電脳獅子惑星ロゴ

トレーダーパソコン比較評価−エーチャージ( acharge )編

 10画面、8画面、6画面、4画面対応までと、デイトレ向けのタワー型パソコンの品種が非常に多くある、恐らく最多であるのが、このショップの大きな特徴です・・・・最初に、「エーチャージ」サイトでの、トレードパソコンの解説の詳細な点や豊富さについて、紹介しておきたい・・・・
(Update 2019.10.05)

記事ヘッダー写真

トレーダーパソコン比較評価−エーチャージ( acharge )編

(注記) BTOパソコン専門のカスタマイズ・ショップを謳うマニア系ショップ「VSPEC」は、PCの用途に応じて、3種類のブランド販売に変わりました。分担は、デイトレパソコン:Acharge、クリエイターPC:Zeus、静音PC:ハーキュリーズ)


【最も関連の深いページ】
 ●トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

エーチャージ( acharge )編 :
 10画面、8画面、6画面、4画面対応までと、デイトレ向けのタワー型パソコンの品種が非常に多くある、恐らく最多であるのが、このショップの大きな特徴です。

 また、自作好きな方がこのジャンルのパソコンを作ろうとした時、参考になる解説が一番多いのも、このサイトの特徴でしょう。恐らく、モニター10画面システムも簡単に作れてしまうでしょう。

 聞きなれない人もいるかも知れませんが、エーチャージは、「超マニア系のVSPECブランド」を運営する、株)グッドボックスが、新らしく立ち上げたPCブランドです。

 まず最初に、「エーチャージ」サイトでの、トレード用途パソコンの解説の詳細な点や豊富さについて、紹介しておきたいと思います。

【サイトの解説記事ページ】

 ★デイトレPCとは?そして、BTOパソコンをデイトレPC化するポイント

 ★証券会社の専用トレード用ソフトの種類の紹介ページ

  ●楽天証券:マーケットスピード、SBI証券:ハイパーSBI、松井証券:ネットストックトレーダー(プレミアム) 、マネックス証券:マネックストレーダー、カブドットコム証券:kabuステーション、岡三オンライン証券:岡三ネットトレーダー(プレミアム)など。

 ★モニターアームの種類と取り付けの解説

  ●モニターアーム取付の手引き(デュアルタイプ)
  ●モニターアーム取付の手引き(6画面タイプ)

 ★マルチモニターシステムの画面設定のページ

 ★マルチモニター対応パソコンのモニターケーブル配線方法のページ

 ★多数モニターレイアウトとスペースの関係ページ

などと、8ページくらいに渡って、解説に割いています。このことを見ても、他の大手ショップと比較するとかなり、差別化されていて、きっと一読の価値はあります。

  →デイトレ用マルチモニターシステム解説記事ページを確認して見る。


 これらのページをよく読んで行けば、少し慣れた人なら、8画面のデイトレパソコンも、自分で作れるようになれそうな感じがしてしまいます。

 本ページでは、あえてデイトレ用 4画面対応パソコンを紹介していますが、これも品揃えが豊富で、初心者用からプロ用途までの3種類用意されていました。

★タワー型パソコン      Acharge 4面マルチi5スタンダード
★タワー型高性能パソコン Acharge 4面マルチi7プレミアム
★タワー型高性能パソコン Acharge 4面マルチi7静音プレミアム

