電脳獅子惑星ロゴ

トレーダーパソコン比較評価−8画面対応したVSPEC

 VSPEC編:デイトレーダーモデル:8画面対応パソコンVS-DAYTRADER/i7-OCTA ROYAL BTOパソコン専門のカスタマイズ・ショップを標榜するマニア系ショップ、VSPECから、デイトレ用 8画面対応パソコンの紹介です。価格は、かなり安く感じますが、OS(Windows)やモニターはオプションですので含まれていません。
(Update 2019.10.05)

記事ヘッダー写真

トレーダーパソコン比較評価−8画面対応したVSPEC

(注記) BTOパソコン専門のカスタマイズ・ショップを謳うマニア系ショップ「VSPEC」は、PCの用途に応じて、3種類のブランド販売に変わりました。分担は、デイトレパソコン:Acharge、クリエイターPC:Zeus、静音PC:ハーキュリーズ)



【最も関連の深いページ】
 ●トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

VSPEC(Acharge)編 :デイトレ用 8画面対応パソコンAcharge 8面マルチi7MOSAIC

 このページで紹介するのは、マルチモニター対応デイトレパソコン専門店エーチャージの「Acharge 8面マルチi7MOSAIC」、です。


 「VSPEC」は、かなりマニアックなショップのため、ハッキリ言って、BTO自作系のパソコンに詳しくない方には、不向きです。購入時には、詳しい方のアドバイスを受けての注文がベストと思われます。
(ただし、PC自作の経験がなくても、PC購入に慣れている人や自信のある方は例外です。)

 VSPECの価格は、かなり安く感じますが、OS(Windows)やモニターはオプションですので、標準状態では、通常含まれていません。

 このページでは、新しく見直した、デイトレ向きパソコンの条件チェック項目を調べながら、各社の代表的トレーダーパソコンを紹介しています。

 チェック項目(最低でも欲しいスペック)は、


【トレーダー用途のパソコンの選び方(2013年3月更新)】

 ●マルチモニター機能 :マルチディスプレイ接続で、最低 3台以上の接続が出来ること。

  画面のサイズは、19〜24インチ(価格はそれほど変わりません)
  推奨最大解像度 1920×1080(24インチ標準)。
  ディスプレイスタンド(下記写真。机に固定できるモニタ用アーム)など。

 ●マルチタスク機能 :CPUは、安くなったため4コア以上
  インテルなら:Core i5(i7) -xxxx以上、
  AMDなら :AMD Aシリーズ(Fusion APU) :A10/A6/A8- xxxxシリーズ

 ●一般パソコン仕様 :

  ・グラフィックス:インテルHD Graphics などCPU内蔵のもので問題なし。

   ただ、トレーダー専用をうたったPCでは、4 台のモニターを同時に接続可能にするため、比較的高性能なグラフィックカード(NVIDIA Quadro NVS 450 (VRAM 512MB):ELSA製)を採用してる場合が多いです。


  ・メモリー:最低でも、4GB以上
  ・HDD(SSDストレージ):500GB(SSDなら128GB)以上。
  ・ネットワークLAN 機能 :ギガビットLAN(1000base-T)
  ・無線LAN機能 :(オプションまたは後付けで追加)
    どちらのLAN共に、光ブロードバンド接続に必要。

 ●安定性・信頼性 : 構成パーツの品質・信頼性が高いこと。
  壊れて修復に1日かかれば、ン百万円の損も発生

  これは、分かりにくいため、初心者の人は、定評のある(実績の多い)ショップを選ぶと良いでしょう。


の上の4項目です。ここに挙げた、デイトレ向きパソコンの条件から、トレーダー・パソコンをチェックして探しています。



 さて、今回このページで紹介するのは、マルチモニター対応デイトレパソコン専門店エーチャージの

 ←「Acharge 8面マルチi7MOSAIC」、です。
(標準ケースは、Enermaxブランド Ostrog 黒)


