電脳獅子惑星ロゴ

3DCGアニメ制作推奨PC - 3ds Max, Maya, Cinema 4Dなど快適

3DCGアニメーション制作の Mayaや3ds Maxなど・・・プロ向けのソフトを使用し、快適に3DCG制作作業の行えるスペックの・・・
(Update 2024. 4.20)

記事ヘッダー写真

3DCGアニメ制作推奨PC - 3ds Max, Maya, Cinema 4Dなど快適

(本ページはプロモーションが含まれています)
  2023年9月23日更新

【本ページと関係深いページ】 :
  動画編集向け推奨スペックPC - Adobe Premiere, PowerDirector, After Effectsなど快適
  3DCG制作入門向けパソコン -Blenderが快適
  動画編集パソコン一覧
  Adobe Creative Cloud (CC) 推奨スペックPCモデル


 3D モデリングとアニメーションを実現する、Mayaや3ds Maxなど、プロ向けのソフトを使用し、快適に3DCG制作作業の行えるスペックのパソコンを調査して見ました。


 主な対象の3DCGソフトウェアは、プロプライエタリ(proprietary)と言う知的財産権を保有のものですが、無料版のDaVinci Resolveや、フリーで、ソースコードを公開している無料ソフトBlenderなどもあります。


 ←写真は、CG動画制作リアルタイムレンダリング・レイトレーシング向けクリエイターパソコン(パソコン工房)
icon



 【主要な3DCGアニメーション制作ソフトの概要】

Autodesk Maya(30日間無料版を見る) : 有名なハイエンドの3DCGアニメーションソフト。
  3D アニメーション、モデリング、シミュレーション、レンダリング用CGソフトウェア。パワフルな統合ツールセットが用意されており、アニメーション、環境、モーション グラフィックス、バーチャル リアリティ、キャラクタの作成。
 ハリウッドをはじめとする映像現場で使われているプロ仕様のハイエンドソフト。映画・アニメ制作会社・テレビ番組・ゲーム・CMの制作に使用されている。範囲(シェア)で言えば、VFX(Visual Effects:視覚効果)で圧倒的だった。


Autodesk 3ds Max(30日間無料版を見る) : 有名な 3DCG作成用の統合型ハイエンド編集ソフト。
 3D モデリング、アニメーション、レンダリング CGソフトウェア。レンダラーとして、Arnoldを標準搭載し、非常にインタラクティブで、フォトリアルなレンダリングを実現。
 広大なゲーム世界、設計のビジュアライゼーションにおける印象的なシーン、魅力的なVR( Virtual Reality: 仮想現実 )体験などを創造できると言う。
 キャラクターアニメーションや映像やCAD製品との連携、それらの分野に使用されることが多い。AutoCADとの連携を高め、キャラクターアニメーション制作に役に立つcharacter studioというソフトウェアも標準機能として搭載。


Cinema 4D(¥7883円/月) : 3Dコンピュータアニメーション、モデリング、シミュレーション、レンダリングソフトウェア(ドイツMAXON Computer社)。
 高速でパワフル、柔軟で堅牢なツールは、デザイン、モーショングラフィックス、VFX(visual effects:視覚効果)、AR(Augmented Reality:拡張現実)/MR(Mixed Reality:複合現実)/VR(Virtual Reality:仮想現実)、ゲーム開発、そしてあらゆるタイプのビジュアライゼーションのプロに、3Dワークフローをよりスムーズで効率的なものにすると言う。
 3DCGソフトの中でもモデリングからアニメーションまで感覚的に作業ができ、モーショングラッフィクス制作との相性がよく、After Effectsとの連携もシームレスに行えるため、これから3DCGを始めようと思っている人にもお薦めのソフトである。


DaVinci Resolve(DaVinci Resolve 無償版ダウンロード。DaVinci Resolve Studio 有償版) :
 ハリウッドで圧倒的シェアを持つ統合型のポストプロダクションソフトウェア(豪Blackmagic Design開発)。ハリウッド映画では、8割前後の作品がなにかしらのかたちで利用しているという。オフライン・オンライン動画編集、音声編集、2D・3Dデジタル合成、カラーコレクション・グレーディング、メディア管理、映画用オーサリング、動画共有サイトへの投稿などが可能。


Blender(Blenderダウンロードはページ最下部) : 無料で使用でき、ソースコードの自由な利用や配布のできる統合型3DCG制作ソフトであり、2Dアニメーション制作ソフトであり、VFX向けデジタル合成ソフトであり、動画編集ソフトウェア。中国・米国・カナダの共同制作によるSFアクションアニメ映画(ネクスト ロボ)でBlenderが全面的に使用された。
 一般的な3DCGツールに求められるほぼ全ての機能を内包するため、プロだけでなく、これから3DCG制作を始めるユーザーにとって非常に有力なツール。
 詳細は→●3DCG制作入門向けパソコン -Blenderが快適


