ゲームをしても出来なくはないですが、最新の題名にあげたような、高度の3Dゲームは、楽しめないことを、おせっかいながら、云っておきたいと思います。

 まず、実際に現在市販されているゲームパソコン(ゲーム動作推奨モデル)は、どの程度の性能のGPUやCPUで作られているのかを、具体的なゲームの分布表から、ざっと概観して見ましょう。各社のプロが想定している「プレー出来るゲームとハードウェア性能との相関関係」がよく判ります。

 表中のGPUの性能分類は、NVIDIA社に従い、エンスージアスト(ENTHUSIAST)、ハイパフォーマンス(HIGH PERFORMANCE)、パフォーマンス(PERFORMANCE)、一般(MAINSTREAM)〜エントリー(VALUE)としました。

【主要性能とゲーム推奨モデルの分布表】:(注)2011年1月時点です。3D対応は、3D立体視PC
(→★FF14ゲーム推奨PCの分布俯瞰表は、ここ★ゲーム推奨ノートの分布表は、ここ
GPU性能\CPU性能旧世代2コアCPU
(2コア2スレッド)
Core i3
(2コア4スレッド)
Core i5
(2〜4コア4スレッド)
Core i7
(4〜6コア8〜12スレッド)
エンスージアストGPU
(Enthusiast)
    
GeForce GTX580
(Amazon激安店価格は?)
   Core i7-950
FF14推奨認定
(ドスパラ推奨PC)
GeForce GTX570
    Core i7-870
(以下ドスパラ推奨PC)
・メダル オブ オナー
・バトルフィールド バッドカンパニー2
・バトルフィールド バッドカンパニー2(3D Vision)
・Another Day
GeForce GTX 480
(Amazon激安店価格は?)
    Core i7 -980X EE(6コア)
FF14推奨認定(FRONTIER)

Core i7-950
●タワーオブアイオン推奨(マウス)

Core i7-870
(以下マウス推奨モデルicon)
◆ロストプラネット2推奨
◆ロストプラネット2推奨3D対応

GeForce GTX 470
(Amazon激安店価格は?)
    Core i7-2600
FF14動作対応(VSPEC)
Core i7-960
(以下FRONTIER推奨PC)
MHF推奨
・81Keys推奨
●タワーオブアイオン推奨
リネージュII
・ストリートファイター4
・デビルメイクライ4
・Soul of the Ultimate Nation
・プリウスオンライン
・ブレイドクロニクル
・ファンタシースターユニバース
・新生ROHAN
・ラストカオス
・シールオンライン
・天地大乱

Core i7-950
(以下フェイス推奨PCicon)
●タワーオブアイオン推奨
リネージュII推奨
バイオハザード5推奨
(以下マウス推奨モデルicon)
▲ドラゴンネスト推奨
▲ドラゴンネスト推奨3D対応

Core i7-870
●タワーオブアイオン推奨(マウス、ツクモ)
●タワーオブアイオン推奨3D対応(マウス)
FF14推奨認定
(フェイス、FRONTIER、パソコン工房)
FF14動作対応(VSPEC)
◆ロストプラネット2推奨
(パソコン工房、フェイス)
・天地大乱(FRONTIER)
MHF推奨(フェイス)

Radeon HD5870
    Core i7-950
・ストリートファイター4(VSPEC)
Core i7-875K
FF14動作対応(VSPEC)
Core i7-870
FF14動作対応(VSPEC)
Radeon HD5850
(Amazon激安店へ)
   

Core i7-870
●タワーオブアイオン推奨(マウス)

Radeon HD6870
(Amazon激安店へ)
    Core i7-870
・メダル オブ オナー
・バトルフィールド バッドカンパニー2
・A列車で行こう9 Premium
(以上ドスパラ推奨PC)
MHF動作対応(VSPEC)
GeForce GTX 460
(Amazon激安店価格は?)
   Core i5-2400(クリック可)
FF14動作対応(VSPEC)

