Google
 
Web leoplanet.co.jp

| サイトマップ | 電脳獅子惑星トップ | サイト運営者|

【米国系 BTOパソコンの特徴比較と評価】

★BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10
(集計期間
2018年6月〜2018年8月(3ヶ月間)詳細)
1.ドスパラ

(BTO−PCにいち早く取組んだ安心感でオススメNO.1)

2.Sycomオンライン通販

(知る人ぞ知る通販専門の有名サイト)

3.ツクモネットショップ

(秋葉系の有名店。eX.computerシリーズ、Acer、ASUS、メーカーPC取り扱い)

4.パソコン工房(Faithを統合)

(ウェブショップもこの人気、「あなたの街のパソコン屋さん」全国89店舗)

5.パソコンショップSEVEN

(通販専門で実店舗はない(yahoo!店はある)。 フルカスタムBTO方式を採用)

5.ストーム(Storm)

(コストパフォーマンスに優れたオリジナルPCに強い。自由度の高いBTO、通販のみ)

7.PCワンズ(1's)

(大阪日本橋のBTO販売専門店。平均4営業日で出荷と速いのが特徴)

7.VSPEC BTO SHOP

(近寄りがたいような非常にマニアックな自作パソコン系の店。通販専門)

7.富士通直販

(WEB専用BTOカスタムメイドある富士通)

7.マウスコンピュータ

(コストパフォーマンスの良さ抜群でオススメ!)

10番以下)パソコンSHOPアーク

(秋葉末広町駅近くのショップ)

10番以下)デルオンラインストア

(ビジネスPCに強いDell Computor)

10番以下)日本HPオンラインストア「hp directplus」

(デルを抜き、売り上げ世界NO.1ブランドメーカー)

10番以下)エプソンダイレクト

(NECのPC98互換機時代からの老舗ブランド・メーカー。DOS/V-PC作りがうまい)

10番以下)レノボ・ジャパン(旧、IBMパソコン事業部)

(中国企業経営となったThinkPad ブランド)

10番以下)東芝ダイレクトPC

(ゲーム系ノートなど直販でもメッポウ強い)

10番以下)ソニーストア

(直販でもメッポウ強いスタイリッシュPC)

10番以下)NEC Direct

(天下のNEC直販サイト)

10番以下)【パナソニック】直販

(パナソニックの人気レッツノート直販など)

10番以下)ソフマップ(sofmap)

(新品・中古・販売・買取りのソフマップ)

 
ページビュー
ランキング10
1.3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
2.ハード初心者にやさしいハードディスク交換、取付け法
3.ハードウェア初心者にやさしいビデオカード選び
4.3Dゲームが出来るパソコン・オンラインゲームパソコン入門
5.ハードウェア初心者にやさしいCPU選び
6.デュアルコアCPU パソコン入門
7.きっと役立つ!3Dゲーム ノートパソコン入門
8.超高性能 3Dゲームノート ランキング TOP5ページ
9.ネット直販 カスタマイズ・BTOパソコンの人気サイト評価
10.薄型テレビ機種別の一番の激安価格を本日、ネット検索したページ
知ってますか?米国系 DOS/V-BTOパソコンの特徴比較と評価
【サイト内関連ページ】自分の用途とショップ販売面から見たBTO比較

 毎朝、新聞を見ているとよく、Dell の1ページ全面広告を目にします。この全面広告の方式は、きわめてアメリカ的です。「日本 HP」 も、Dell ほどでないにしても、時々顔を出すようになりました。ボーナス時期になると、さらに負けじと、NECなど、日本メーカーも頑張っています。

 このページでは、米国系 DOS/V-BTOパソコンメーカーの特徴とその評価について書いて行きたいと思います。

 日本製のメーカーパソコンについては、たいていの人が何らかのイメージを持っていて、新しい製品の購入に際して、そのイメージの延長上で、そのつど検討・修正を加えて判断してるようです。

 日本に進出の米国系 パソコンメーカーの大手は、現在、デル・コンピュータ日本 HP(ヒュレット・パッカード:コンパックを吸収し、コンパック・ブランドは残った。)、ゲートウェイ(Gateway)レノボ(旧、IBM:PC事業部門が中国企業となった。)、アップル・コンピュータなどです。

 変化が激しいからでしょうか、米国系メーカーについては、なかなか、イメージを定められないかも知れません。レノボ(旧、IBM)なども、どうイメージしていいか、私もまだ分かりません。中国企業となっても、前と同じ信頼があるのでしょうか?