 それでは、この3種類の違いを少し眺めてみましょう。

【デイトレ用 4画面対応パソコン3種類の違いは】

主要パーツ項目 Acharge 4面マルチi5スタンダード Acharge 4面マルチi7プレミアム
高速モデル
Acharge 4面マルチi7静音プレミアム
静音&高速モデル
CPU Intel Core i5 -4570 3.20GHz Intel Core i7 -4770 3.40GHz Intel Core i7 -4770 3.40GHz
マザーボード ASROCKブランド B85 Pro4(B85) ATX ASROCKブランド B85 Pro4(B85) ATX ASUSブランド H87-PLUS(H87) ATX
メインメモリー 合計 8GB:4GB PC3-12800 DDR3-SDRAM ×2本 合計16GB:4GB PC3-12800 DDR3-SDRAM ×4本 合計16GB:4GB PC3-12800 DDR3-SDRAM ×4本
グラフィックス カード GIGABYTEブランド GV-N210SL-1GI (GeForce 210 1GB) ×2枚 GIGABYTEブランド GV-N210SL-1GI (GeForce 210 1GB) ×2枚 GIGABYTEブランド GV-N210SL-1GI (GeForce 210 1GB) ×2枚
ハードディスク HDD 500GB: WesternDigitalブランド WD5000AAKX HDD 500GB: WesternDigitalブランド WD5000AAKX SSD:128GB Plextorブランド PX-128M5P MLC
HDD 500GB: WesternDigitalブランド WD5000AAKX
光学式ドライブ DVDスーパーマルチ LGブランド GH24NS95BL(黒) DVDスーパーマルチ LGブランド GH24NS95BL(黒) DVDスーパーマルチ LGブランド GH24NS95BL(黒)
PCケース Enermaxブランド Ostrog(ECA3252-B)(黒) ATX Enermaxブランド Ostrog(ECA3252-B)(黒) ATX FractalDesignブランド Define R4(Black Pearl) ATX
CPUファン、ケースファン静音仕様
OS 64bit Windows 7 Home Premium SP1 64bit Windows 7 Home Premium SP1 64bit Windows 7 Home Premium SP1
PC電源 静音 700W HECブランド WIN+POWER3(HEC-700TB-2WK) 静音 700W HECブランド WIN+POWER3(HEC-700TB-2WK) 静音 700W HECブランド WIN+POWER3(HEC-700TB-2WK)
ディスプレイ 無しオプション 無しオプション 無しオプション
モニターアーム 無しオプション 無しオプション 無しオプション
有線/無線LAN機器 有線LANオンボード 有線LANオンボード 有線LANオンボード
内蔵サウンド オンボードサウンド オンボードサウンド オンボードサウンド
標準価格 95,800円 118,800円 156,800円


【3種類の違いについて、ひとこと直言】 

 この3種類の違いを挙げると、10万以下で買いやすい廉価版、高速モデル、高速モデルであり、かつ、静音仕様化したということのようです。

 高速モデルでは、CPUが廉価版では、4コア4スレッド(ハイパースレッドに非対応)なのに対して、4コア8スレッド(ハイパースレッドに対応)の最高クロック版のCore i7 -4770に変えたことですね。また、メモリーを16GBと2倍に大幅にアップしています。この2点以外のスペックは変わりません。

 静音仕様化の高速モデルでは、さらに、ストレージにSSDを採用し高速化を計るとともに、マザーボードのブランドをASROCKより、信頼度の高い方のASUSブランドに変えています。マザーのチップセットのグレードもB85から、H87に上がっています。

 さらに、ケースは静音仕様化のために静音CPUファン、ケースファンを採用したFractalDesignブランドのものに変えました。

 全般的に見て、かなり良心的なブランド部品の採用構成となっているのが分かりました。

 ただ、この3種類では、みな、電源にHECブランドの WIN+POWER3が使われていますが、これは、静音スペックなのはよいのですが、80PLUS BRONZE認証取得のブロンズの部分がちょっと気になりました。

 ケースの電源は、肝心かなめのパーツですので、信頼度の高い、シルバーかゴールド認証品に変更したいところですね。これは、見積もりページの一番下から、(メール)変更依頼をかける必要があると記載されています。


(このページは、現在、大幅に変更・更新中です。)

 →デイトレ用 4画面対応タワー型パソコンページを確認して見る。



【 トレーダーPC販売ショップ代表例: 4画面対応パソコンの一覧表 】 (2017年8月4日更新
 (品種が多いおススメのショップより、4画面対応モデルのみ抜粋!価格はカスタマイズで大きく変動!)

店舗(メーカー)
パソコン型番
ケースタイプ グラフィックス
型番
CPU型式
(速度)
メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
価格
(標準仕様)
パソコン工房
カブドットコム証券と「TWOTOP」が共同プロデュースするトレーディング専用パソコン「kabuパソ」
kabuステーション動作推奨スペック・4画面モデル
iiyama PRO-kabu.4 v6
icon
パソコンが苦手な人・初心者向き(注記1)
スリムタワー型
microATX
4画面出力対応
(GeForce GT730 1GB)
Core i5 -7500
(4コア4スレッド、定格3.4GHz 、ターボ最大3.8GHz 、L3キャッシュ6MB)
8GB
(PC4-19200)
1TB HDD
(SATA3)
209,980円
エーチャージ(ACHARGE)
BTOパソコンのVSPECから独立
★デイトレ用4画面対応タワー型パソコン
(高性能・高品質モデル)
Acharge 4面マルチi7プレミアム


