電脳獅子惑星ロゴ

超高性能 3Dゲームパソコン ランキングTOP10(2016年7月)

NVIDIA社は、新しいフラッグシップである「GeForce GTX 1080/1070」を、AMD社も、「Radeon RX 480/470」 を、5-6月頃に発表、販売開始・・速報によれば、「Radeon RX 480」 は、・・・・
(Update 2019.10.05)

記事ヘッダー写真

超高性能 3Dゲームパソコン ランキングTOP10(2016年7月)

 【最も関連するページ】
 超高性能 3Dゲームパソコン ランキングTOP10最新版


 2016年7月中旬現在、最新ビデオチップGPU を採用のショップブランド各社の超高性能 3D ゲームパソコンの 機種をチェックし、筆者の独断と偏見によりランキング紹介しました。

 (「超高性能 3Dゲームパソコン ランキング」は、いつもながら、現状のSLI (またはCross Fire)方式パソコンの評価ランキングみたいなものです。残念ながら、今回も、Cross Fire方式の方の販売がありませんでした。)

 NVIDIA社は、新しいフラッグシップである最新の「GeForce GTX 1080/1070」 を、少し遅れて、AMD社も、「Radeon RX 480/470」 を、2016年5-6月頃に発表、販売開始しました。

 ニュース速報などによれば、「Radeon RX 480」 は、GeForce GTX 960と970の中間性能くらいで、Radeon RX 470は、「GeForce GTX TITAN」とほぼ同等の性能くらいかと言われています。

 すでにAMDは、2015年11月に、GPU、 「Radeon R9 380X」を発表しています。この「Radeon R9 380」なども含め、今回の調査では、まだ、SLI組み込みPC機種の対象には入っていませんでした。(見つかりませんでした。)

 このため、昨年冬のランキング版と比較して、真新しいグラフィックスカードを採用した機種の追加は、ほぼありませんでした。2016年7月版は、2015年12月ランキング版のマイナーチェンジとも言えます。

 ( このため、解説記事は、12月のランキング版とほぼ同じ内容です。)

 2015年度は、Nvidia社から、「GeForce GTX TITAN X」、「GeForce GTX 980 Ti」が発表されました。

 また、AMD社からは、「Radeon R9 Fury X 」、Fury X の下位に位置する「Radeon R9 Fury 」などが発売となりました。

 さて、このような2015年度の現状の中で、本テーマのPCランキング比較する前に、デスクトップ・ハイエンド仕様でのグラフィックカードの性能比較を客観的に眺めて置きたいと思います。


 この上の図は、「4Gamer.net」から引用させて頂いたものですが、ベンチマークの性能は、「GeForce GTX TITAN X」、「GeForce GTX 980 Ti」、「Radeon R9 Fury X 」の順になるようです。


 つまり、シングルGPUカードでは、

 GeForce GTX TITAN X > GeForce GTX 980 Ti > Radeon R9 Fury X

 ですが、2-Way SLI (CrossFire)以上になっても、特別の事情がない限りは、ほぼこの順となると思います。

 さて、今回のランキングは、「GeForce GTX TITAN X / 3-Way」、「GeForce GTX 980 Ti / 3-Way」、「GeForce TITAN X / 2-Way」、「GeForce GTX 980 Ti / 2-Way」、「GeForce GTX 980 / 2-Way」、といった順番となりました。

 そして、今回もまた、ほぼドスパラ中心のランキングとなってしまいました。それは、ハイエンド性能のデスクトップ型では、ドスパラが圧倒的に、多くの品揃えを用意しているためです。

 さらに、競合するマウスコンピュータ、パソコン工房(フェイスをサイト統合)などからは、2-Way(SLI) 方式は出ていますが、3-Way の高性能なモデルが、現在のところ、まだ発売されていないのです。

 ランキングは、あくまでサイト公開の標準仕様での順位で、同程度の仕様なら、価格の安いものを上位としました。当然、BTOカスタマイズした後には、大きく変動します。(調査時点で販売終了品は非掲載、売切れは掲載です。)

 注記)ランク付けについては、最下段の※注記2を参照下さい。価格は、カスタマイズにより大きく変化しますので、ホンの参考です。

超高性能 3Dゲームパソコン ランキング TOP 10: 2016年7月16日調査

ランキングと機種 イメージ グラフィック・CPUなど性能
1位

ドスパラ:
GALLERIA XK-E 3Way
ガレリア XK-E 3Way
詳細仕様


勝利を引き寄せるゲーム向け
レーザーマウス5ボタン付

ベンチマーク実測値
・3D mk FS(1920x1200) 測定値:24175(1.67倍)
・3D mk 11EX(1920x1080) 測定値:12371(?倍)


3Way - SLI接続で、カード1枚の約2.8倍の性能と言われるが、解像度(1920x1200)では2.45倍前後か?
・シングルカード3D mk FS(1920x1200) 測定値:14449
・シングルカード3D mk FSEX(2560×1440)測定値:7615