 日本法人のない、委託販売のゲートウェイ(Gateway)Joshinweb-パソコンicon)1社を除いた、4社について、今回取り上げて見たいと思います。

   
特徴 デル
(デルオンラインストア)
日本 HP
(含む、コンパック)
(日本hpのオンラインストア)
レノボ
(旧、IBM)
(レノボ・ジャパン)
アップル
(Apple Storeへ)
日本法人設立 1989年
(川崎市)
1963年
(品川区)
2005年
(港区)
19??年
(新宿区)
大分類 DOS/V 互換
路線
DOS/V 互換
路線
DOS/V 互換
路線
DOS/V互換でない
オリジナルパソコン
路線
市場シェア 世界第2位 世界第1位 中国シェア33% 日本シェア10%
製品
ラインアップ
(個人向け)
DeskTop   7機種
Note     4機種
WorkStation 5機種
DeskTop   6機種
Note     5機種
WorkStation 3機種
DeskTop   5機種
Note    11機種
なし
DeskTop   4機種
Note     2機種
Server    1機種
製品
ラインアップ
(法人向け)
DeskTop   3機種
Note     3機種
WorkStation 5機種
Server   13機種
DeskTop  11機種
Note     7機種
WorkStation 4機種
Server   18機種
なし
なし
なし
なし
なし
なし
ブランドの
特徴比較
業界(世界)トップブランドの座をHP(ヒューレットパッカード)に奪われてしまった。日本でも、歴史は短いが、通販専門ながら、新聞全面広告の手法を使って、プライスリーダーとなった。独特の販売、保証方法が受け入れられ、法人を含め、個人向けパソコンで、大きく成長した。 デルから業界(世界)トップの座を奪ったHPブランド。パソコン以外に、サーバー・ワークステーションを長く販売しており、業務用にめっぽう強い。コンパックも吸収し、ノート分野を充実した大手企業として、信頼と安心のメーカーである。レンタル・リース会社の取り扱いも多い。
【 直販サイト 『 日本HP 』ブランドPCを徹底評価 】のページ
IBMブランドのノートは、業界のスペック・リーダーとしてまだ健在と思う。残念なのは、いま量販店で売られていない。ネット上のサポート情報の豊富さ、ノートのメンテナンス性の良さで、恐らくまだ右に出るメーカーはないと思う。 DOS/V互換でない、NEC98が消えた中で、雑誌、グラフィック業界などでのブランド神話、マックの伝統のパソコン造りを、これだけ長く持ち続けている点は高く評価できる。Windowsが動けばなあと思うのは私だけではないので、きっと、そうなると思う。
特徴ある
代表的商品
比較
Inspiron 531s

スタイリッシュ
デスクトップ
HP Workstation
xw6200/CT

ThinkPad X41

B5ノート初の
指紋センサー
搭載モデル
\198,450〜
The new iMac G5.

厚さおよそ5cm
\152,040〜

 日本 HPは、パソコン業界でこそ、知名度はいまひとつですが、パソコンというものが現れる前の、業務用コンピュータ(ミニコンピュータなど)時代から、日本進出していた、著名な大企業です。
 (→【 直販サイト 『 日本HP 』ブランドPCを徹底評価 】のページへ)

 米国からみれば、それをパソコン業界で、(追い越したというより、先行した)デルは、パソコンというものが現れてから生まれた、(ガレージ起業から始まった、)時代の寵児ともいえる企業であり、歴史も浅く、比較しようのない会社といえるかも知れません。

 PC-AT機、DOS/V 互換路線を生み出しながら、HDD部門を、日立に、そしてPC事業部門を中国企業に身売りしたIBMなどは、さらに、時代の敗者なのかも知れません。それにしても、IBMのノートは、名品が多数あったと思います。

 DOS/V パソコンと、激しくGUIなどのスペックを争った、一方のアップル・コンピュータは、世界的にはパソコンの売り上げが落ちたとはいえ、日本シェアは、10%を持ち、独自のマックの伝統のパソコン造りを現在でもしています。

 パソコンは、価格競争面から、話題の中心が中国の方へシフトしていくでしょうが、パソコンの持つ独創性やユーザビリティ(使い勝手の良さ)は、米国や日本メーカーが、ほとんど造り出したものです。メモリー製造の様に、あきらめてしまっては、韓国などに追いつかなくなります。

 パソコンを造りだした米国や日本メーカーが、今後あたらしい独創性や、ユーザビリティ(使い勝手の良さ)を出して、パソコンのハイ・スペック・リーダーとなって行って欲しいものです。

 紹介のメーカーホームページリンクです。
 ・デルオンラインストア
 ・日本hpのオンラインストア「hp directplus」
 ・レノボ・ジャパン
 ・Apple Store

 委託販売のゲートウェイ(Gateway)のパソコンをチェックしたい場合は、ジョーシンの下記のページに多数取り扱いがあります。

 ・Joshinweb-パソコンのGateway コーナーへ→Joshinweb-パソコン icon

 【その他の有名ショップ評価ページ】
 ●ネット通販専門店『 サイコム(Sycom) 』ブランドを徹底評価のページ
 ●『 マウスコンピュータ 』BTO−PCを徹底評価のページ
 ●クレバリーeショップのBTOパソコンを徹底評価ページ
 ●「ドスパラのBTOパソコンを徹底的に評価」のページ
 ●「パソコン工房」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●「フェイス」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●「ツートップ(TwoTop)」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●「フロンティア神代」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●【 直販サイト『 東芝ダイレクトPC 』を徹底評価 】のページ
 ●【 直販サイト 『 日本HP 』ブランドPCを徹底評価 】のページ

 2005年10月記。 

Copyright (C) 1996- by Leoplanet Inc.
パーツ豆知識
CPUの知識
メモリ知識と選び方
HDDの知識と選び方
関連リンク
BTOパソコン販売のサイト紹介
BTOパソコン(タワー)
ゲームノート
テレビノート
低価格帯BTOノート
中間価格BTOノート
ベアノート
画像安定装置
DVDプレーヤ
内蔵メモリー
液晶モニター
プリンター
外付DVDドライブ
内蔵DVDドライブ
内蔵ハードディスク
外付ハードディスク
MOドライブ
TVキャプチャカード
スキャンTVコンバータ
GPS
メモリーカード
PR
dell2_125x125