電脳獅子惑星ロゴ

Final Fantasy XIV 「蒼天のイシュガルド」が快適なレベルのPC

 今回参考までに、「Final Fantasy XIV 蒼天のイシュガルド」が快適に遊べるレベルのフレームレートはどのくらいなのか、ベンチマークスコアと、フレームレート(fps)との関連性などについて調べて見ました。
(Update 2017.11.20)

記事ヘッダー写真

Final Fantasy XIV 「蒼天のイシュガルド」が快適なレベルのPC

 【最も関連深いページ】 :

  ●「Final Fantasy XIV(FF14) 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカードを調べる
 ●ファイナルファンタジーXIV(FF14) 推奨モデル一覧

 Final Fantasy XIV シリーズの最新作「蒼天のイシュガルド」の正式サービスが、2015年夏、開始となりました。

 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルドは、1000 年に渡る竜族と人の争いである「竜詩戦争」の真実を描いています。

 ←ベンチマークの画面

壮大なスケールで描かれるファイナルファンタジーXIV の物語は、舞台をエオルゼア北方の国イシュガルドへと移し、さらにドラマチックな展開を見せます。

光の戦士として冒険を続けるプレイヤーは、「フライングマウント」や「飛空艇」を駆使 して大空へ挑み、竜詩戦争に隠された歴史の秘密に迫ります。

 本ページでは、ファイナルファンタジーXIV「蒼天のイシュガルド」の快適動作レベルのフレームレート(1秒間に書き換えられる画面枚数=fps)はどのくらいなのか、またフレームレートとベンチマーク測定値との関連性などを調べて見ました。

 最新の「蒼天のイシュガルド:公式ベンチマーク」の特徴は、蒼天のイシュガルドがDirectX 11と、DirectX 9の両方のグラフィックスAPIに対応したのに合わせて、ベンチマーク側でもDX11に対応したことです。

 蒼天のイシュガルドは、DX11モードでも動くので、プレイする人は、自分の環境が、もしDX11に対応していたとしたら、どういう画面でどれくらい滑らかに動くのかを、DX11モードとDirectX 9モードとを比較することができます。

 2つのモードの切り替えは、ベンチマークの起動後、最初に表示されるランチャーから行うことが出来ます。

 さて、どのくらいの性能のパソコンやノートPCで、このゲームを快適に遊べるかどうかについては、多くのサイトで、「FF14蒼天のイシュガルドの公式ベンチマーク測定結果」が公開されているので、調べることができます。



 しかし、この時のフレームレートについては、あまり測定されていないようです。

 そこで今回参考までに、「Final Fantasy XIV 蒼天のイシュガルド」が快適に遊べるレベルのフレームレートはどのくらいなのか、フレームレートとベンチマーク測定値との関連性などについて調べて見ました。

 まずは、「快適動作レベルとは」と言うことですが、公式サイトの、「蒼天のイシュガルドのベンチマークで公開している計測スコアとプレイの目安について」によると、

【Final Fantasy XIV: 蒼天のイシュガルドのベンチマーク値と快適度】 : 

【7000〜】非常に快適、お好みのグラフィック設定でお楽しみ
【5000〜6999】 とても快適、設定をより高品質にしても、とても快適
【3500〜4999】 快適、設定をより高品質にしても、快適
【2500〜3499】 やや快適、
【2000〜2499】 普通、標準的な動作が見込る
【1500〜1999】 やや重い:処理負荷によっては動作が重くなり、設定変更を推奨、
【1000〜1499】 重い:グラフィック設定変更が必要
【1000 未満】 動作困難

となります。しかし、ここにはフレームレート値の公開はありません。

 さて、パソコンの推奨動作環境は、「Final Fantasy XIV 蒼天のイシュガルド」公式サイトによれば、下記のようでそこそこの性能スペックが必要となります。

 ★「Final Fantasy XIV 蒼天のイシュガルド」 推奨動作環境(スペック)

推奨動作環境 DirectX 9 DirectX 11
OS Windows 7 64 bit Windows 7 64 bit
CPU Intel Core i5 2.66GHz以上 Intel Core i5 2.66GHz以上
メインメモリ 4GB以上 8GB以上
ハードディスク/SSD空き容量 30GB以上 30GB以上
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 660以上、AMD Radeon HD 7950以上 NVIDIA GeForce GTX 760以上、AMD Radeon R9 280X以上
画面解像度 1920x1080 1920x1080
(但しどちらも、インターネット:ブロードバンド接続環境、サウンドカードは、DirectSound 対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上)、 DirectXは、DirectX 9.0c以上が条件 )