8画面、6画面、4画面、2画面対応ンなど多品種あり!
タワー型

4画面出力対応
(Quadro P600 2GB)
Core i7 -7700
(4コア8スレッド、定格3.6GHz 、ターボ最大4.2GHz 、L3キャッシュ8MB)
8GB
(PC4-19200)
250GB SSD
+1TB HDD
(SATA3)
189,980円
ツクモ(TSUKUMO eX.computer)
★マルチモニタモデル
MM7J-A64/T
タワー型

4画面出力対応
(GeForce GT730 1GB)
(ELSA GeForce GT 730 1GB QD)
Core i3 -6100
(2コア4スレッド、定格3.7GHz 、L3キャッシュ3MB)
8GB
(PC4-17000)
240GB SSD
(SATA3, SanDisk製)
74,800円
ドスパラ
★多画面マルチモニタ対応PC
4画面対応モデル、raytrek MD-4(レイトレック MD-4 )
タワー型

4画面出力対応
(GeForce GT730 1GB)
Core i3 -6100
(2コア4スレッド、定格3.7GHz 、L3キャッシュ3MB)
8GB
(PC4-17000)
120GB SSD
+1TB HDD
(SATA3)
69,980円
(5日で出荷)
マウスコンピュータ
★4画面の出力に対応したマルチディスプレイ対応モデル:
MousePro T795G-MDP
icon
タワー型

4画面出力対応
(NVIDIA NVS 510 2GB)
Core i5 -6400
(4コア4スレッド、定格2.7GHz 、ターボ最大3.3GHz 、L3キャッシュ6MB)
8GB
(DDR4)
1TB HDD
(SATA3)
124,800円

(注記)
 1. (パソコン工房サイト内の「TWOTOP」ページでは) :
 カブドットコム証券のノウハウが詰まったトレーディング環境が手に入る。
6画面、4画面、2画面対応タワー型から、ノートタイプまでを揃えている。

 「専門スタッフが購入者の自宅へ訪問し、わずらわしい設置・設定を実施」というサービス付きであり、特に、株式売買にはある程度の知識があるが、パソコンが苦手な方や初心者向きと言える。

 2.「BTOパソコンのVSPECから独立したエーチャージ(ACHARGE)」 :
 ●デイトレ用 8画面、6画面、4画面、2画面対応タワー型パソコンなど多品種あり。


 2013年9月大幅変更追記


【サイト内の関連おススメ記事】
 ●トレーディング専用マルチモニターPC−パソコン工房編
 ●ツクモの多画面モデルを「デイトレード」用途に評価
 ●トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方(2013年3月)
 ●トレーダーパソコン比較評価−8画面対応したVSPEC
 ●高解像度6画面対応トレイダー・パソコン−マウス編



(以下は、少し古いコンテンツです。しばらくの間残しておきます。)

 VSPECについては、「BTOパソコン専門のカスタマイズ・ショップを標榜するマニア系ショップ」として、以前紹介しましたが、このエーチャージサイトのイメージは、結構 VSPECに似た感じとなっています。

 さて、今回は、この新しいPCブランド『エーチャージ』から、デイトレ用 4画面対応タワー型パソコンの紹介です。

 ここでは、前のページに挙げた、デイトレ向きパソコンの条件チェック項目を調べながら、各社の代表的トレーダーパソコンを連続紹介しています。

 チェック項目は、

 1.モニター表示機能 :マルチディスプレイ接続、最低2台の接続が出来ること。
               19インチ以上のワイド画面仕様に対応、推奨最大解像度 1280×1024。
               出来れば、ディスプレイスタンド(机に固定できるモニタ用アーム)など。

 2.マルチタスク機能: これがあれば余計な機能は不要。価格も下がったため、
               CPUは、デュアルコア、Core2 Duo( AMDならAthlon64 X2) 以上にしておきたい。

 3.一般パソコン仕様 :メモリー、最低でも、1GB以上。HDD、160GB以上。
               ネットワークLAN 機能、ギガビットLAN(1000base-T)サポート。

 4.安定性・信頼性 :構成パーツの品質・信頼性が高いこと。
              壊れて修復に1日かかれば、ン百万円の損も発生します。

の4項目です。

 さて、ここに挙げた、デイトレ向きパソコンの条件から、エーチャージのトレーダー・パソコンをチェックしていきたいと思います。

 以下、エーチャージから、デイトレ用 4画面対応タワー型パソコンの評価となります。
(本機のページは、サイト上部の「地デジ&ディトレ」にマウスを乗せると現れる「デイトレパソコン 4画面」という文字をクリックするとエントリー出来ます。)

 【 トレーダー・パソコンの条件チェック 】

 @モニター表示機能: マルチディスプレイ接続、最低2台の接続が出来るか?
                19インチ以上のワイド画面仕様に対応、推奨最大解像度 1280×1024。
                ディスプレイスタンド(机に固定できるモニタ用アーム)などは?


