電脳獅子惑星ロゴ

超高性能 3Dゲームパソコン ランキングTOP10(2021年7月)

NVIDIAのハイエンド向けGPUに対抗するAMDの新世代GPUが、2020年11月に「Radeon RX 6800 XT」が、12月には、最上位の「Radeon RX 6900 XT」が・・・・発売されました・・・
(Update 2021.7.23)

記事ヘッダー写真

超高性能 3Dゲームパソコン ランキングTOP10(2021年7月)

【最も関連するページ】
 超高性能ゲームノート ランキングTOP10(2021年7月)

 2021年7月上旬、最新ビデオチップGPU を採用のショップブランド各社の超高性能 3D ゲームパソコンの 機種をチェックし、筆者の独断と偏見によりランキング紹介しました。

 NVIDIAのハイエンド向けGPUに対抗するAMDの新世代GPUが、2020年11月に「Radeon RX 6800 XT」が、12月には、最上位の「Radeon RX 6900 XT」がそれぞれ発売されました。

 ここから、すでに、9月上旬発売のNVIDIAのハイエンド向け新型GPU「GeForce RTX 3070/3080/3090 」(以下 RTX 30シリーズ)搭載グラフィックスカードとの激しい戦いが始まったようで、今年2021年3月にも、下位モデルでも、Radeon RX6700XT の発表があり、現在もその戦いは、続いているようです。

 このNVIDIAの新 RTX 30シリーズは、従来のGeForce RTX 20シリーズから,リアルタイムレイトレーシング用の「RT Core」(人間の目に入ってくる光の情報を再現するための仕組み、光線追跡法)、AI推論エンジンアクセラレータとしての「Tensor Core」(深層学習・ディープラーニングの学習と推論に最適化したプロセッサ)を搭載していましたが、これがさらに強化され、進化(性能が2倍とか)したというのが最大の特徴のようです。

 ただ、AMD製品については、3DMarkのPort Royalといったリアルタイムレイトレーシングの性能や、DirectX Raytracingを使ったレイトレーシング性能などでは、RX 6900 XTは、RTX 3090と比べて、半分程度のフレームレートしか発揮できておらず、RTX 3080に対してもまったく届いていないようで、RX 6800 XTからは約8%ほど伸びているものの、やはりレイトレーシング性能に関しては、物足りない結果(「4Gamer.net」の調査)となってしまっているようです。

 さて、本テーマのPCランキング比較する前に、デスクトップ・ハイエンド仕様でのグラフィックカードの性能比較を客観的に眺めて置きたいと思います。

【高性能グラフィックス・カード(GPU)の性能現状】




 ●上図RX 6900 XTは,RX 6800 XTに5〜6%程度の差を付けた。さらに,RTX 3090に対しては,5〜8%程度の差を付けており,RX 6900 XTが上回っている。(Radeon最上位モデルは,GeForce RTX 3090と戦えるのか。「4Gamer.net」の調査を引用させて頂きました)



 ●下図は、Radeon RX6700XT の発表(21年3月)により、GeForce RTX 3070/RTX 3060Ti との性能位置付け比較のために追加。「4Gamer.net」から引用させて頂きました。


 これにより、ゲーマー向けGPUとしては、「Radeon RX 6900 XT」が、最上位モデルということになりました。

 これらの図から、レイトレーシング性能を除いたシングルカードの3Dベンチ性能

 新GPU 「Radeon RX 6900 XT」>「Radeon RX 6800 XT」>「GeForce RTX 3090 」>「GeForce RTX 3080 Ti 」>「GeForce RTX 3080 」 >「Radeon RX 6800」 > 「GeForce RTX 3070 」

の順になるようです。 (※参考:→最近のグラフィックス(GPU)性能比較・一覧をチェックして見る)

 カード2枚利用の、2-Way SLI (CrossFire)以上になっても、特別の事情がない限りは、ほぼこの順となると思います(注記1参照)。

 「超高性能 3Dゲームパソコン ランキング」は、いつも、グラフィックス・カード2枚接続のSLI (またはCross Fire)方式パソコンの評価ランキングみたいなものでしたが、今回の調査では、このSLIがはっきりと減って来ました、と言うより、なくなって来ました。

 前回ランキングは、GeForce RTX 2080 Ti のSLI機種が上位を独占していましたが、今回はこの定番のSLI機種が完全に消滅したようで、見つかりませんでした。大変残念です!