 以上、良く知られた主要な3DCGアニメーション制作ソフトについて、その概要を説明しました。

 グラフィックボードが必要な場合もあります。これはソフトによって異なりますが、有名な人気の動画編集ソフトのほとんどは、GPU性能のサポートを受けて、レンダリング、エンコード、デコードなどで作業効率が格段に上がるソフトです。

 本ページで対象とするソフトウェアは、このNVIDIA GPUアクセラレーション機能のメリットを受ける、GPUで高速化アプリで、およそ下のようになります。


【3DCGアニメーション制作ソフトウェア一覧(GPUで高速化アプリ)】

 Adobe Substance 3D (Designer, Painter, Sampler, Stager), Autodesk 3ds Max, Autodesk Arnold, Autodesk Maya, Blender, Cinema 4D, D5 Render, DaVinci Resolve ,Daz Studio, Enscape, Houdini, Keyshot(3Dリアルタイムレンダリング及びアニメーション作成ソフト), Lumion, NVIDIA Iray, Marmoset Toolbag, OctaneRender, Pixar Renderman, Redshift(世界初の完全に GPU アクセラレーションを備えたバイアス レンダラー), Rhino, Twinmotion, Unity, Unreal Engine, V-Ray


(注記)NVIDIA GPUアクセラレーション機能のメリット
 これは、CPUの処理の一部をグラフィックスカード(GPU)に並列実行処理してもらうと処理が高速化できるというものです。
 上の表に挙げた制作ソフトは、GPUで高速化する(できる)アプリということになります。

 詳しくは→●動画編集(ビデオ編集)は、NVIDIA Studio PC の時代


【GPUアクセラレータでカラーグレーディングと編集時間を最大 50% 高速にした例】


DaVinci Resolve
 GPU アクセラレーション機能を利用し、NVIDIA RTX の専用のエンコーダーとデコーダーでビデオ作業を高速化、カラー グレーディングと編集時間を最大 50% 高速にした例が、NVIDIA Studio サイトで報告されている。



 【主要な3DCGアニメ制作ソフト推奨の動作環境】


 次に、動画編集(ビデオ編集)は、NVIDIA Studio PC の時代でも紹介した、NVIDIA社の「Nvidia studio のサイト」をよく読んでみますと、制作ソフト推奨の動作環境は、およそ下記のようになりました。


【3DCGアニメーション制作ソフト推奨のグラフィックスカード】

  ●GeForce RTX 3060 または NVIDIA RTX A3000 以上を推奨。
  ●大きく複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、大容量のグラフィックス メモリを搭載した GPU を利用。
   それは、GeForce RTX 4080 16GB、NVIDIA RTX A5500 以上

 (以上の出典は、GPUでクリエイティブ アプリの高速化-Nvidia studio のサイトを参照しました。)


【3ds Max/ Maya推奨の動作環境(CPU・メモリー・ストレージ)】

  ●CPU: Core i7やCore i9、Ryzen 7、Ryzen9のCPUがお薦め。
   レンダリングの処理にはCPUコア数の多さが威力を発揮する。処理速度を優先する場合にはインテルCore XシリーズのCPUがよい。

  ●メモリ: 3ds Maxなどが様々な制作ソフトウェアを併用するには、32GB以上のメモリ容量が必要となる。 4K・8K解像度向けの複雑なシミュレーションを実施するには、さらに多くのメモリ容量64GBが必要となる。プロのワークフローでは64GBの搭載がお薦め

  ●ストレージ(SSD・HDD): 高速なSSDがお薦め。データの大容量化に伴い、メインドライブに大容量SSDをお薦め。

  以上の出典は、
  ・3ds Maxゼネラリストに最適なスペックのお薦めパソコンーパソコン工房
icon
  ・CGWORLDコラボ|Mayaモデラー向けパソコンーパソコン工房
icon

【 快適に3DCGアニメーション制作できる推奨PC一覧表 】
  2023年9月23日更新

店舗(メーカー)
パソコン型番
グラフィックス
型番
CPU型式 メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
安い順価格
(標準仕様)
対象ソフト
パソコン工房

CGWORLDコラボ | Mayaアニメーター向けパソコン
ミニタワー型
iiyama SENSE-M0P5-R75G-NAX
icon
NVIDIA GeForce RTX 3050 8GB (GDDR6) AMD Ryzen 7 5700G
8コア16スレッド / 3.8GHz - Boost 4.6GHz
16GB(8GBx2)
DDR4-3200
500GB M.2 SSD
(NVMe対応)
参考価格
127,800円
マザーチップセット :AMD B550