  標準で、4台のモニターを同時に接続可能な、高性能グラフィックカード:GeForce9400GTが、2枚の採用です。1枚のカードにそれぞれ2台のモニターを接続できます。

 モニター接続は、(1枚のカード毎に、)デジタルDVI-I コネクタ1個と従来のアナログコネクタ接続のため、モニター側がアナログ4台の場合アナログ変換コネクタが2つ必要となります。(通常は付属してます。)最大解像度も、デジタルDVI-I コネクタ接続を利用すれば、2560x1600まで対応で、申し分ありません

 ただ、残念ながら、マルチモニター用のモニターアームなどは用意されてませんので、欲しい人は自分で探す必要があります。

 ●写真は、4台用モニターアーム
(販売例:パソコン工房)
icon

 
 ●「マルチモニターアーム」でAmazon検索結果へ


 ●「モニターアーム」で楽天 検索結果へ


 Aマルチタスク機能: CPUは、価格も下がった、デュアルコア、Core2 Duo以上 かどうか?

 CPUは、Core 2 Duo E8500 ( 3.16GHz /FSB1333MHz/L2キャッシュ 6MB)搭載で、高速3.16GHz /FSB1333MHzの、デュアルコアであり、十分ですね。

 B一般パソコン仕様 :メモリー、1GB以上か?HDD、160GB以上か?
               ネットワークLAN 機能、ギガビットLAN(1000base-T)サポートは?

 標準メモリーは、2GB (PC6400 DDR2-800MHz 1GBx2、デュアルチャネル) 。標準HDDは、320GB (8MB Cash, S-ATA2 7200rpm)。ネットワークは、高速ギガビットLAN(1000base-T)でした。これは、デイトレードだけに限らず、もう十二分と言える仕様です。

 C安定性・信頼性 :構成パーツの品質・信頼性が高いかどうか?
              壊れて修復に1日かかれば、ン百万円の損だ?

 マザーボードが信頼性評価の高いメーカーのASUS製、P5Q PRO (P45) ATX標準でした。このマザーは、クアッドコアのCore2 Extreme/Core2 Quadまで対応しています。これでさらに安心ですね。

 また、メモリー、HDD,については、製造メーカー記載ありませんでした。HDDは、BTOメーカー指定出来るので、信頼性の高いシーゲート( Seagate )にして置きたい所です。指定出来ないメモリーは、ショップブランドを信頼するしかありません。


 最後に、補足しますと、このパソコンのホームページ記載に、トレーディングソフト、WEBサイトなどを快適に表示 などと書かれていますが、付属品やオプションにもソフトウェアは、付属していません。

 トレーディングチャートソフトは、契約先の証券会社が提供してくれる、トレードチャートを利用すれば無料ですみます。また、楽天のチャート(マーケットスピード)利用やMeta Trader 4 ( FX )などフリーソフトも、結構出回ってますので、ネットで検索してみて下さい。(かくいう筆者は、マニアックな、Chart Trader ( FX ) 常用者です。)

 さてOSは、購入すれば無料インストールしてくれますが、標準価格には含まれてませんので注意しましょう。

また、モニターは、オプション追加できますので、自分の必要台数に合わせてBTO注文が出来ます。その際、解像度や接続できるコネクタの種類(@モニター表示機能に記載)には注意したいものです。


 BTOパソコン専門のカスタマイズ・ショップを標榜するマニア系ショップ、エーチャージから、デイトレ用 4画面対応タワー型パソコンです。

(本機のページは、サイト上部の「地デジ&ディトレ」にマウスを乗せると現れる「デイトレパソコン 4画面」という文字をクリックするとエントリー出来ます。)

普通納期は、約2週間でした。エーチャージエキスプレスというサービスを使うと6日となるようです。OSなしの、上記仕様の標準価格は、¥ 91,800円でした。

 →デイトレ用 4画面対応タワー型パソコンページを確認して見る。




弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.