 それでは、まずその基本構成のスペックを確認して見ましょう。下の表は、見積もりページの左端にある簡易見積書をクリックした時のものです。

(カスタマイズ見積もりのページから、チェックしますと、必須パーツのビデオカード項目が出て来ないため、(ビデオカードは別の部品を選択させないために項目がないようですので、)その付属を確認するため、簡易見積書をクリックした次第です。)

 OSは、このモデルでは、含まれていました。モニターなど、無しの項目を確認してみますと、

モニターアーム、モニター、PCケースに電源無しなど、重要な部品が付いてない部分があります。これは、カスタマイズで選択追加するか、自分で調達する必要があります。

電源は、下の方に別けて、電源(静音) 700Wの記載がありました。

項目名
選択内容 個数
CPU Intel Core i7 -4770 3.40GHz[1150/84W/(V)/Quad Core/Haswell] 1
CPUクーラー 標準CPUクーラー搭載 1
グリス CPUクーラー付属グリス 1
マザーボード ASUS製 H87-PLUS(H87) ATX[1150/DDR3x4/(V)/PE16x2/PE1x2/Px3/6Gb/USB3.0] 1
メモリー 合計16GB 4GB PC3-12800[1600] DDR3-SDRAM 4
グラフィックス カード ELSA製 NVIDIA NVS 510 2GB[MiniDPx4(DPx4 or DVIx4が可能)] 2
ハードディスク 1 WesternDigital製 500GB WD5000AAKX[7200rpm/16M/6Gb] 1
光学式ドライブ 1 DVDスーパーマルチ LG GH24NS95BL(黒) [DVD RW±13x/RDL±12xR±24x/DVD再生ソフト無] 1
内蔵サウンド オンボードサウンド
キーボード Buffaloブランド BSKBU02BK(黒) キーボード 1
マスス ロジクールブランド M100rBK(黒)Mouse 1
PCケース [電源無し]Enermaxブランド Ostrog(ECA3252-B)(黒) ATX[12x2(3)/14x0(4)/USB3.0] 1
OS [64bit]マイクロソフト Windows 7 Home Premium SP1[DSP/DVD付] 1
有線/無線LAN機器 有線LANオンボード
ディスプレイ 無し
モニターアーム 無し
PC電源 電源(静音) 700W HEC WIN+POWER3(HEC-700TB-2WK)[80PLUS BRONZE] 1
PC設置サービス 無し
アップグレード・サポートオプション 無し
VSPEC は、フルカスタムBTOショップを宣言圧倒的パーツ数の組み合わせ


 見積合計金額¥ 216,800円 でした。

 価格の高い/安いは、別として、結構いいブランドのパーツを採用していることが分かりました。マザーボード、グラフィックス、など肝心な部分には、業界でもきわめて評価の高いメーカー製が使われています。良心的とも言えます。
(CPU、HDDについては、当然ですので、言うまでもありません。)

 それでは、そのひとつひとつを最初に挙げた【トレーダー用途のパソコンの選び方】から、チェックして行きます。

【 トレーダー・パソコンの条件 】

 @マルチモニター機能 :マルチディスプレイ接続で、最低 3台以上の接続が出来ること。

 ディスプレイスタンド(机に固定できるモニタ用アーム)などはどうか?


 標準で、8 台のモニターを同時に接続可能とするため、高性能グラフィックカード:ELSAブランド NVIDIA NVS 510(ELSA製、アマゾン価格例 ¥43,750円)を、2 枚の採用です。

 マルチディスプレイ(ビジネス)用に主に設計された、この最新カードの大きな特徴は、1枚ながらミニDisplayPort(※注)を4個も搭載していること、さらに、4Kの最大解像度:3840 x 2160までも対応している点です。(出力をアナログ変換してしまうと、1920x1200に落ちる点に注意)

 つまり、このカードを標準仕様で、2枚装備しているため、各カードに4台までのモニター接続で、合計8台までのモニターを同時接続できるのです。



(※注記: カード付属の変換ケーブルを利用することにより、DisplayPort×4 もしくはDVI-D×4 にコネクターを変換して接続対応可能となります。ただし、アナログモニター用には変換できません。)

