電脳獅子惑星ロゴ

ゲーム実況・配信のストリーマー推奨PC(フルカスタムBTO)一覧

 実況・配信向けのストリーマー (Streamer) PC・・・フルカスタムでBTO注文できる PCショップがないかと探して・・・結構あった・・・推奨一覧表
(Update 2024. 6. 1)

記事ヘッダー写真

ゲーム実況・配信のストリーマー推奨PC(フルカスタムBTO)一覧

(本ページはプロモーションが含まれています)
 2024年2月3日調査

【本ページと関係深いページ】 :
  フルカスタムBTOできる ARMORED CORE VI 推奨パソコン一覧
  フルカスタムに出来るBTOショップの一覧

 本ページは、 『 実況・配信者向けのストリーマー (Streamer) PC 』が、フルカスタムで、BTO注文できる PCショップがないかと探して見たら、結構あったので、その調べた結果を「推奨パソコン一覧表」としてまとめたものです。

【ゲーム実況・配信向けパソコン選びのポイント】

 YouTubeやTwitch、ニコ生などの動画配信プラットフォームでPCゲームの実況・配信を快適に行いたい方にお薦めのパソコンを紹介します。



 写真は、マウスコンピュータの『ゲーム配信・ゲーム実況向けセットモデル』より

 
 ゲーム実況をする際にはゲーム以外に、OBS(Open Broadcaster Software」などの配信ソフトを同時に実行する必要があるので、「そのゲームが快適にプレイできるスペックよりも、1グレード〜2グレード高いスペックのゲーミングPC」を推薦します。

 また、Vtuberとして活動する場合は、表情や体の動きを3Dモデルに反映するトラッキングソフトを同時に実行する必要があります。FaceRigやVtube Studioが代表的です。
 (パソコンショップSEVEN「ゲーム実況・配信向けパソコン人気ランキング」より引用


【フルカスタムでBTO注文できるメリット】

 1.コストパフォーマンス(既製品より安い)
 2.カスタマイズ性(好み・予算に合わせて選べる)
 3.最新技術や高性能パーツを盛り込める
 4.拡張性と自由度の高さ
 5.アップグレードが容易で長期にわたって使い続けられる
 6.PCに関する知識とスキルの向上
 7.個別パーツの保証
 (プラモデルよりも簡単!世界に1台だけが手に入る「自作PC」のススメ(PC Watch:PC自作の7つのメリットより引用させて頂きました)

 ゲームの遊び方や、PC形状や外観、PCパーツなどの好み、そして肝心の予算などは、一人一人違うものです。

 1番に挙がっているコスパが良い・既製品より安いの意味は、フルカスタマイズできるBTOショップでの、構成パーツは、「部品メーカーと型番を明記」していることなのです。このため、7.個別パーツの保証につながる訳です。
 初心者なら、最低限度の「推奨動作環境」のスペックからパーツを選べば良いし、そうすることが出来ます。
 そして上達して来たら、4.拡張性と自由度あるフルカスタムPCにして置いたのですから、もう少し高性能のPCパーツに自由にアップグレードすることが出来ます。そのため、5.長期にわたって使い続けられるPCとなります。


【パソコンでライブ配信・動画投稿をするために必要な機材】

 ◆パソコン本体と仕様

  ・パソコンでゲーム配信を行う場合、基本的にはゲームをプレイするパソコンと配信を行うパソコンが同じものとなります。
  ・ビデオカードが重要となり、快適にゲームをプレイするためには、できるかぎりハイスペックのビデオカードを採用したいところです。
  ・CPUに関しても、動画配信ソフトは、エンコードにCPUパワーを利用するのが基本なので、「Intel Core i5」か「AMD Ryzen 5」以上のCPUは必須です。
  ・OBS Studioなどの配信ソフトの場合、エンコードエンジンとしてGPUの利用も可能なので、CPUへの負荷が大きい場合は、GPUエンコードを利用してみましょう。
  ・メモリは最低でも16GB以上は搭載するのがお薦めです。
  ・1台のパソコンでゲームプレイと配信を行うと、どうしても負荷が大きくなってしまうため、あえてゲームプレイ用と配信用でパソコンを分けている方もいます。

 ◆ゲーム機本体・スマートフォン

  ・家庭用ゲーム機向けのゲームやスマートフォンでプレイするスマホゲームを配信する場合は、当然のことながら、家庭用ゲーム機本体+ゲームソフト、あるいはスマートフォンが必要となります。


 (詳細な解説は、サイコム(sycom)にて確認下さい)