【 参 考 】
日本HPゲーム認定モデル一覧icon
VSPECオンラインゲームモデル
フェイス推奨PC一覧icon
ドスパラ推奨PC一覧
マウス推奨モデル一覧icon
FRONTIER推奨PC一覧
パソコン工房推奨PCicon
ツクモ推奨モデル一覧
ストーム推奨PC

Core i7 -980X EE(6コア)
FF14推奨認定PC(日本HP)
Core i7-950
・ストリートファイター4(フェイス)
・ラグナロクオンライン推奨(ドスパラ)
FF14動作対応(VSPEC)

Core i7-870
FF14推奨認定PC(ドスパラ、ツクモ)
リネージュII推奨PC
(ドスパラ、パソコン工房、FRONTIER)
MHF推奨
(パソコン工房、FRONTIER)
MHF推奨ハイグレード(ドスパラ)
◆ロストプラネット2推奨(マウス)
・ヘルゲート推奨(ツクモ)
・ヘルゲート推奨(ドスパラ)
(以下パソコン工房推奨PCicon)
・ミスティックストーン
★フライトシュミレータX
・ローズオンラインレジェンド
(以下FRONTIER推奨PC)
・81Keys推奨
●タワーオブアイオン推奨
・ストリートファイター4
・デビルメイクライ4
・Soul of the Ultimate Nation
・プリウスオンライン
・ブレイドクロニクル
・ファンタシースターユニバース
・新生ROHAN
・ラストカオス
・シールオンライン

Radeon HD6850
(Amazon激安店へ)
   

Core i7-870
MHF動作対応(VSPEC)

GeForce GTX 465
(Amazon激安店へ)
   Core i7-870
FF14推奨認定(ツクモ)
Radeon HD5770
(Amazon激安店価格は?)
   Core i5-2400(クリック可)
・リネージュII動作対応(VSPEC)
Core i5-760
・CABAL ONLINE(ドスパラ)
Core i7-950
・リネージュII動作対応(VSPEC)
Core i7-870
FF14推奨認定(マウスコンピュータ)
■FF11推奨認定PC(ツクモ)
GeForce GTS450
(Amazon激安店価格は?)
   Core i5-2400(クリック可)
・ストリートファイター4(VSPEC)
Core i5-760
●タワーオブアイオン推奨(ツクモ、パソコン工房)
MHF推奨(パソコン工房)
MHF動作対応(VSPEC)
リネージュII推奨(パソコン工房)
リネージュII推奨(ツクモ)
・グラナド・エスパダ推奨(フェイス、ツクモ)
・ファンタシースターユニバース(フェイス)
(以下パソコン工房推奨PCicon)
・ファンタシースターユニバース
・「81Keys」推奨
・ガンダムネットワークオペレーション3
・グランドファンタジア
・天地大乱
バイオハザード5
・ストリートファイターIV
■FF11
★フライトシュミレータX
・デビル メイ クライ4
・Soul of the Ultimate Nation
・新生ROHAN(ツクモ、パソコン工房)
・パーフェクトワールド(パソコン工房、ツクモ)
(以下ツクモ推奨モデル)
・SDガンダム カプセルファイター オンライン
・LEGEND of CHUSEN 2
・ブレイドクロニクル
・蒼天
・SEKIHEKI
・信長の野望Online
Core i7-870
●タワーオブアイオン推奨(フェイス)
MHF推奨(ドスパラ、フェイス、
マウス、ツクモ、VSPEC動作対応PC)
リネージュII推奨(フェイス)
(以下ドスパラ推奨モデル)
・Fantasyアースゼロ
▲ドラゴンネスト3D対応
▲ドラゴンネスト
・A列車で行こう9
・ル・シエル・ブルー
・DIVINA・蒼天・天地大乱
・タルタロス
・グラナドエスパダ
・ラグナロクオンライン
・ハウリングソード
・スペシャルフォース
・三国カオス
・ブレイドクロニクル
・グランドファンタジア
・81Keys
・シールオンライン
・パーフェクトワールド
・フリフオンライン
・ラストカオス
・新生R.O.H.A.N
・夢世界−武林外伝−
・Angelic Crest
・アイリスオンライン
・R2-Reunion-
・Rappelz-ラペルズ-
・Soul of the Ultimate Nation
・Legend of CHUSEN-誅仙-
・アークロード
・LUNA twinkle!
・ノーステイル
・ファンタジーアースゼロ
・SDガンダム カプセルファイター オンライン
・エルソード
・エターナルシティ2
・Alliance of Valiant Arms
・ペーパーマン
・クロスファイア
・Another Day
・ガンダムネットワークオペレーション3
・桃色大戦ぱいろん
・meet-me
(以下フェイス推奨PCicon)
・「81Keys」
・新生ROHAN
・パーフェクトワールド完美世界
・ストリートファイター4
(以下ツクモ推奨モデル)
バイオハザード5
・クライシス ウォーヘッド
・デビル メイ クライ4
◆ロスト プラネット
★フライトシュミレータX
・ヘイロー2
・シャドウラン
GeForce GTX 260  Core i5-760
★フライトシュミレータX(フェイス)
Core i7-950
■FF11推奨(フェイス)