 原因は、グラフィックス・カード(GPU)の性能向上とその価格の上昇で、2枚利用というのは、手が出せなくなったのかも知れません。ただ、もう少し安い価格帯のカードで、自分でSLIを組むと言う道は残されています。

 さて、ランキングは、あくまでサイト公開の標準仕様での順位で、同程度の仕様なら、価格の安いものを上位としました。当然、BTOカスタマイズした後には、大きく変動します。(調査時点で販売終了品は非掲載、売切れは掲載です。)

 注記)ランク付けについては、最下段の※注記2を参照下さい。価格は、カスタマイズにより大きく変化しますので、ホンの参考です。

超高性能 3Dゲームパソコン ランキング TOP 10: 2021年7月9日調査

ランキングと機種 イメージ グラフィック・CPUなど性能
1位

ツクモ :
【BTOモデル】eX.computer
G-GEAR neo GX9A-E204/XT詳細仕様


ベンチマーク推定値
GS(Graphic Score) :通常のスコアより約30%程度大きい


・3D mk FS (1920x1200) 測定値:36,613
・3D mk FS GS(Graphic Score)(1920x1200) 測定値:47,984
・3D mk FS EX(2560x1440) 測定値:24,783
・3D mk FS EX GS(Graphic Score)(2560x1440) 測定値:26,344

税込¥369,800(6日出荷)
●Windows 10 Pro (64ビット)
AMD X570チップセットマザー
(ASRock X570 Steel Legend (ATX))

(2021年7月調査)

●GPU選択不可
AMD Radeon RX 6900 XT (16GB GDDR6)
(HDMI x1 、DisplayPort x2 )
●CPU選択可
AMD Ryzen 9 5900X (12コア24スレッド対応、定格3.7GHz ターボMAX4.8GHz、L2+L3キャッシュ70MB)
CPUクーラー:空冷クーラー
32GB PC4-21300 (16GB x2 / 2チャネル)
●SSD :1TB (M.2 NVMe接続)
●サウンド:オンボードHDオーディオ
PCケース:G-GEAR neo ミドルタワー
(MCM-M500P-KN5N-SJP)
電源: Thermaltake製
定格 850W 80PLUS GOLD対応
●キーボード・マウス・スピーカ、DVDドライブ:オプション選択
2位

パソコンSHOPアーク:
AG-AZ12X57AGA8I-SSGP
arkhive Gaming Alliance Powered by SunSister
GN-A9G38R Pro Player Edition


ベンチマーク推定値
GS(Graphic Score) :通常のスコアより約30%程度大きい

・3D mk FS (1920x1200) 測定値:43,805
・3D mk FS GS(Graphic Score)(1920x1200) 測定値:46,989
・3D mk FS EX(2560x1440) 測定値:22,750
・3D mk FS EX GS(Graphic Score)(2560x1440) 測定値:23,858

税込¥459,800(日出荷)
●Windows 10 Home (64ビット)
AMD X570チップセットマザー
(MSI MPG X570 GAMING PLUS ATX)

(2021年7月調査)

●GPU選択不可
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti (12GB GDDR6X)
(HDMI x1 、DisplayPort x3 )
●CPU選択可
AMD Ryzen 9 5900X (12コア24スレッド対応、定格3.7GHz ターボMAX4.8GHz、L2+L3キャッシュ70MB)
CPUクーラー:空冷クーラー
64GB DDR4-3200 (SanMax: 16GB x2 / 2チャネル)
●Storage :1TB SSD (M.2 NVMe接続)
+ 4TB HDD(WesternDigital )
●サウンド:オンボードHDオーディオ
PCケース:INWIN ミドルタワー
(INWIN 303-Black ATX (IW-CF06B))
電源:定格 850W 80PLUS GOLD対応
●キーボード・マウス・スピーカ、DVDドライブ:オプション選択
3位

ツクモ :
【BTOモデル】eX.computer
G-GEAR GX9A-D212/XT詳細仕様


ベンチマーク推定値
GS(Graphic Score) :通常のスコアより約30%程度大きい

・3D mk FS (1920x1200) 測定値:43,805
・3D mk FS GS(Graphic Score)(1920x1200) 測定値:46,989
・3D mk FS EX(2560x1440) 測定値:22,750
・3D mk FS EX GS(Graphic Score)(2560x1440) 測定値:23,858

税込¥499,800(6日出荷)
●Windows 10 Pro (64ビット)
AMD X570チップセットマザー
(ASRock X570 Steel Legend (ATX))

(2021年7月調査)

●GPU選択不可
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti (12GB GDDR6X)
(HDMI x1 、DisplayPort x3 )
●CPU選択可
AMD Ryzen 9 5900X (12コア24スレッド対応、定格3.7GHz ターボMAX4.8GHz、L2+L3キャッシュ70MB)
CPUクーラー:空冷クーラー
32GB PC4-21300 (16GB x2 / 2チャネル)
●SSD :1TB (M.2 NVMe接続)
●サウンド:オンボードHDオーディオ
PCケース:G-GEAR neo ミドルタワー
(MCM-M500P-KN5N-SJP)
電源:定格 850W 80PLUS GOLD対応
●キーボード・マウス・スピーカ、DVDドライブ:オプション選択
4位

