電脳獅子惑星ロゴ

動画編集(ビデオ編集)は、NVIDIA Studio PC の時代へ

これからの動画編集(ビデオ編集)は・・・『 NVIDIA Studio 推奨 PC 』という時代になるかも・・・調査を進めて・・・
(Update 2024. 4.20)

記事ヘッダー写真

動画編集(ビデオ編集)は、NVIDIA Studio PC の時代へ

(本ページはプロモーションが含まれています)

 これからのクリエイターの動画編集(ビデオ編集)は、『 NVIDIA Studio 推奨 PC 』という時代になるかも知れません。調査を進めているうちにそう感じて来ました。

【本ページと関係深いページ】 :
  動画編集向け推奨スペックPC - Adobe Premiere, PowerDirector, After Effectsなど快適
  Adobe Creative Cloud (CC) 推奨スペックPCモデル
  3DCGアニメ制作推奨PC - 3ds Max, Maya, Cinema 4Dなど快適

 NVIDIA Studio 推奨 PCは、プロのクリエイターはもちろん、YouTuberなどのアマチュアのクリエイター、同人映像作家のような個人活動クリエイターなどを対象とした新しいコンセプトのパソコンと言えるようです。

 ADOBEなどの人気のクリエイター向けアプリ開発者は、NVIDIAと提携することで、NVIDIA GPUハードウェアを利用し、連動する仕組みを手に入れ最適化できると思われます。

 また、一般のYouTuberなどアマチュアのクリエイターの人でも、NVIDIAのStudioドライバーや専用ソフトウェアをダウンロードし、これから、下に紹介のGPU搭載の動作環境のパソコン( NVIDIA Studio 推奨 PC )を入手することも出来ると思われます。

【NVIDIAのグラフィックGPUの基本】

 まず、NVIDIAの「GeForce」シリーズGPUドライバーには、Game ReadyドライバーとStudioドライバーの2種類が用意されている。

 もちろん、『Game Readyドライバー』はゲーマー向けで、ゲームを快適にプレイするためのチューニングが行なわれている。

 もう1つの、『Studioドライバー』は、レタッチや動画編集、CGレンダリングといったクリエイティブ系アプリで、広範囲にわたってテストが実施されて、パフォーマンスと信頼性が高められている。

 (動画エンコード処理などの基本技術については、「高速エンコーダの現状−インテルQSV機能と外付GPUカード」のページを参照下さい。)


 NVIDIA GPUアクセラレーション機能のメリット

 CUDA(クーダ)テクノロジーと呼ぶ、このGPUの汎用並列コンピューティング技術は、

 ⇒・メインメモリからデータをGPU用メモリにコピー
 ⇒・CPUがGPUに対して処理を指示
 ⇒・GPUが必要なデータを取り込み各コアで並列実行処理する
 ⇒・結果をGPU用メモリからメインメモリにコピーと実行される。

(注記)CPUのコア数は数個から数十個程度だが、GPUのCUDAコア数は数千個もある。
 このため、同時に大量のデータを処理する「並列処理」が可能。


【参考】:Adobe Premiere Elements の GPU アクセラレーション
  GPU アクセラレーション機能により、エンコーディングパイプラインが高速化されるので、Adobe Premiere Elements での書き出し時間が短縮される具体例


【ノンリニア編集ソフトでのGPU アクセラレーション利用】

 ■ADOBE PREMIERE PRO


 ADOBE PREMIERE PROで、このGPU アクセラレーション機能を利用し、NVIDIA RTX の専用のエンコーダーとデコーダーでビデオ作業を高速化、ビデオ編集時間が最大 2.1 倍高速化した例が、NVIDIA Studio サイトで報告されています。



 ■DAVINCI RESOLVE(Blackmagic Design開発)


 同様に、このGPU アクセラレーション機能を利用し、NVIDIA RTX の専用のエンコーダーとデコーダーでビデオ作業を高速化、カラー グレーディングと編集時間を最大 50% 高速にした例も、NVIDIA Studio サイトで報告されています。




 これ以外にも、このNVIDIA GPUアクセラレーション機能で高速化されるビデオ編集(動画編集)アプリケーションソフトの例が多数あります。

 Adobe After Effects, Cyberlink Powerdirector, Filmora, JianYing, Notch, Redcine-x Pro, Topaz Labs Video Enhance AI, Vegas Pro, など

 以上のアプリは、NVIDIA Studio サイトの「ビデオ編集とモーション グラフィックス」で紹介例です。


 ■高性能 GPUの製品ラインナップとして

 NVIDIA GeForce RTX 30 シリーズ、Titan RTX 、または NVIDIA RTX A シリーズ以上を薦めています。

 【入門者(Creative Dabbler)向けクラスとして】

 GeForce RTX 3050〜、
 GeForce RTX 4050〜、
 Nvidia RTX A1000(6GB)〜、
 Nvidia RTX 2000 Ada Laptop GPU〜