Core i7-870
バイオハザード5推奨
(フェイス推奨PCicon)

GeForce GTS250
(Amazon激安店価格は?)
  Core i5-760
・プリウスオンライン
・Soul of the Ultimate Nation
(以上フェイス推奨PCicon)

Core i5-750
●タワーオブアイオン
(ストーム推奨PC)

Core i7-870
・ウォーロック(ドスパラ)
・バイオハザード5(ドスパラ)
リネージュII推奨(マウス)
・デビル・メイ・クライ4(フェイス)
◆ロストプラネット(フェイス)
■FF11推奨認定PC(ツクモ)
(以下FRONTIER推奨PC)
MHF推奨
・81Keys
●タワーオブアイオン
リネージュII
・ストリートファイター4
・デビルメイクライ4
・Soul of the Ultimate Nation
・プリウスオンライン
・ブレイドクロニクル
・ファンタシースターユニバース
・新生ROHAN
・ラストカオス
・シールオンライン
・天地大乱
GeForce GT430
(Amazon激安店価格は?)
  Core i3-550
(以下ドスパラ推奨PC)
MHF推奨
・ザ・シムズ(sims)3
・ザ・シムズ(sims)2
▲ドラゴンネスト
・三国群英伝ONLINE
・ル・シエル・ブルー
・DIVINA
・ラグナロクオンライン
・ハウリングソード
・三国カオス
・ローズオンライン
・81Keys
・ラストカオス
・Angelic Crest
・Rappelz-ラペルズ-
・トリックスター
・エターナルシティ2
・クロスファイア
・超時空銀河ベルセウス
・meet-me
  
GeForce 9800GT  Core 2 Quad Q9550
(以下ストーム推奨PC)
・グラナド・エスパダ・プラス
・天地大乱
・シールオンライン
・新生R.O.H.A.N
・Alliance of Valiant Arms
★フライトシミュレータX
 
ハイパフォーマンス
(High Performance)
    
 なしなしなしなし
パフォーマンスGPU
(Performance)
    
GeForce GT240
(Amazon激安店価格は?)
 Core i3-540
(以下ツクモ推奨PC)
・エターナルシティ2
・タルタロス
・夢世界-武林外伝-
Core i5-760
・ガンダムネットワークオペレーション3
(フェイス推奨PCicon)

Core i5-650
MHF推奨(マウスコンピュータ)