 下記は、「FF14 蒼天のイシュガルド」が快適以上と判定できるグラフィックカードとそのベンチマーク測定のスコア及びフレームレートの一覧表です。

 DX11モードとDX9モードでの測定値を比較して見ました。この表からベンチスコア測定値とフレームレートとの関連性が理解できます。

 貴重な本データの出典は、4gamer.net:GPU計30製品の結果を一挙掲載。「FFXIV 蒼天のイシュガルド」公式ベンチマーク実行レポートです。(原レポートには、もっと詳細なデータが公開されています。)


★「Final Fantasy XIV 蒼天のイシュガルド」が快適なグラフィックカード
 (快適の判定レベルは、【3500〜4999】 快適以上とした)

 共通の測定条件: 最高品質、解像度を1920×1080ドット、フルスクリーンモード

カードの種類
DX11モード
スコア
同左DX11モード
フレームレートfps
DX 9モード
スコア
同左DX 9モード
フレームレートfps
GeForce GTX TITAN X
15461 119.4 17300 146.4
RADEON R9 295X2
14995 116.2 15969 139.1
GeForce GTX 980
12421 95.3 15331 124.2
GeForce GTX 780 Ti
9835 77.3 13683 112.1
RADEON R9 290X
8773 67.4 12968 105.3
GeForce GTX 780
8816 69.2 12126 98.8
RADEON R9 290
8675 66.1 12819 103.8
GeForce GTX 770
7736 60.8 10609 86.7
GeForce GTX 960
7450 57.5 9804 78.0
RADEON R9 280X
6802 53.1 10828 87.7
GeForce GTX 760
6132 48.1 8541 70.0
GeForce GTX 660
4891 38.1 6868 56.3
RADEON R9 270
4856 36.5 7506 61.0
GeForce GTX 750 Ti
4427 33.9 5991 48.1
GeForce GTX 750
3909 30.0 5393 43.3
RADEON R7 260X
3727 28.2 7055 57.0
RADEON R7 260
3287 25.0 4968 40.0
RADEON R7 250X
2323 17.4 3632 29.2

 【考察】

 ・フレームレートについて言えば、 「MMORPG(多人数同時参加型RPGゲーム)の場合、快適の目安は30fps程度で、3Dシーンの負荷がある程度可変することを見越して多少の余裕のある数値が望ましい。(by 石川 ひさよし氏)」とされる。

 このため、DX11モードでプレイするなら、GeForce GTX 750 以上のカードが、DX9モードでプレイするなら、少なくとも、RADEON R7 250X(29.2なので限界以下) 以上のカードが、最低レベルとなる。

 ・公式サイトからの注記によれば、

 「2013年にリリースされている"新生エオルゼアキャラクター編"ベンチマークソフトでは、フレームレート(fps)を重視したスコア結果が表示されるアルゴリズムになっていましたが、最新となる本ベンチマークソフトでは、スコア表示のアルゴリズムを変更し、お使いのPCの全パフォーマンスからスコア結果を出すようになっているため、より正確なスコアが表示されるようになっております。

 ご使用になっているPCの性能をテストする際には、ぜひ今回リリースされました、本ベンチマークソフトをお使いください。」とあります。

 前の新生エオルゼアのベンチマークソフトは、DX 9モードしかないので比較は出来ませんが、今回の「蒼天のイシュガルド」ベンチでの、DX11モードは負荷が重くなったような感じのデータとなるようです。

 公式サイトの説明では、スコア表示の計算アルゴリズムを変更したということなのですが、このためか、DX11モードスコアは低くなる傾向があり、それは、本表のDX 9モードでのスコアの方が大きいことからも解ります。

 この点については、下記の推奨パソコン一覧表で、ドスパラのデータで、蒼天のイシュガルド ベンチマークが、7140(DX11 / 最高品質 / 1920*1080)であるのに対し、新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編での数字が、9901(最高品質 / 1920*1080)と約2800ほど高くなっていることからも理解できます。