特価¥799,980円(在庫切れ)
●Windows 8.1 / 7 Pro 64bit インストール
X99 チップセットマザー
●GPU選択不可
3Way - SLI 仕様 】NVIDIA GeForce GTX TITAN X 12GB ×3(3枚 SLI接続
●CPU選択可
Core i7-5960X EE (8コア16スレッド対応、定格3.0GHz ターボMAX3.5GHz、L3キャッシュ20MB)
CPUクーラーは、標準付属品
32GB DDR4-17000 ( 8GB x 4 )
●OS起動SSD:500GB (Crucial MX200シリーズ)
●HDD :4.0TB SATA 3(6Gbps)
●ゲーム向け黒レーザーマウス5ボタン、オンボードHDサウンド、ブルーレイドライブ (読み書き対応)
ATX フルタワーケース InWin GR one
電源:ENERMAX EPM1350EWT (1350W 静音電源 / 80PLUS PLATINUM)
2位

ドスパラ:
GALLERIA XI-E 3Way
ガレリア XI-E 3Way
詳細仕様


勝利を引き寄せるゲーム向け
レーザーマウス5ボタン付

ベンチマーク測定値
・3D mk FS(1920x1080) 実測値 :24333(1.75倍)
・3D mk FSEX(2560×1440)推定値 :14886(2倍)

3Way - SLI接続で、カード1枚の約2.8倍の性能と言われるが、解像度(1920x1200)では2.45倍前後か?
・シングルカード3D mk FS(1920x1200) 測定値:13878
・シングルカード3D mk FSEX(2560×1440)測定値:7443

特価¥599,980円(在庫切れ)
●Windows 8.1 / 7 Pro 64bit インストール
X99 チップセットマザー
●GPU選択不可
3Way - SLI 仕様 】NVIDIA GeForce GTX980 Ti 6GB ×3(3枚 SLI接続
●CPU選択可
Core i7-5960X EE (8コア16スレッド対応、定格3.0GHz ターボMAX3.5GHz、L3キャッシュ20MB)
CPUクーラーは、標準付属品
32GB PC4-17000 ( 8GB x 4 )
●OS起動SSD:480GB (540sシリーズ)
●HDD :4.0TB SATA 3(6Gbps)
●ゲーム向け黒レーザーマウス5ボタン、オンボードHDサウンド、ブルーレイドライブ (読み書き対応)
ATX フルタワーケース InWin GR one
電源:ENERMAX EPM1350EWT (1350W静音電源 / 80PLUS PLATINUM)
3位

サイコム(Sycom):
G-Master SLI-X99
詳細仕様


ベンチマーク参考値
(ドスパラ参考値)
・3D mk FS(1920x1080) 実測値:20988(1.45倍)
・3D mk 11 EX(1920x1080) 実測値:10257(?倍)


2Way - SLI接続で、カード1枚の約 2.0倍の性能と言われるが、解像度(1920x1200)では1.8倍前後か?

・シングルカード3D mk FS(1920x1200) 測定値:14449
・シングルカード3D mk FSEX(2560×1440)測定値:7615
PCケース:Fractal Design Define R5
カスタマイズ価格¥490,420円〜
OSは、オプション選択
●X99 チップセットマザー
「ASRock X99 Extreme4」標準

サイコムの良い点:
パーツなど信頼度が高い
通販専門の有名サイト
(注記:GraphicsCard, 電源など一部カスタマイズ)
●GPU選択可
2Way - SLI 仕様 】NVIDIA GeForce GTX TITAN X 12GB ×2(2枚 SLI接続
●CPU選択可
Core i7-6800K (6コア12スレッド対応、定格3.4GHz ターボMAX3.8GHz、L3キャッシュ15MB)
8GB PC4-17000 (4GB×2/ クアッドチャネル)
●HDD :480GB (Crucial )
●キーボード:オプション選択
●サウンド:オンボードオーディオ、DVDスーパーマルチドライブ
定番静音ケースATX:Fractal Design Define R5
電源(選択):CoolerMaster V1200 Platinum 1200W(80PLUS Platinum)
4位

ドスパラ:
GALLERIA ZK SLI
ガレリア ZK SLI
詳細仕様


勝利を引き寄せるゲーム向け
レーザーマウス5ボタン付

ベンチマーク実測値
・3D mk FS(1920x1080) 実測値:20988(1.45倍)
・3D mk 11 EX(1920x1080) 実測値:10257(?倍)


2Way - SLI接続で、カード1枚の約 2.0倍の性能と言われるが、解像度(1920x1200)では1.8倍前後か?