 このように、グラフィックスカードについては、メーカー、スペックともに申し分ありませんね。


 次に、残念ながら、標準仕様では、モニタ用アーム(ディスプレイスタンド)は付属していません。これは、購入者の個人個人によって、パソコンデスクの形状が違うことも関係していると思われます。

 このため、マルチモニター用のモニターアームは、BTOオプション選択カスタマイズの画面で、多くのモニターアームの中から選ぶことが可能です。


【モニターアームオプション選択】(なんでも有りそうですね)



 ●サンコー 4軸式デュアルモニタースタンド(MARMGUS22V)[2画面/24インチ対応/10Kgx2面] +6,980円
 ●サンコー 8軸式ロングくねくねデュアルモニターアーム(MARMGUS11L)[2面/27インチ/10Kgx2面] +6,980円

 ←左の写真が、16軸式くねくね4モニタアーム 10,980円

 軸の意味は、(関節みたいに)ぐるりと回転する軸のようです。



 ●サンコー フレキシブル2面モニタースタンド2(MARMGUS62) [2面/24インチ/8Kgx2] +9,990円
 ●サンコー フレキシブル3面モニターアーム(MARMGUS2030B) [1面/24インチ/8Kgx3] +9,990円
 ●サンコー 16軸式くねくね4モニタアーム(MARMGUS12W) [4面/24インチ/10Kgx4面] +10,980円
 ●サンコー 20軸式くねくね6モニタアーム(MARMGUS16W) [6面/21インチ/6Kgx6面] +19,800円

 ←左の写真が、20軸式くねくね6モニタアーム 19,800円


 Aマルチタスク機能 :CPUは、安くなったため4コア以上

 CPUは、今夏発売の第4世代Haswell コアで、Core i7 -4770 (4 コア8スレッド/3.40GHz/L3キャッシュ8MB)搭載で、最新最速であり、申し分ありませんね。

 B一般パソコン仕様 :メモリー、4GB以上か、HDD:500GB以上か?
            ネットワークLAN 機能、ギガビットLAN(1000base-T)、無線LANのサポートは?

 標準メモリーは、16GB (PC3-12800:DDR3-1600:4GB x4、デュアルチャネル) で、32GBまで追加可能。ただ、ブランドの選択ができませんでした。

 標準HDDは、500GB (WesternDigital :7200rpm SATA3; 6Gbps)。また、HDD容量が不満の場合、4TB まで変更可能で、4台まで増設可能でした。

 メモリー容量が不満の場合、マザーボードとしては32GBまで追加可能でした。

 ネットワークは、高速ギガビットLAN(1000base-T)でした。これは、現在では標準的なものですが、デイトレードだけに限らず、十分と言える仕様です。

 無線LAN利用の場合については、市販のものを追加する必要がありました。

 C安定性・信頼性 :構成パーツの品質・信頼性が高いかどうか?

  壊れて修復に1日かかれば、ン百万円の損だ?

 標準マザーボードには、信頼性のブランドであるASUSTeKから、今夏発売の最新のH87チップセットのH87-PLUS (ATX) 採用のため、安心と言えます。

 また、メモリーについては、大変残念ですが、メーカー記載ありませんでした。いわゆるノーブランドメモリーになるということです。

 最後に、補足しますと、このパソコンのホームページ記載に、トレーディングソフト、WEBサイトなどを快適に表示 などと書かれていますが、標準的な付属品やオプションに、ソフトウェアは、一切ありませんでした。上の一覧表をよくご覧下さい。

 本モデルでは、OSは、購入すれば無料インストールしてくれます。また、標準価格には含まれていなくても必要なパーツについては十分注意しましょう。

 また、モニターは、ディスプレイの選択画面から、三菱、イーヤマ、LGブランドなどを21.5インチから27インチまで、オプション追加できます。

 以上、、マルチモニター対応デイトレパソコン専門店エーチャージから

 ←「Acharge 8面マルチi7MOSAIC」、の紹介でした。
(標準ケースは、Enermaxブランド Ostrog 黒)

 なお、通常の納期は、約8営業日ということでした。OSプリインストールの、上記仕様の価格は、¥216,800円でした。




【 トレーダーPC販売ショップ代表例: 4画面対応パソコンの一覧表 】 (2017年8月4日更新
 (品種が多いおススメのショップより、4画面対応モデルのみ抜粋!価格はカスタマイズで大きく変動!)