 (参考)個人の方のさまざまなベンチマーク測定報告については、下記を参照下さい。

 1.FINAL FANTASY XIV Forum - SQUARE ENIX ベンチマーク数値報告スレ



【 FF XIV 蒼天のイシュガルドが快適動作で、かつコスパが良い推奨パソコンを探す】
 ('15年11月4日調査

 各社から、実プレイ動作が「快適なレベル」で、コスパの一番良いと思われるものを1つ選んでみました。

 ベンチマークスコアが、画質が最高品質の条件で、最低でも「快適 3500〜4999」 (あるいはフレームレートが平均30fps超え)がピックアップの最低条件となりますが、各ショップともに、コスパの一番良いという観点からは、「NVIDIA GeForce GTX960 」のグラフィックスを選択していました。

 このため、コスパの一番良いとは言え、いずれも【7000〜】非常に快適レベルのPC(上表のフレームレートは、57.5〜 78)となっていますので安心です。ショップで独自に測定したベンチスコアを公開しているサイトもあり、リンクをクリックすると見られます。

 ノートパソコンについては、グラフィックスにノート仕様のMの付いたもの、 GeForce GTX960M を採用していますが、このため、快適度が、(デスクトップの)7088(DX11非常に快適)から、4076(DX11で快適)のレベルに大幅にダウンすることに注意が必要です。

未測定のノートもこれに順ずると思います。パソコン工房にその測定データが公開iconされています。

製品名と価格 グラフィックス名 搭載CPU 搭載メモリー ベンチスコア
(上記の表)
サイコム
ファイナルファンタジー XIV: 蒼天のイシュガルド推奨PC
138,390円
NVIDIA GeForce GTX960 2GB Core i5 -4660(3.2GHz、ターボ3.4GHz)
4コア4スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 9804(DX9非常に快適)
7430(DX11非常に快適)
ドスパラ
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン DT
106,980円〜
NVIDIA GeForce GTX960 2GB Core i5 -4590 (3.3GHz、ターボ3.7GHz)
4コア4スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 9804(DX9非常に快適)
7140(DX11非常に快適)
9901(新生エオルゼアで)
マウスコンピュータ
FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼア 推奨パソコン NEXTGEAR-MICRO im550SA8-FF14icon
94,800円〜
NVIDIA GeForce GTX960 2GB Core i5 -4460 (3.2GHz、ターボ3.4GHz)
4コア4スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 9804(DX9非常に快適)
7430(DX11非常に快適)
ツクモ
G-GEAR ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン | エントリーモデル
89,800円〜
NVIDIA GeForce GTX950 2GB Core i5 -4460 (3.2GHz、ターボ3.4GHz)
4コア4スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) DX9モード未測定
6283(DX11とても快適)
パソコン工房
ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコンicon
102,980円〜
NVIDIA GeForce GTX960 2GB Core i7 -4590 (3.3GHz、ターボ3.7GHz)
4コア4スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 9804(DX9非常に快適)
7088(DX11非常に快適)icon
パソコン工房
ファイナルファンタジーXIV 推奨ノートPCicon
117,980円〜
NVIDIA GeForce GTX960M 2GB Core i7 -4720HQ (2.6GHz、ターボ3.6GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 4076(DX11で快適) icon
ドスパラ
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコンノートPC ガレリア QF960HE 15.6インチ
111,980 円〜
NVIDIA GeForce GTX960M 2GB Core i5 -4210M (2.6GHz、ターボ3.2GHz)
2コア4スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 未測定
デルコンピュータ(ノート)
新型ALIENWARE 17 ノートパソコン:宇宙最強のゲームパソコン ファイナルファンタジーXIV
169,800円〜
NVIDIA GeForce GTX980M 4GB Core i7-4720HQ (2.4GHz、ターボ3.4GHz)
4コア8スレッド
16GB DDR3(PC3-12800) 未測定

「FF14 : 新生エオルゼア プレミアムインビテーション」付き推奨パソコン新発売


 2015年11月上旬作成記

最も関連するページ「Final Fantasy XIV(FF14) 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード

【関連記事ページ】 :

 ●「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード
 ●AVAが最高設定でも快適に動く、推奨パソコンのレベルとは
 ●重量級のゲーム「Battlefield 4、Battlefield 3」が快適なグラフィックカード



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.