 
GeForce GT220
(Amazon激安店価格は?)
Core2 Duo E7500
(以下マウス推奨PCicon)
MHF推奨
▲ドラゴンネスト推奨
・Fantasyアースゼロ推奨
・グランドファンタジア
・ミスティックストーン
・エターナルシティ2
・ブレイドクロニクル
・CABAL ONLINE
・コンチェルトゲートフォルテ
Core i3-530
(以下ストーム推奨PC)
・「81Keys」推奨
・ラストカオス推奨
Core i5-760
・蒼天(ドスパラ)
・フリフオンライン(ドスパラ)
・アイリスオンライン(ドスパラ)
・ガンダムネットワークオペレーション3
 
一般(Mainstream)
エントリー(Value)型
    
GeForce 210
(Amazon激安店?)
Pentium E5400
(以下マウス推奨PCicon)
・ハンゲーム“じっくりゲーム”
・戦場のカルマ推奨
・みんなの冒険大陸カナン
   
GPU性能\CPU性能旧世代2コアCPU
(2コア2スレッド)
Core i3
(2コア4スレッド)
Core i5
(2〜4コア4スレッド)
Core i7
(4〜6コア8〜12スレッド)

 左下から右上に向かって性能が高くなっています。こうようにして眺めるといかがでしょうか?

 MHF(モンスターハンター・フロンティア)推奨PCなどは、結構下のクラス方から右上の高性能のPCまで、広く分布しています。このことから、GeForce GT220以上のカードで(かつデュアルコアCPUで)あれば、モンスターハンター・フロンティアは、そこそこ動くのではないかとか解かります。

 このように、このGPU性能なら、このクラスのゲームまでプレー出来るのではないか?とか、自分はこのゲーム中心にやるのだから、パソコンBTO注文の時は、このクラスのパーツ性能を選ぼうとか、現在の手持ちPCのままでは、性能の低いGPUをグレードアップして見ようなど、見当をつけることができます。

 ゲーム毎に違うと思いますが、ショップ側は、推奨PCをデザインするとき、各ゲームの公式ベンチを通常取ってると思いますので、このゲームはGPUあるいは、CPUの性能を上げれば上げる程、快適動作になるのでは?などが少しづつ見えてきます。
(一般論の参考は:3DMarkベンチのスコア計算法から見た性能アップ研究へ)

 この分布表は、「直販のゲームパソコンでパーツをBTO選択する時の選び方」として、あるいは、「自作する時のメインパーツ性能の目安」として、結構、役に立つのではないかと思います。

 下記は、現在、ゲーム推奨PCを販売してるショップやメーカーの全機種を、「ゲームタイトル分類別」に、調査した一覧表です。プレイしたいジャンルやゲームが既にだいたい決まっている方が、ゲームパソコンを探すときに大変便利と思います。

市販のゲームタイトル推奨スペックPC一覧表(国内販売ショップ・メーカーを調査)
MORPG 推奨PC一覧
(MHF、ドラゴンネストなどの複数人数ロールプレイングゲーム)
MMORPG 推奨PC一覧(ページ1: A-E)
MMORPG 推奨PC一覧(ページ2: F-N)
MMORPG 推奨PC一覧(ページ3: P-Z)
(リネージュ、ファンタジーアース ゼロ、ファインディングネバーランドオンライン、Tower of AION など多人数同時参加型RPGゲーム)
シミュレーションゲーム推奨PC一覧
(フライト シミュレータなど)
シューティングゲーム推奨PC一覧
(バイオハザード5、バトルフィールド3 などのFPS、TPSシューティングゲーム)
アクションゲーム推奨PC
(ストリートファイターなどのアクションシングルプレイ多い)
アクション・シングルプレイRPG推奨PC一覧  (スカイリムSkyrimなどのRole Playing Game)
テーブルゲーム・その他、推奨PC一覧
(分類しにくいゲーム)
ゲーム推奨ノートPC:全一覧表

