電脳獅子惑星ロゴ

3DCG制作入門向けパソコン -Blenderが快適

Blender(ブレンダー)・・・ソースコードの自由な利用や配布のできる統合型3DCG製作ソフト・・・2Dアニメーション製作ソフトであり・・・
(Update 2024. 6. 1)

記事ヘッダー写真

3DCG制作入門向けパソコン -Blenderが快適

(本ページはプロモーションが含まれています)
  2023年9月6日調査

【本ページと関係深いページ】 :
  3DCGアニメ制作推奨PC - 3ds Max, Maya, Cinema 4Dなど快適
  動画編集向け推奨スペックPC - Adobe Premiere, PowerDirector, After Effectsなど快適
  Adobe Creative Cloud (CC) 推奨スペックPCモデル


 Blender(ブレンダー)は、ソースコードの自由な利用や配布のできる統合型3DCG製作ソフトであり、2Dアニメーション製作ソフトであり、VFX向けデジタル合成ソフトであり、動画編集ソフトウェアです。

 Blenderにはそれぞれの用途に特化したファイルテンプレートが用意されています。

 3DCGでは、3Dモデリング、モーショングラフィックス、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、ポストエフェクト(コンポジット内)などの作業が可能となっています。

 2Dアニメーションでは、ベクターペイントや中割りや撮影処理などの作業が可能となっています。

 VFX向けデジタル合成では、キーイングやロトスコープ(マスキング画面)やマッチムーブなどの作業が可能となっています。

 動画編集では、プロキシ編集(プロキシ編集で解像度を下げて保存したファイルにしておけば、低スペックのパソコンでも、書き出し時に元データに戻すことができるため、編集できる)などの作業が可能となっています。(注記1参照)


 また、Blenderは一般的な3DCGソフトウェアと比較すると軽量かつ多機能ながらライセンス料が無料なため、アマチュア層にも普及しています。

 さらに、Blenderは、Windows(バージョン8.1、10、11)、macOS(10.13以上)、Linuxなど複数のOS環境上で動作します。


 またBlenderはグラフィック向けワークステーションが必要なプロ向けソフトと比較すると負荷が低いため、一般向けのPCにビデオカードを追加する程度で始めることができます。


 以上のように、Blenderは無料で使用でき、一般的な3DCGツールに求められるほぼ全ての機能を含んでいるため、プロだけでなく、これから3DCG制作を始めるユーザーにとっても非常に有力なツールとなります。

 【注記1】
  Blenderは、あくまで3DCG制作ソフト。基本的は3Dモデリングをするためのソフトで、簡単な動画編集をする機能もついている。動画編集機能としては必要な機能が少ないため、使いにくいという意見もある。

 【業界スタジオにおける導入状況】

 3DCG業界やアニメ業界ではMayaや3ds Maxなどプロ向けのソフトが標準となっているが、近年では機能が強化されたことで利用する動きもある。

 アニメ制作会社・カラーと、その子会社であるプロジェクトスタジオQは、従来使用してきた3ds MaxからBlenderへの移行を進めており、2021年7月に公開終了(終映)した『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』においてもBlenderの「実地検証」を実施している。
 また、両社はBlender財団への賛同と開発資金の提供を発表した。

 2018年公開のネクスト ロボ(中国・米国・カナダの共同制作によるSFアクションアニメ映画)ではBlenderが全面的に使用された。

 Goodbye Kansa Studioは、Unity の Adam デモ、Walking dead season 8などでblenderを採用した。

 Ubisoft Animation Studio は2020年より社内の3Dソフトウェアを全面的にblenderに移行することを表明した。

 (以上、ウィキペディア(Wikipedia)からBlender記事を引用させて頂きました。


 【GeForce RTX GPUアクセラレーションで最大 10.3 倍高速にレンダリングした例】


 NVIDIAの「Geforce RTX 3080 GPU」を搭載したPCで、3D アニメーション制作で、最大 10.3 倍高速にレンダリングした例が、NVIDIA Studio サイトで報告されています。


 ●GPUアクセラレーション機能の利用

GeForce RTX 3060 または NVIDIA RTX A3000 以上を推奨。大きく複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、大容量のグラフィックス メモリを搭載した GPU を利用。GeForce RTX 4080 16GB、NVIDIA RTX A5500 以上。