PC本体、マウス、キーボード、ヘッドセット、WEBカメラ、オーディオインターフェイス、キャプチャーボード、マイク、液晶ディスプレイなど



  ・キャプチャーカード
   家庭用ゲーム機などを使ってゲーム配信をする場合、家庭用ゲーム機とパソコンを繋ぐためにキャプチャーカードと呼ばれるデバイスが必要となります。
   キャプチャーカードは、ゲーム機が出力する映像をパソコンに取り込むために必須で、キャプチャーカードを通すことによって、パソコンに録画したり、配信することができるようになります。

 ◆マイク&ヘッドホン

  ・「ゲーム実況」とも呼ばれる通り、配信者の声も大事な要素となりますので、一切喋らずに配信するのではない限り、マイクを用意する必要があります。
  また、ゲームの音などをスピーカーで流すと、マイクが音を拾って二重になってしまったり、ハウリングを起こしたりする可能性があるため、自分の声やゲームサウンドなどを確認するためにはヘッドホンも必須アイテムと言えます。
  ・通常の配信であれば、マイクとヘッドホンが一体となった「ヘッドセット」と呼ばれるものでも十分ですが、音質にこだわるのであれば、“コンデンサーマイク”と呼ばれる単体のマイクを利用しましょう。


【ゲーム実況・配信者ストリーマー推奨PC(フルカスタムBTO)一覧表】
  2024年2月3日調査

店舗(メーカー)
パソコン型番
グラフィックス
型番
CPU型式 メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
安い順価格
(標準仕様)
パソコンショップSEVEN

【 ゲーム実況・配信向けパソコン ZEFT】
基本モデル(ZEFT Z45GR)

ミドルタワーケース
NZXT製
H5 Flow White(標準)
BTO選択:他ケース 23種類
電源ユニット 10種類
RTX4070Ti Super Windforce OC
16GB (GDDR6X)
GIGABYTE製
(標準)

BTO選択:
他GPU 25種類
Core i7-14700KF
(標準)
20Core/28Th
3.4GHz-Max5.5GHz
/L3-33MB
水冷クーラー
Cooler
Master製


BTO選択:
他CPU 8種類
32GB
(16GBx2枚)(標準)
DDR4-3200
Crucial製

BTO選択:
他Memory 6種類
1TB M.2 SSD
(NVMe Gen4)
(標準)
Black SN770
WD製

BTO選択:
他SSD 11種類
参考価格
289,800円〜
全15機種
Windows11 Home/Pro
DVDドライブ
マザーボード:
ASUS製
TUF B760M-PLUS WIFI D4
(標準)

BTO選択:
他マザー 8種類

構成部品
メーカー
と型番を明記!
パソコンSHOPアーク

arkhive CREATOR Limited CL-A7G47R
【 配信者やコンテンツ制作者向けパソコン 】
AC-AR8B65AGL7-FPA

ミドルタワーPCケース
Fractal Design製
Pop Air RGB Orange Core TG Clear Tint (標準)
BTO選択:750W-1000W
電源 29種類
GeForce RTX 4070
12GB(GDDR6X)(標準)

BTO選択
RTX 3060-4070 Super
他GPU 16種類
AMD
Ryzen 7 7700X

8Core/16Th
4.5GHz-
Max5.4GHz
L2+L3 cash
40MB
(標準)

BTO選択
Ryzen 5 7600
- 9 7950X3Dまで
他CPU 7種類
32GB
(16GBx2)
DDR5-5600(標準)
Kingston製 FURY Beast

BTO選択
16MB-96MB他Memory24種類
【NVMe・PCIe4.0】
2TB SSD M.2
(PCIe Gen4 x4)
(標準)
SK Hynix 製
Platinum P41
シリーズ

BTO選択
500GB - 8TB
他SSD 24種類
参考価格
326,800円
Windows 11/10 Home/Pro 64bit
マザーボード:
配信者や
コンテンツ
制作者向け
マザー
ASRock 製
B650 LiveMixer
ATX
(標準)

BTO選択:
他マザー 0種類

構成部品
メーカー
と型番を明記!
サイコム(Sycom)

【ライブ配信向けの水冷ハイエンドモデル】
Lepton WS3500Z790-A/D5 Stream Box

ミドルタワー型ケース
Fractal Design製
Define 7 Compact White TG Clear Tint(標準)
BTO選択:他ケース 0種類
GeForce RTX 4070 12GB (GDDR6)
MSI製
VENTUS 2X E 12G OC
(標準)

BTO選択:
GeForce RTX 4060〜RTX 4090まで
他GPU 26種類
Core i7 -14700K
20Core/28Th
3.4GHz
-5.6GHz
/L2 28MB+L3 33MB
水冷Cooler
ユニット

(標準)

BTO選択:
他CPU16種類
32GB
(16GBx2)
メジャーチップ・JEDEC準拠
(DDR5-4800)(標準)

BTO選択:
16GB〜128GBまで
他Memory 3種類
1TB M.2 SSD
(PCIe Gen 4)
Crucial製
T500
(標準)

BTO選択:
500GB
〜 4TBまで
他SSD 11種類
参考価格
380,770円〜
Windows10/11 Home/Pro (64bit)

マザーボード:
ASRock製Z790 LiveMixer
(Z790chipset)

構成部品
メーカー
と型番を明記!