全10機種あり!
CG映像の専門CGWORLDとコラボのPC
パソコン工房

Mayaモデラー向けパソコン
ミニタワー型
iiyama SENSE-M07M-137F-SAX
icon
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB (GDDR6) intel Core i7- 13700F
16コア24スレッド / 2.1(1.5)GHz- Boost 5.2GHz
16GB(8GBx2)
DDR5-4800
500GB M.2 SSD
(NVMe対応)
参考価格
198,800円
マザーチップセット :インテル B760

全10機種あり!
パソコンショップSEVEN

3DCG動画クリエイター向けの動画編集PC
EFFA G03D

フルカスタムBTOショップの1つ
GeForce RTX 4060
(GDDR6 8GB)
intel
Core i7-13700F
(16コア24スレッド
/2.1GHz- TB最大5.2GHz,
Smartcash 30MB)
16GB Crucial製
(8GBx2, DDR4-3200)
1TB SSD

(NVMe Gen.4対応 WD製)
228,580円

Autodesk Maya/
Autodesk 3dsMAX/
Cinema4D/
After Effects/
●フルHDの動画編集
マウスコンピューター

14型液晶(ノングレア)
NVIDIA STUDIO 推奨PC
DAIV Z4-I7G50SR-B

16型など全3機種あり!
GeForce RTX 3050 Laptop GPU
(GDDR6 6GB)
intel
Core i7-13700H
(14コア20スレッド
/1.8GHz- TB最大5.0GHz,
Smartcash 24MB)
32GB
(16GBx2, DDR5-4800)
SSD(M.2)
500GB
(NVMe Gen4×4)
199,800円
16型液晶
DAIV Z6-I7G50SR-A

209,800円

●Adobe Premiere Pro/
●DaVinci Resolve/
●Blender Cycles/
●Adobe CC
日本HP

NVIDIA StudioデスクトップPC
パフォーマンスモデル
HP ENVY Desktop TE02-0076jp
icon
GeForce RTX 3060 Ti
(GDDR6 8GB)
intel
Core i7-12700K
(12コア20スレッド
/GHz- TB最大5.0GHz,
Smartcash 25MB)
32GB
(16GBx2, DDR4-3200)
1TB M.2 SSD

(Gen4 PCIe NVMe)
233,000円

●Adobe Premiere Pro/
●DaVinci Resolve/
●Blender Cycles/
●Adobe CC
サイコム(Sycom)

3DCG・CAD・映像編集などプロ向けPC
Lepton Motion Pro Mini B660/D4(ミニタワー型)

2週間無償お試しキャンペーン中
GeForce RTX4060 8GB
(ASUS製)
(8GB )
Core i7-13700K
(16コア24スレッド 、定格2.5GHz ターボ最大5.4GHz、30MBスマートキャッシュ)
32GB(メジャーチップ)
(16GB×2, DDR4-3200)
1TB SSD Crucial製
(M.2 PCI-E GEN4)
263,310円(安価)

●Cinema 4D/
●DaVinci Resolve/
●Blender
/
●After Effects/
●Premiere Pro

全2機種あり!
マウスコンピュータ

DaVinci Resolve 推奨PC
DAIV FX-I7G80
GeForce RTX 4080 16GB (GDDR6X) Core i7 -13700KF
(16コア24スレッド 、定格2.5GHz ターボ最大5.4GHz、30MBスマートキャッシュ)
32GB
(16GB×2; DDR5-4800)
2TB (NVMe Gen4×4) 419,800円
インテル Z790 チップセット
パソコン工房

3ds Maxゼネラリスト向けパソコン
ミドルタワー型
iiyama SENSE-F0X7-LCR79-XLX
icon
NVIDIA GeForce RTX 4090 24GB (GDDR6X) AMDRyzen 9 7900
12コア24スレッド / 3.7GHz- Boost 5.4GHz
32GB(16GBx2)
DDR5-4800
1TB M.2 SSD
(PCIe 4.0×4
/ NVMe対応)
参考価格
469,800円
マザーチップセットAMD X670

全3機種あり!

 2023年9月20日調査制作


【本ページと関係深いページ】 :

  動画編集向け推奨スペックPC - Adobe Premiere, PowerDirector, After Effectsなど快適
  3DCG制作入門向けパソコン -Blenderが快適
  動画(ビデオ)編集パソコン一覧
  Adobe Creative Cloud (CC) 推奨スペックPCモデル
  動画編集(ビデオ編集)は、NVIDIA Studio PC の時代へ


27型ゲーミングモニター:29,800円より

ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • 動画編集(ビデオ編集)パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CC推奨仕様PC
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.