 このページでは、Blenderを使用し、快適に3DCG制作作業の行えるスペックのパソコンを調査して見ました。

【BlenderのPC要求推奨スペック】

 ■64-bit 8コア CPU(最小:4コア)
 ■32 GB RAM(最小:8GB)
 ■2560×1440 display(最小:フルHD1920x1080)
 ■3ボタンマウス or ペンタブレット
 ■グラフィックカード:8 GB RAM(最小:2GB、OpenGL 4.3
 (公式サイトSystem Requirements for Blenderより引用)


 【Blenderが快適な3DCG制作入門パソコン】 :
  2023年9月6日調査制作

店舗(メーカー)
パソコン型番
グラフィックス
型番
CPU型式 メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
価格
(標準仕様)
対象ソフト
パソコン工房

ミニタワー型
CGWORLDコラボ
3DCG制作入門向けPC

iiyama SENSE-M0P5-R45-RBX
icon
GeForce RTX 3060
(GDDR6 12GB)

OpenGL4.6
AMD
Ryzen 5 4500
(6コア12スレッド
/3.6GHz- TB最大4.1GHz,
L2+L3cash 11MB)
16GB
(8GBx2, DDR4-3200)
M.2 SSD
500GB
(NVMe)
118,800円

Blender

CG・映像専門メディア
「CGWORLD」と
パソコン工房が
コラボして
「Blender」が快適なスペックを検証したPC
パソコン工房

ミニタワー型
CGWORLDコラボ
3DCG制作入門向けPC

SENSE-M07M-134F-RBX
icon
GeForce RTX 3060
(GDDR6 12GB)

OpenGL4.6
intel
Core i5 -13400F
(10コア16スレッド
/1.8GHz- TB最大4.6GHz,
Smartcash 20MB)
16GB
(8GBx2, DDR5-4800)
M.2 SSD
500GB
(NVMe)
138,800円

Blender

CG・映像専門メディア
「CGWORLD」と
パソコン工房が
コラボして
「Blender」が快適なスペックを検証したPC
ツクモ(Tsukumo)

タワー型(ATX)
G-GEAR AMD x Blender
3DCGソフト最適化モデル

エントリーモデル
WA5A-A221B/BL
AMD
Radeon RX 6500 XT
(GDDR6 4GB)

OpenGL4.6
AMD
Ryzen 5 5600G
(6コア12スレッド
/3.9GHz- TB最大4.4GHz,
L2+L3cash 19MB)
16GB
(8GBx2, DDR4-3200)
1TB SSD
(M.2 /NVMe)
159,800円

Blender

Blender動作推奨スペックPC
ハイエンドモデルなど
4機種を準備
マウスコンピューター

14型液晶(ノングレア)
NVIDIA STUDIO 推奨PC
DAIV Z4-I7G50SR-B

16型など全3機種あり!
GeForce RTX 3050 Laptop GPU
(GDDR6 6GB)
intel
Core i7-13700H
(14コア20スレッド
/1.8GHz- TB最大5.0GHz,
Smartcash 24MB)
32GB
(16GBx2, DDR5-4800)
SSD(M.2)
500GB
(NVMe Gen4×4)
199,800円
16型液晶
DAIV Z6-I7G50SR-A

209,800円

3Dアニメ
(Blender Cycles)、
ノンリニア編集
(Adobe Premiere Pro、DaVinci Resolve)、
Adobe CCなど
ツクモ(Tsukumo)

タワー型(ATX)
G-GEAR AMD x Blender
3DCGソフト最適化モデル

スタンダードモデル
WA7A-B221B/BL
AMD
Radeon RX 6600 XT
(GDDR6 8GB)

OpenGL4.6
AMD
Ryzen 5 5800X
(8コア16スレッド
/3.8GHz- TB最大4.7GHz,
L2+L3cash 36MB)
16GB
(8GBx2, DDR4-3200)
1TB SSD
(M.2 /NVMe)
234,800円

Blender

Blender動作推奨スペックPC
ハイエンドモデルなど
4機種を準備

 2023年9月6日調査制作


【本ページと関係深いページ】 :

  3DCGアニメ制作推奨PC - 3ds Max, Maya, Cinema 4Dなど快適
  動画編集向け推奨スペックPC - Adobe Premiere, PowerDirector, After Effectsなど快適
  動画(ビデオ)編集パソコン一覧
  Adobe Creative Cloud (CC) 推奨スペックPCモデル
  動画編集(ビデオ編集)は、NVIDIA Studio PC の時代へ


27型ゲーミングモニター:29,800円より

ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • 動画編集(ビデオ編集)パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CC推奨仕様PC
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.