【参考ページリンク】(→ゲームノートの推奨ゲーム分布表は、ここをクリック
フェイス推奨PC一覧icon、 ・ドスパラ推奨PC一覧、 ・マウス推奨モデル一覧icon、 ・FRONTIER推奨PC一覧、 ・パソコン工房推奨PCicon、 ・ツクモ推奨モデル一覧、 ・ストーム推奨PC


 さて、本ページは初心者やハードに詳しくない方が対象です。(ここから先の内容は、最新のカードまで更新されていませんが、傾向・流れという見方でお願いします)

ここから先の話は、マニアックになりますが、現在このGPUチップセットメーカーは、2系列あり、互いにしのぎをけずっています。1つは、GeForce系列、もうひとつは、RADEON系列です。

 ただ、詳しくない方が、ネット直販・ BTOパソコンの仕様を決める時、あるいは、3Dゲームが出来るパソコンを買う時、知っておいた方がいいのは、その型番です。

 現在、下記のビデオカードを搭載してれば、たいていの3Dゲームは、何なくできると思います。ただ、上の方に書いた古い(2004年くらいの)ものは(もう販売してませんし)その時代の最新最強ゲーム対応という意味で、現在の最強ゲームでの快適動作はとても無理かと思います。

 1.GeForce系カード:GeForce 6600GT 以上、
    GeForce6600/6600GT/6800/6800GT/6800Ultra/7300GS/7600GT/
           7800GT/7800GTX/7900GS/7900GT/7900GTX/7950GX2/8500GT/8600GT/
      8600GTS/8800GS/8800GTS/8800GT/8800GTX/8800Ultra/9600GSO/9600GT/
           9500GT/9800GT/9800GTX/9800GTX+/9800GX2/GTX 260/GTX 2602/
           GTX280/GTX465/GTX460/GTX285/GTX460(256bit)/GTX470/GTX480/GTX295/
           GTX285 X2/GTX580 シリーズ

 2.RADEON系カード:RADEON X700以上、
  RADEON X700/X700PRO/X800GT/X800PRO/X800XT/X1300PRO/
  X1800XL/X1800XT/X1900GT/X1900XT/X1900XTX/X1950GT/X1950Pro/X1950XT/X1950XTX/
    RadeonHD2400PRO/HD2400XT/HD2600PRO/HD2600XT/HD2600GT/HD2900PRO/HD2900XT/
    RadeonHD3450/HD 3470/HD3650/HD3850/HD3870/HD3870x2/HD4350/HD4550/HD4830/
    HD4850/HD4850x2/HD4870/HD5770/HD4890/HD5830/HD6870/HD5850/HD4870 X2/HD5870/HD6950/
    HD5970/HD6970/HD5970(2GBx2)/HD 5870×2 シリーズ
アマゾンでグラフィックボードの価格を調べる。→例:Geforce 9800 GT 激安?

  ここに挙げた中の、最近の主流ビデオチップ性能と搭載カードの性能比較ページを作成しました。
3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
ゲームノート用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表

注記)オススメの最新カテゴリ:3Dゲーム推奨スペックPC ランキング

 そして、これからも新しいビデオカード(略してグラボ、またはVGAカード)が出てきますが、上の6600などの数字が大きいのが性能が高くなります。

 同じ数であれば、末尾の記号で性能ランク付けして、RADEON系:GT/PRO/XT/XTXとか、GeForce系:GS/GT/GTS/GTX/Ultraなどの順に性能が上がります。

 あ、ところで、女性もわかる?ハード初心者にやさしい拡張カード、ビデオカード取付け法というページを作りました。ビデオカードを購入し交換される方は、参考にしてください。

 (ここから先の話は、マニアックとなりますが、ハイエンドの3DゲームパソコンをBTO で作りたい方は、ぜひこの先も、お読み下さい。)