店舗(メーカー)
パソコン型番
ケースタイプ グラフィックス
型番
CPU型式
(速度)
メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
価格
(標準仕様)
パソコン工房
カブドットコム証券と「TWOTOP」が共同プロデュースするトレーディング専用パソコン「kabuパソ」
kabuステーション動作推奨スペック・4画面モデル
iiyama PRO-kabu.4 v6
icon
パソコンが苦手な人・初心者向き(注記1)
スリムタワー型
microATX
4画面出力対応
(GeForce GT730 1GB)
Core i5 -7500
(4コア4スレッド、定格3.4GHz 、ターボ最大3.8GHz 、L3キャッシュ6MB)
8GB
(PC4-19200)
1TB HDD
(SATA3)
209,980円
エーチャージ(ACHARGE)
BTOパソコンのVSPECから独立
★デイトレ用4画面対応タワー型パソコン
(高性能・高品質モデル)
Acharge 4面マルチi7プレミアム


8画面、6画面、4画面、2画面対応ンなど多品種あり!
タワー型

4画面出力対応
(Quadro P600 2GB)
Core i7 -7700
(4コア8スレッド、定格3.6GHz 、ターボ最大4.2GHz 、L3キャッシュ8MB)
8GB
(PC4-19200)
250GB SSD
+1TB HDD
(SATA3)
189,980円
ツクモ(TSUKUMO eX.computer)
★マルチモニタモデル
MM7J-A64/T
タワー型

4画面出力対応
(GeForce GT730 1GB)
(ELSA GeForce GT 730 1GB QD)
Core i3 -6100
(2コア4スレッド、定格3.7GHz 、L3キャッシュ3MB)
8GB
(PC4-17000)
240GB SSD
(SATA3, SanDisk製)
74,800円
ドスパラ
★多画面マルチモニタ対応PC
4画面対応モデル、raytrek MD-4(レイトレック MD-4 )
タワー型

4画面出力対応
(GeForce GT730 1GB)
Core i3 -6100
(2コア4スレッド、定格3.7GHz 、L3キャッシュ3MB)
8GB
(PC4-17000)
120GB SSD
+1TB HDD
(SATA3)
69,980円
(5日で出荷)
マウスコンピュータ
★4画面の出力に対応したマルチディスプレイ対応モデル:
MousePro T795G-MDP
icon
タワー型

4画面出力対応
(NVIDIA NVS 510 2GB)
Core i5 -6400
(4コア4スレッド、定格2.7GHz 、ターボ最大3.3GHz 、L3キャッシュ6MB)
8GB
(DDR4)
1TB HDD
(SATA3)
124,800円

(注記)
 1. (パソコン工房サイト内の「TWOTOP」ページでは) :
 カブドットコム証券のノウハウが詰まったトレーディング環境が手に入る。
6画面、4画面、2画面対応タワー型から、ノートタイプまでを揃えている。

 「専門スタッフが購入者の自宅へ訪問し、わずらわしい設置・設定を実施」というサービス付きであり、特に、株式売買にはある程度の知識があるが、パソコンが苦手な方や初心者向きと言える。

 2.「BTOパソコンのVSPECから独立したエーチャージ(ACHARGE)」 :
 ●デイトレ用 8画面、6画面、4画面、2画面対応タワー型パソコンなど多品種あり。


 (2013年9月更新・修正記 )

デイトレードパソコンなら、4画面以上のマルチモニター対応パソコンの専門店!初心者からプロのトレーダーまで数千台を販売。創業10余年のBTOショップ


【サイト内の関連おススメ記事】

 ●トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方
 ●ツクモの多画面モデルを「デイトレード」用途に評価
 ●トレーディング専用マルチモニターPC−パソコン工房編
 ●トレーダーパソコン比較評価−8画面対応したVSPEC
 ●高解像度6画面対応トレイダー・パソコン−マウス編



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.