 これ以上の性能のグラフィックスカードを薦めています。

【NVIDIA STUDIO 推奨PCとは 】

 ここまでに書いて来たように、動画編集(ビデオ編集)が出来る人気ソフト(ADOBE PREMIERE PRO, DAVINCI RESOLVE, Adobe After Effects, Cyberlink Powerdirector(¥517/月), Filmora, JianYing, Notch, Redcine-x Pro, Topaz Labs Video Enhance AI, Vegas Pro,)などをすでに利用している方、これから始めたい方を対象とした新しいコンセプトのパソコンです。


 NVIDIA Studio バッジは、認定製品に付与される


 NVIDIA社は、NVIDIA GPUアクセラレーション利用で高速化する動画編集(ビデオ編集)ソフトに最適化したスペックのパソコンを、NVIDIA STUDIO 推奨PCとして、NVIDIA Studio バッジ(写真)を付与し認定するなどして薦めているようです。

 現在、マウスコンピューターと日本HPなどから出ています。

【NVIDIA STUDIO 推奨PC 】2023年9月1日調査中

店舗(メーカー)
パソコン型番
グラフィックス
型番
CPU型式 メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
価格
(標準仕様)
代表ソフト
マウスコンピューター

14型液晶(ノングレア)
NVIDIA STUDIO 推奨PC
DAIV Z4-I7G50SR-B
GeForce RTX 3050 Laptop GPU
(GDDR6 6GB)
intel
Core i7-13700H
(14コア20スレッド
/1.8GHz- TB最大5.0GHz,
Smartcash 24MB)
32GB
(16GBx2, DDR5-4800)
SSD(M.2)
500GB
(NVMe Gen4×4)
199,800円
16型液晶
DAIV Z6-I7G50SR-A

209,800円

3Dアニメ
(Blender Cycles)、
ノンリニア編集
(Adobe Premiere Pro、DaVinci Resolve)、
Adobe CCなど
GIGABYTE

14型QHD+有機ELパネル
NVIDIA STUDIO対応ノートPC
クリエイターノートPC
AERO 14 OLED 9MF-E2JPBB4SP
GeForce RTX 4050 Laptop GPU
(GDDR6 6GB)
intel
Core i5-12500H
(12コア16スレッド
/1.7GHz- TB最大4.5GHz,
Smartcash 18MB)
16GB
(8GBx2, DDR5-4800)
SSD(M.2)
1TB
(PCIe Gen4x4 NVMe M.2)
215,800円
日本HP

NVIDIA StudioデスクトップPC
パフォーマンスモデル
HP ENVY Desktop TE02-0076jp
icon
GeForce RTX 3060 Ti
(GDDR6 8GB)
intel
Core i7-12700K
(12コア20スレッド
/GHz- TB最大5.0GHz,
Smartcash 25MB)
32GB
(16GBx2, DDR4-3200)
1TB M.2 SSD

(Gen4 PCIe NVMe)
233,000円

3Dアニメ
(Blender Cycles)、
ノンリニア編集
(Adobe Premiere Pro、DaVinci Resolve)、
Adobe CCなど
日本HP

16型ワイド・WQXGA液晶(ノングレア)
NVIDIA StudioノートPC
パフォーマンスモデルG2ノート
HP ENVY 16-h1000
icon
GeForce RTX 4060 Laptop GPU
(GDDR6 8GB)
intel
Core i7-13700H
(14コア20スレッド
/1.8GHz- TB最大5.0GHz,
Smartcash 24MB)
32GB
(16GBx2, DDR5-5200)
SSD(M.2)
2TB
(PCIe Gen4x4 NVMe M.2)
259,800円

3Dアニメ
(Blender Cycles)、
ノンリニア編集
(Adobe Premiere Pro、DaVinci Resolve)、
Adobe CCなど

 2023年8月29日制作


【本ページと関係深いページ】 :

  動画編集向け推奨スペックPC - Adobe Premiere, PowerDirector, After Effectsなど快適
  3DCG制作入門向けパソコン -Blenderが快適
  3DCGアニメ制作推奨PC - 3ds Max, Maya, Cinema 4Dなど快適
  Adobe Creative Cloud (CC) 推奨スペックPCモデル
  動画(ビデオ)編集パソコン一覧


27型ゲーミングモニター:29,800円より

ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • 動画編集(ビデオ編集)パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CC推奨仕様PC
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.