注記)オススメの最新カテゴリ:3Dゲーム推奨スペックPC ランキング

 ★ATI系新情報★:RADEON系カードをチェック

     ※参考1:3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表


 以下の内容は、数年前に書いたもので古いのですが、ビデオカードが、AGPカードからPCI-Express 方式カードへと進化した経過や、「SLI 対応」高性能・ゲームパソコンの登場や、ATI 版SLIの「Cross Fire」などが、市場に現れた頃の経過が書いてありますので、そのまま残しておきます。

 (このページは、最後まで行くと別のページ「3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)」へと続きます。)

 

 高性能カードの中で、ゲームマニア向けの、ハイエンド ビデオカードは、GeForce 6800GT以上 または、RADEON X800 XT 以上 です。いずれも単品で、3万円後半を楽に超える値段(発売当時。今は新品販売されてない)なのですが、その価格の価値があります。

 これは、両カードともに、ピクセル パイプライン(ピクセル シェーダ)、という重要な機能を16パイプライン持っていて、これが、旧世代に対して、2倍くらい増えたため、3Dの描画性能が、このチップから大幅に強化されたのです。(大げさにいえば、3Dグラフィックの世界で、2005年に革新が起きたのです。)

 ちなみに、GeForce 6600GT や RADEON X700PRO では、8本です。このピクセル パイプラインが効いて(これだけではなく、バーテックス・シェーダとかもありますが)、たとえば、6600GT と 6800GT を比べた場合、 最新の、3DMark05 というベンチマークテストでは、そのスコアの差が2倍くらい出て来るのです。つまり価格差に見合うだけの性能差があるということです。

 また、ここまでは手が出ないという方は、2万円前後で手にはいる(発売当時。今は新品販売されてない)、GeForce 6600GT や RADEON X700 クラスで、ガマンといったところでしょうか。このクラスでも、本題にあげたリネージュなどゲームは、楽しめると思います。

 さて、ここから先は、最高レベルのハイエンド・ゲームパソコンを求める方への入門の話となります。


 ★最新nVIDIA系情報★:GeForce系カードをチェック

     ※参考1:3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
無料でプレイMHF


さて、
 従来のビデオカードは、AGP(8X) というカードスロット(カードコネクター)が主流でしたが、現在は、PCI-Express というカードスロット(カードコネクター)が主流になって来ています。

 AGP(8X) は、最大のデータ転送速度でも2GB/秒でしたが、PCI-Express という新しいカードでは、最大のデータ転送速度は、8GB/秒(双方向で)と4倍になります。

 上に書いたカードは、厳密には、すべてPCI-Express という新しいカードの話です。AGP(8X) でも、発売されてるものもありますが、これは、PCI-Express 仕様につくられたチップを、わざわざ、AGP(8X)タイプに変換したものです。

 先ほど、革新が起きたと書きましたが、3Dグラフィックの世界で、ハイエンドのゲームに適した新しい方式が、2005年の2月くらいから出てきました。

【 SLI やクロス・ファイアが登場した 】

 それは、GeForce系チップメーカーのnVIDIA社が SLI という新しいタイプのチップセット(nForce4 SLI)を開発し、それを搭載したマザーボードが発売されたことです。(SLI は、Scalable Line Interconnect の略

 これは、2枚のビデオカード(グラフィックボード)を挿し、1枚に対し2倍の描画性能を引き出すパソコンができる仕組みを持っているマザーなのです。

 このマザーボードは、ビデオ専用の2個の PCI-Express スロットを持ち、ここに2枚の SLI 対応ビデオカードを挿して使用します。2枚のカードは、ブリッジコネクターSLI ブリッジSLIコネクターともいう)という部品で、カード中央部を互いにデータ連結します。     →→→→

 また Windows からは、1枚のビデオカードとして認識され、画面の描画処理は、2枚のカード上のGPU(3D描画の高速処理専門のCPU)が並列分担するのです。

 ただ、現在のところ、この高速 SLI 対応のビデオカードは、同じ nVIDIA社のグラフィック・チップである、GeForce 6600GT 〜 GeForce 8800 Ultraシリーズ搭載の、GeForce系のみのようです。

 さて、SLI で、気になる2倍の描画性能は、本当に出るのでしょうか?

