電脳獅子惑星ロゴ

GeForce GTX 680M搭載のゲーミングノート一覧

 GeForce GTX 680M 搭載のゲーミングノートPCの一覧ページ。GTX 680M は、最新のKeplerコアで、DirectX 11.1に対応し、Radeon HD 7970Mを超えた現在最速のGPU。各グラフィックカードの相対的な性能比較については、・・・
(Update 2017. 2.25)

記事ヘッダー写真

GeForce GTX 680M搭載のゲーミングノート一覧

MXMカードの画像

 【関連ページ】
 GTX 675M搭載のドスパラ「QF875」の実機レビュー評価ページ
 ◆GeForce GTX 675M搭載のゲーミングノート一覧

 GeForce GTX 680M 搭載のゲーミングノートPCの一覧ページです。グラフィックカード(GPU)ごとに分類したゲーミングノートが一覧できるページがあると、ハイエンドのゲームノートPCを探し出す場合に大変便利です。(2012年12月上旬更新

 GeForce GTX 680M は、最新のKeplerコアで、DirectX 11.1に対応し、Radeon HD 7970Mを超えた現在最速のGPUです。各グラフィックカードの相対的な性能比較については、【ゲームノートPC用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表】を参照して下さい。

 ゲームのベンチマークについては、下記の「重量級のゲームBattlefield 3で比較」の箇所を特に注意してご覧下さい。

 GTX 675Mと同様、この「エンスージアストGPUクラス」のゲーミングノートは、CPUには、第3世代のCore i7シリーズ「Ivy Bridge」から、「Core i7-3630QM、3740QM、-3840QM、最高級機種には、エクストリームエディションのCore i7- 3940XM EE」が選ばれているのが共通の特徴のようです。

 これをCPUの定格速度で見ると、最低速のCore i7-3630QMでも2.4GHz。このターボ速度は+1GHzされた3.4GHzです。これが1ランク上がるごとに、2.7GHz、2.8GHz、と増加、ターボ時速度は+1GHzされた3.7GHz、3.9GHzの関係がありました。

 さて今後は、「超高性能 3Dゲームノート・ランキング」のページ制作も、この「エンスージアストGPUクラス」のゲーミングノート一覧の中から、機種を選ぶ形で行って行きます。

 本ページは、更新が遅れていた、従来の「エンスージアストGPUを採用したBTOノート一覧」から、ゲーミングノートPCを抜き出した形で移行して作りました。

 注記)GPUの種類は、少し前のNVIDIA社に従えば、エンスージアスト(ENTHUSIAST 熱狂者)、ハイパフォーマンス(HIGH PERFORMANCE)、パフォーマンス(PERFORMANCE)、一般(MAINSTREAM)〜エントリー(VALUE)の4つに分類されます。


★GeForce GTX 680Mの参考ベンチマーク値

【3D Mark ベンチ:参考スコア(Performance)】
 ・3D Mark 11:約P5900 (1280x720)
 ・3D Mark Vantage:約P21900 (1280×1024)


【ゲームベンチマーク:重量級のゲーム「Battlefield 3」で比較】
(その他のゲームについては【PC負荷から見たゲーム分類と対応するノートPCの性能】を参照下さい)

 「週刊アスキー」では、CPUがCore i7-3610QMでも、自作PCの「Core i7-3770K + GTX560Ti の構成」と並ぶ性能を出したと言う評価でした。

 下記のGTX 675Mとの比較ベンチのデータ(データ引用:Notebookcheck.net)では、解像度が上がるほどに、GTX 680Mのフレームレートが、Low +27%、Medium +32%、High +37%、Ultra +42%と、大きく伸びる傾向になっています。

 この辺は、従来コア(Fermiコア)の670Mシリーズは、設計が一世代古い(CUDAコア数で384個から3.5倍の1344個に増)ため、「フルHDゲームには性能不足」と言われる理由かも知れません。しかし、3割近く性能が劣っていても、重量級のゲームであるBattlefield 3は、しっかりと動作はしています。