・シングルカード3D mk FS(1920x1200) 測定値:14449
・シングルカード3D mk FSEX(2560×1440)測定値:7615

特価¥479,980円(在庫切)
●Windows 10 Pro 64bit インストール
X170チップセットマザー
●GPU選択不可
2Way - SLI 仕様 】NVIDIA GeForce GTX TITAN X 12GB ×2(2枚 SLI接続
●CPU選択可
Core i7-6700K (4コア8スレッド対応、定格4.0GHz ターボMAX4.2GHz、L3キャッシュ8MB)
CPUクーラーは、標準付属品
16GB PC4-17000 ( 8GB x 2 )
●OS起動SSD:250GB
●HDD :2.0TB SATA 3(6Gbps)
●ゲーム向け黒レーザーマウス5ボタン、オンボードHDサウンド、ブルーレイドライブ (読み書き対応)
ATX フルタワーケース InWin GR one
電源:SEASONIC SS-860XP2 (860W 静音電源 / 80PLUS PLATINUM)
5位

サイコム(Sycom):
G-Master SLI-X99
詳細仕様


ベンチマーク参考値
・3D mk FS(1920x1080) 18597(1.69倍)
・3D mk 11 EX(1920x1080) 10498(?倍)


SLI 接続で、カード1枚の約2倍の性能言われるが、解像度(1920x1200)では1.8倍前後か?
・シングルカード3D mk FS(1920x1200) 測定値:10998
・シングルカード3D mk FSEX(2560×1440)測定値:5603
PCケース:Fractal Design Define R5
カスタマイズ価格¥288,610円〜
OSは、オプション選択
●X99 チップセットマザー
「ASRock X99 Extreme4」標準

サイコムの良い点:
パーツなど信頼度が高い
通販専門の有名サイト
(注記:GraphicsCard, 電源など一部カスタマイズ)
●GPU選択可
2Way - SLI 仕様 】NVIDIA GeForce GTX 980 4GB ×2(2枚 SLI接続
●CPU選択可
Core i7-6800K (6コア12スレッド対応、定格3.4GHz ターボMAX3.8GHz、L3キャッシュ15MB)
8GB PC4-17000 (4GB×2/ クアッドチャネル)
●HDD :480GB (Crucial )
●キーボード:オプション選択
●サウンド:オンボードオーディオ、DVDスーパーマルチドライブ
定番静音ケースATX:Fractal Design Define R5
電源(選択):CoolerMaster V1200 Platinum 1200W(80PLUS Platinum)
6位

ツクモ :
G-GEAR neo SLIモデル
GX9J-E81/XT
詳細仕様


ベンチマーク参考値
・3D mk FS(1920x1080) 18597(1.69倍)
・3D mk 11 EX(1920x1080) 10498(?倍)


SLI 接続で、カード1枚の約2倍の性能言われるが、解像度(1920x1200)では1.8倍前後か?
・シングルカード3D mk FS(1920x1200) 測定値:10998
・シングルカード3D mk FSEX(2560×1440)測定値:5603

特価¥459,800円
●Windows 10 Pro インストール
X99チップセット
(ASUS X99-A (ATX))
●GPU選択可
2Way - SLI 仕様 】NVIDIA GeForce GTX 980 4GB ×2(2枚 SLI接続
●CPU選択可
Core i7-5960X EE (8コア16スレッド対応、定格3.0GHz ターボMAX3.5GHz、L3キャッシュ20MB)
16GB DDR4-2133(PC4-17000) ( 4GB x 4:クアッドチャネル)
●ストレージ:SSD 256GB MLC/SSD Toshiba製 (SATA3 接続 / 6Gbps)
●インテル ハイ・デフィニション・オーディオ
●ケース:テキストG-GEAR neo タワーケース (CM 690 III)
電源 :Enermax製 1000W 80PLUS PLATINUM対応
7位

ドスパラ:
GALLERIA ZG
ガレリア ZG
詳細仕様


勝利を引き寄せるゲーム向け
レーザーマウス5ボタン付

ベンチマーク実測値(ドスパラ)
・3D mk FS(1920x1080) 実測値:16930.4
 ・3D mk 11 EX(1920x1080) 実測値:9357
 ・その他各種のゲームベンチマーク


特価¥229,980円(3日で出荷)
●Windows 10 Home 64bit インストール
Z170チップセットマザー
●GPU選択不可
【シングル】NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB
●CPU選択可
Core i7-6700K (4コア8スレッド対応、定格4.0GHz ターボMAX4.2GHz、L3キャッシュ8MB)
CPUクーラーは、標準付属品
16GB PC4-17000 ( 8GB x 2 )
●OS起動SSD:250GB
●HDD :2.0TB SATA 3(6Gbps)
●ゲーム向け黒レーザーマウス5ボタン、オンボードHDサウンド、ブルーレイドライブ (読み書き対応)
ATX  オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
電源:Enhance 800W 電源 (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)

 ※注記1)3D mark 11対応ベンチマーク
 ・Quad - SLI 接続では、カード1枚の約 3.4倍の性能と言われるが、通常(パフォーマンス1280x1024)では、2倍超程度、Extreme(1920x1200)では、3.2倍程度としました。

 ・3Way - SLI接続では、カード1枚の約2.8倍の性能と言われるが、通常(パフォーマンス1280x1024)では、1.9倍程度、Extreme(1920x1200)では、2.45倍前後としました。

 ・SLI(CFX)接続で、カード1枚の約2倍の性能言われるが、通常(パフォーマンス1280x1024)では、1.5倍程度、Extreme(1920x1200)では、1.8倍前後としました。


 ※注記2)ランキング評価に当たり下記性能データを比較。

 ・NVIDIA「SLI技術」の要点

 ・3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
 ・初心者にやさしいCPU選び−intel編による性能順

 ・メモリの知識と選び方による性能順位



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.