ストーム(STORM) :
ハイクラスゲーミングPC
PG-DD9
詳細仕様


ベンチマーク推定値

GS(Graphic Score) :通常のスコアより約30%程度大きい

・3D mk FS (1920x1200) 測定値:43,805
・3D mk FS GS(Graphic Score)(1920x1200) 測定値:46,989
・3D mk FS EX(2560x1440) 測定値:22,750
・3D mk FS EX GS(Graphic Score)(2560x1440) 測定値:23,858

¥369,800円
●Windows 10 Home 64 bit
Z590チップセット
MSI製 MSI Z590-A PRO マザー

(2021年7月調査)
●GPU選択可
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti (12GB GDDR6)
●CPU選択可
Core i9 -10900 (10コア20スレッド対応、定格2.8GHz, ターボMAX5.2GHz20 MB Smart Cache)
●空冷式クーラー
●DDR4 crucial 32GB (PC4-25600) ( 16GB x 2:4チャネル)
●ストレージ:SSD 1TB (高速NVMe )
●M/Bオンボードサウンド、DVD外付け
●ケース:MSI MPG GUNGNIR 110R
ブラックカラー ミドルタワー
4つのLEDファンを搭載。強化ガラスウィンドウで内部構造が見える。
電源 :1000W (80PLUS GOLD電源)
5位

パソコンショップSEVEN:
ZEFT Gaming PC
ZEFT R32DG
詳細仕様
(ページ右下欄に売筋ランキング1位)


ベンチマーク推定値

GS(Graphic Score) :通常のスコアより約30%程度大きい

・3D mk FS (1920x1200) 測定値:43,805
・3D mk FS GS(Graphic Score)(1920x1200) 測定値:46,989
・3D mk FS EX(2560x1440) 測定値:22,750
・3D mk FS EX GS(Graphic Score)(2560x1440) 測定値:23,858


¥349,800円(1-5日出荷在庫あり)
●Windows 10 Home 64 bit
Z590チップセット
ASRock製 Z590 PRO マザー

(2021年7月調査)
●GPU選択可
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti (12GB GDDR6)
●CPU選択可
Core i9 -11900K (8コア16スレッド対応、定格3.5GHz, ターボMAX5.3GHz16 MB Smart Cache)
●空冷式クーラー
●DDR4 crucial 16GB (DDR4-3200) ( 8GB x 2:2チャネル)
●ストレージ:SSD 500GB (高速NVMe )
●M/Bオンボードサウンド、DVD外付け
●ケース:Fractal Define 7
ミドルタワー(ブラック)
Define 7 Compact Black TG Light Tint
電源 CoolerMaster:850W (80PLUS GOLD電源)
6位

マウスコンピュータ:
最新のグラフィックスを搭載したハイエンドゲーミングパソコン
G-Tune EP-Z (Z590)
カスタム詳細仕様
icon

ベンチマーク参考値
GS(Graphic Score) :通常のスコアより約30%程度大きい


・3D mk FS (1920x1200) 測定値:29,549
・3D mk FS GS(Graphic Score)(1920x1200) 測定値:41,555
・3D mk FS EX(2560x1440) 測定値:19,418
・3D mk FS EX GS(Graphic Score)(2560x1440) 測定値:21,098
icon icon
特価¥319,800円(4日出荷)

●Windows 10 Home 64bit
Z590チップセットマザー

(2021年7月調査)
●GPU選択不可
NVIDIA GeForce RTX 3080 (10GB) GDDR6X
(ディスプレイ4; HDMI x1, DisplayPort x3)
●CPU選択可
Core i9-11900K (8コア16スレッド対応、定格3.5GHz ターボMAX5.3GHz、スマートキャッシュ16MB)
水冷CPUクーラー
240mm長型ラジエーター
32GB PC4-25600 (DDR4-3200; 16GB x 2, デュアルチャネル )
●OS起動M.2 SSD :1TB (NVMe対応/ M.2シールド)
●HDD :4.0TB
●ハイデフィニション・オーディオ、DVDドライブ付属、マウス・スピーカなし
●【G-Tune】フルタワーケース(ATX)
電源:1200W 電源 (80PLUS GOLD)

2021年7月14日更新

 ※注記1)3D mark 11対応ベンチマーク
 ・Quad - SLI 接続では、カード1枚の約 3.4倍の性能と言われるが、通常(パフォーマンス1280x1024)では、2倍超程度、Extreme(1920x1200)では、3.2倍程度としました。

 ・3Way - SLI接続では、カード1枚の約2.8倍の性能と言われるが、通常(パフォーマンス1280x1024)では、1.9倍程度、Extreme(1920x1200)では、2.45倍前後としました。

 ・SLI(CFX)接続で、カード1枚の約2倍の性能言われるが、通常(パフォーマンス1280x1024)では、1.5倍程度、Extreme(1920x1200)では、1.8倍前後としました。


 ※注記2)ランキング評価に当たり下記性能データを比較。

 ・NVIDIA「SLI技術」の要点と派生技術

 ・3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
 ・初心者にやさしいCPU選び−intel編による性能順

 ・メモリの知識と選び方による性能順位



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートの例
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.