Battlefield 3ベンチ
解像度とフレームレート
(frames/Sec)
Low(1024x768) Medium(1366x768)
AA-4xAF
High(1366x768)
AA-16xAF
Ultra(1920x1080)
GeForce GTX 680M
122(fps) 90(fps)
74(fps) 34(fps)
滑らか動作リミットは、
35fps以上とされる。
GeForce GTX 675M
96(fps) 68(fps)
54(fps) 24(fps)
リミット25fps以下で、
滑らかに動作せず。
GeForce GTX 675M搭載のゲーミングノート一覧をチェック)


★GeForce GTX 680M(4GB)搭載のゲーミングノート一覧表液晶サイズ大きい順'12年12月上旬更新

メーカー(ショップブランド)
パソコン型式
液晶サイズ
価格
選択肢のCPU
ストレージ
メモリなど
特徴(メーカー説明の弁より抜粋)
デルコンピュータ
・Alienware M18x
18.4型
(カスタマイズ変動)円

●Core i7-3630QM(4コア8スレッド、定格2.4GHz-ターボ時3.4GHz、L3 Cash 6MB)
●HDD:(カスタマイズ変動)
●メモリ:(カスタマイズ変動)
ハイエンドデスクトップに匹敵する高品質ゲームをノートパソコンで実現。
SSD+HDDのツインドライブ方式
デュアルグラフィックス(SLI やCFX)が選べ、宇宙最強を標榜する18インチゲーミングノート
Alienware M18x 、3機種を比較一覧表で比較チェックへ
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i1000BA1:
17.3型フルHD 非光沢
199,500円

● GeForce GTX680M SLI
●Core i7-3630QM(4コア8スレッド、定格2.4GHz-ターボ時3.4GHz、L3 Cash 6MB)
● HDD : 500GB SATA2
●メモリ:8GB PC3-12800
モンスターゲーミングモデル廉価版
●ブロンズモデル
・Windows 8 搭載モデル
↓下記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i1000SA1:
17.3型フルHD 非光沢
219,870円

● GeForce GTX680M SLI
Core i7-3740QM(4コア8スレッド、定格2.7GHz-ターボ時3.7GHz、L3 Cash 6MB)
SSD 120GB +HDD : 500GB
●メモリ:16GB PC3-12800
●シルバーモデル
SSD+HDDのツインドライブ方式
ミドルクラス・ゲーミングモデル
・Windows 8 搭載モデル
↓下記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i1000GA1:
17.3型フルHD 非光沢
239,820円

● GeForce GTX680M SLI
Core i7-3840QM(4コア8スレッド、定格2.8GHz-ターボ時3.8GHz、L3 Cash 8MB)
SSD 120GB +HDD : 1TB
●メモリ:16GB PC3-12800
●ゴールドモデル
SSD+HDDのツインドライブ方式
ブルーレイディスクドライブ標準ハイスペック・ゲーミングモデル
・Windows 8 搭載モデル
↓下記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i1000PA1:
17.3型フルHD 非光沢
329,700円

● GeForce GTX680M SLI
Core i7-3940XM EE(4コア8スレッド、定格3.0GHz-ターボ時3.9GHz、L3 Cash 8MB)
SSD 480GB +HDD : 1TB
●メモリ:32GB PC3-12800
●プラチナモデル
SSD+HDDのツインドライブ方式
ブルーレイディスクドライブ標準ハイエンド・ゲーミングモデル
17.3型で選択肢が多く選びやすいのが、
マウス。キーボードにLEDバックライトが・・
NEXTGEAR-NOTE 17.3型/ GTX680M SLI 搭載モデル一覧表で比較チェックへicon
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i970BA3:
17.3型フルHD 光沢
169,890円

●Core i7-3630QM(4コア8スレッド、定格2.4GHz-ターボ時3.4GHz、L3 Cash 6MB)
●HDD : 500GB
●メモリ:8GB PC3-12800

●ブロンズモデル
スタンダード・ゲーミングモデル
・Windows 8 搭載モデルあり
↓下記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i970SA3:
17.3型フルHD 光沢
179,970円