BTO選択:
他マザー 0種類
アストロメダ(astromeda)
株マイニングベース

【 ASTROMEDA ストリーマーPC 】
Ryzen7 7800X3D/ RTX4070 12GB

ミドルタワーPCケース
製 (標準)
BTO選択
650W -850W
電源 3種類
GeForce RTX 4070
12GB(ブラック)(標準)

BTO選択
RTX 4070
- RTX 4090 24GB
他GPU 4種類
AMD
Ryzen7 7800X3D

8Core/16Th
4.2GHz-Max5.0GHz
L2+L3 Cash
96MB
水冷CPU
クーラー
(標準)

BTO選択
Ryzen 7 7800X3D
-Ryzen 9 7950X3Dまで
他CPU 4種類
32GB
(16GBx2)
DDR5-5200(標準)

BTO選択
32MB-128MB他Memory5種類
NVMe Gen4
1TB SSD M.2
(標準)

BTO選択
1TB-2TB
他SSD 2種類
参考価格
299,800円
Windows 11/10 Home/Pro 64bit
マザーボード:
配信者や
コンテンツ
制作者向け
マザーボード
ASRock 製
B650
LiveMixer
(標準)

BTO選択:
他マザー 0種類
マウスコンピュータ
機材セットモデル

『ゲーム配信・ゲーム実況向けセットモデル』
G-Tune DG-I5G60

ミニタワー型ケース
(標準)

BTO選択:他ケース 8種類
GeForce RTX 4060
8GB (GDDR)
(標準)

BTO選択
他GPU 1種類
Core i5 -13400F

10Core/16Th
/2.5GHz
-Max4.6GHz
/Cash20MB

BTO選択
水冷CPUクーラー
選択可
他CPU 2種類
32GB
(16GBx2)
DDR5-4800

BTO選択
他Memory 1種類
1TB NVMe SSD
(M.2 PCIe Gen4 x4)
(標準)

BTO選択
1TB-2TB
他SSD 3種類
PC本体、マウス、
キーボード、
ヘッドセット、
キャプチャーボード、
マイク、液晶
ディスプレイ付属

参考価格
239,800円〜
Windows 11 Home/Pro
ミドルレンジ帯
全4機種!
マザーボード:
intel B760 chipset
(Micro ATX)
部品メーカー
記載なし

  2024年2月3日制作

【本ページと関係深いページ】 :
  フルカスタムBTOできる ARMORED CORE VI 推奨パソコン一覧
  フルカスタムに出来るBTOショップの一覧

 ※注記)
 ●ゲーム業界の「ストリーマー」とは
  ゲーム業界の「ストリーマー (streamer) 」とは、ゲーム実況やゲーム解説動画、eスポーツのライブ映像などを配信する人のことを指し、「eスポーツストリーマー」と呼ばれることもあるという。

 ストリーマーは、Twitch(ツイッチ)(※注記)や、YouTubeのゲーム配信・実況での再生回数、視聴者からの投げ銭などを主な収入源とし、ゲーム業界における新たな職業としても注目されているようだ。
 (ストリーマーってどんな人?【eスポーツ・ゲーム配信用語解説】(トランス)より引用

 ●Twitch(ツイッチ):
  ライブストリーミング配信プラットフォーム。PCゲーム、ニンテンドーswitch、PS5などとの連携が容易で、ゲームプレイの生配信に強い。eスポーツ大会の独占配信も行い、世界中のプロゲーマー・ストリーマーの多くがこのプラットフォームを中心に活動。

 ●ストリーマー、eスポーツ選手のプロゲーマーの違い
  ストリーマーがゲーム配信による視聴者からの投げ銭などで収益を得るのに対して、プロゲーマーは、eスポーツ競技大会に出場し賞金を獲得する、プロチームとしてスポンサーから収入を得る
 (トランスより引用


27型ゲーミングモニター:29,800円より

ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • 動画編集(ビデオ編集)パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CC推奨仕様PC
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.