 「WinPC」誌などの評価では、重いベンチマークテストの3DMark05で、1枚構成時に比較して、最大で80%増しの、1.8倍程度のスコアが出ています。

 この性能は、画面表示が、1024X768ドットより、1600X1200ドットに上がるほど、顕著です。つまり画面が大きくなると、高性能が発揮されるということになります。

 このため、実際のゲームである Doom3 などのハイエンドの3Dゲームを使ってのテストでも、高性能が発揮されてます。

 ただ、この方式は、2枚のビデオカードに、画面の並列分散処理を自動的に割り当てる処理自身があるという、オーバーヘッドを持つので、グラフィック以外の処理項目では、多少スコアを落とすようです。

 次に、ATI系のSLI機能バージョンである、『 クロス・ファイア(CrossFire) 』についても、少し前の評価情報(「WinPC」誌、2006年5月号)を書いておきます。

 この、3DMark06 ベンチ評価では、(プライマリ、マスター)ビデオカードに、ATI Radeon X1900 CrossFire を、ATI Radeon X1900XTX をセカンダリ側に用いた場合、CrossFireにしない場合に比べて、+70%の性能が報告されています。

 こちらもやはり、2倍の性能アップは出ていませんが、現在ほぼ最高性能の、 Radeon X1900XTX の1.7倍は、相当なものだと思います。(当時の、ほぼトップ性能でした。)

 さて、上に書いた、マザーボードは、当初AMD用のみでしたが、インテル Pentium 4/D、やCore2 Duo でも使えるチップセット(nForce4 SLI intelや Intel975X、nForce 680i SLI など)が出ており、インテルCPU分野でも、このSLI対応の高性能グラフィックボード搭載・ゲームパソコンが登場しています。

 また、最後に3Dゲームオンラインゲームは、サウンド効果も重要です。長くなりましたので、簡単にいうと、 いわゆる5.1チャネル以上のサラウンド環境を作り、臨場感のあるゲームを楽しみたいものです。定番は、SoundBlaster Audigy 以上のサウンドカードの搭載でしょうか。

 所で、ここから先のWindows Vista そして、DirectX 10 へと進化していく最近の話は、別のページ「3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)」へと続きさらに、展開して行きます。(2007年7月作成)

 最後に、ここで、現在販売されている最高性能、オンラインゲームパソコンで、おすすめショップをいくつか、挙げておきます。これ以外にもあると思いますが、ショップの姿勢や品質・信頼性面から選んでます。

 【3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコンが得意な、BTOパソコン販売サイトより】(順不動)

 ★サイコム(Sycom):G-Master シリーズ

 ★ドスパラ:Galleriaシリーズ

 ★マウスコンピューター:G-Tuneシリーズ

 ★パソコン工房:ゲームパソコンから入る

 ★TWO TOP:VIP G-specシリーズなど

 ★フェイスインターネットショップ:FORTISSION 、PASSANT シリーズなど

 また、手っ取り早くランキング比較したい方向きには、
ゲーム推奨スペックPCランキングカテゴリ
超高性能3Dゲームパソコン ランキング TOP 10
などがあります。

関連記事のページ
3Dゲーム オンラインゲーム パソコン比較評価
3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
ハードウェア初心者にやさしいビデオカード選び
最新の超高性能 3Dゲーム系BTOノートを探す
超高性能 3Dゲームノート ランキング TOP10
3Dゲームノートパソコン入門
NVIDIAのSLI技術

 2012年8月記事追加、大幅修正

アマゾンでグラフィックボードの価格を調べる。→例:Geforce 9800 GT 激安?


★ビデオカード 安価販売ショップ(価格.COM 調べ)
| パソコン工房 | フェイス:ビデオカード | Sycomオンライン通販2 | ツクモ
Copyright (C) 1996- by Leoplanet Inc.