●Core i7-3630QM(4コア8スレッド、定格2.4GHz-ターボ時3.4GHz、L3 Cash 6MB)
SSD 120GB +HDD : 1TB
●メモリ:16GB PC3-12800
●シルバーモデル
SSD搭載したツインドライブ採用ミドルクラス・ゲーミングモデル
・Windows 8 搭載モデルあり
↓下記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i970GA3:
17.3型フルHD 光沢
199,500円
●Core i7-3740QM(4コア8スレッド、定格2.7Hz-ターボ時3.7Hz、L3 Cash 6MB)
SSD : 120GB + HDD : 1TB
●メモリ:16GB PC3-12800
・Windows 8 搭載モデルあり
●ゴールドモデル
SSD+HDDのツインドライブ方式
ブルーレイディスクドライブ標準ハイスペック・ゲーミングモデル
17.3型で選択肢が多く選びやすいのが、
マウスだ。キーボードにLEDバックライトが・・→NEXTGEAR-NOTE 17.3型/ GTX680M 搭載モデル一覧表で比較チェックへicon
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i970GA3-SP:
17.3型フルHD 光沢
249,900円

Core i7- 3840QM(4コア8スレッド、定格2.8GHz-ターボ時3.8GHz、L3 Cash 8MB)
SSD : 240GB + HDD : 1TB
●メモリ:32GB PC3-12800
●ゴールドモデルカスタム
SSD+HDDのツインドライブ方式
大容量32GBメモリ搭載ハイスペック・カスタムモデル
↑上記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i970PA3:
17.3型フルHD 光沢
299,880円

Core i7- 3940XM EE(4コア8スレッド、定格3.0GHz-ターボ時3.9GHz、L3 Cash 8MB)
SSD : 240GB + HDD : 1TB
●メモリ:32GB PC3-12800
・Windows 8 搭載モデルあり
●プラチナモデル
SSD+HDDのツインドライブ方式
Core i7-3940XM搭載ハイエンド・ゲーミングモデル
↑上記モデル一覧表チェック
マウスコンピュータ
・NEXTGEAR-NOTE i970PA3-SP:RAID 0
17.3型フルHD 光沢
349,860円

Core i7- 3940XM EE(4コア8スレッド、定格3.0GHz-ターボ時3.9GHz、L3 Cash 8MB)
SSD【RAID 0】1TB SATA3(ストライピング 512GB×2)
●メモリ:32GB PC3-12800
・Windows 8 搭載モデルあり
●プラチナモデルカスタム
NO.1 最高速機種
RAID 0ストライピングで1TB、SSD搭載ハイエンドカスタム
↑上記モデル一覧表チェック
ドスパラ
・ノートガレリア(Note GALLERIA) QF880:
17.3型フルHD非光沢
174,980円/179,980円

●Core i7-3740QM(4コア8スレッド、定格2.7GHz-ターボ時3.7GHz、L3 Cash 6MB)
SSD : 120GB + HDD : 750GB
●メモリ:8GB (PC3-12800)
SSD+HDDのツインドライブ方式含む
激しいしい特殊効果を使ったハードな3Dゲームでも快適なプレイが楽しめる高性能ゲーム向けノート
・動画再生や写真表示においても、正確な色、クリアな映像を実現。
・2.5インチのドライブベイを2基搭載のためHDD追加可能。
ノートガレリア QF880の4機種を一覧表で比較チェック
ドスパラ: ・ノートガレリア(Note GALLERIA) QF880:
17.3型フルHD非光沢
194,980円/199,980円

●Core i7-3840QM(4コア8スレッド、定格2.8GHz-ターボ時3.8GHz、L3 Cash 8MB)
SSD : 120GB + HDD : 1TB
●メモリ:16 GB (PC3-12800)
SSD+HDDのツインドライブ方式含む
●同上のドスパラの最上級高性能ゲーム向けノート
・2.5インチのドライブベイを2基搭載のためHDD追加可能。
↑上記モデル一覧表チェック

 2012年10月31日調査

【掲載メーカー(ショップ)の詳細、該当ページ】
 ◆マウスコンピュータ:NEXTGEAR-NOTE 17.3型/ GTX680M 搭載モデル一覧
icon
 ◆ドスパラ:ノートガレリア(Note GALLERIA) QF880シリーズ一覧
 ◆デルコンピュータ:Alienware M18x 一覧


 【関連ページ】
 GTX 675M搭載のドスパラ「QF875」の実機レビュー評価ページ
 ◆GeForce GTX 675M搭載のゲーミングノート一覧



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC
 

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10
マウスコンピューター/G-Tune

家電・テレビ特集

PR

その他のPC直販ショップ

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.