電脳獅子惑星ロゴ

3Dオンラインゲーム・パソコンを探す−ストーム(Storm)編

ストーム(Storm)編:NVIDIA SLI 特別仕様 重装備ゲーマーズ機:Storm Reactor SLI LTD  秋葉よりも御茶ノ水が近い、神田淡路町にある通販専門のマニア系ショップ、ストーム(STORM)から、現在最高レベルの、GPU:NVIDIA GeForce 9800GTXを、SLI構成で2枚搭載した、Storm Reactor SLI LTDです。
(Update 2019.10.05)

記事ヘッダー写真

3Dオンラインゲーム・パソコンを探す−ストーム(Storm)編

 ストーム(Storm)編:NVIDIA SLI 特別仕様 重装備ゲーマーズ機:Storm Reactor SLI LTD

 秋葉よりも御茶ノ水が近い、神田淡路町にある通販専門のマニア系ショップ、ストームから、現在最高レベルの、GPU:NVIDIA GeForce 9800GTXを、SLI構成で2枚搭載した、Storm Reactor SLI LTDです。
 このモデルの標準仕様ビデオカードは、 GeForce 9800GTXです。これは、これまで標準的に紹介してきた、GeForce 8800 GTXから、+7%程度が性能アップした、2008年4月発売の最新・最速レベルGPUです。これをSLI構成で2枚搭載と、最強スペックのグラフィックとしています。

(+7%程度が性能アップの詳細は、3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表などで比較下さい。)

 ここでは、前に挙げた3Dゲーム度のチェック項目を調べながら、各社の代表的3Dゲームパソコンを連続紹介しています。(3Dゲームノート度と似た項目ですが、ちょっとだけ違いますよ。)


 実際に選ぶ上では、まず最初に、自分のやりたいゲームの種類によって、モニターの液晶サイズとグラフィックカード性能を、およそ決めてしまうのが賢い方法と思います。

 やりたいゲームが、「ロスト プラネット」なのか、「LineageU」なのか、そしてオンラインゲームなのかなどで決まって来るでしょう。(オンラインゲームでの勝負に勝ちたい場合は、もう出来る限り高性能がベストとなってしまいますが。)


 やりたいゲームの公式サイト(参考:公式サイト入口で【オフィシャルサイト】文字部クリック)へ行きますと、最低のハードウェアの環境が公表されています。また、チェックの順は、次の順でよいかと思います。上から順に調べてNGが出たなら、調べるのを中止します。

 さて、このページは、御茶ノ水に近い神田淡路町にある通販専門のマニアショップ、ストームから、Storm Reactor SLI LTDです。
:冷却性の良いフロントメッシュデザイン、側面パネル透明アクリル仕様

 【 3Dゲーム度 】

  @ビデオカード塔載GPUとビデオメモリー: どの程度ゲーム向きか?

  先に書きましたように、このモデルの標準仕様ビデオカードは、 GeForce 9800GTXです。これは、これまで標準的に紹介してきた、GeForce 8800 GTXから、+7%程度が性能アップした、2008年4月発売の最新・最速レベルGPUです。

1枚では+7%程度。しかし、2枚をSLI構成にしたことで、40−50%性能がアップしますので、理論換算ながら、GeForce 8800 GTX 1枚より、1.5倍の高性能ということになります。(なぜか、ベンチマークでは余りアップしてませんが。)また、ビデオRAMは、2枚とも512MBです。

  (詳しくは3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表をご覧下さい。順番がだいたい分かります。これによって、3Dベンチ(3DMark05/06)の数字がほぼ決まってきます。)

 A塔載のCPU: Core2 Duo以降、またはAthlon64 X2、か?

  こちらも、2008年発売の最新Penrynコアですが、標準仕様がCore 2 Duo E8400 でしたので、最速版のE8500(デュアルコア / 3.16GHz / L2キャッシュ 6MB / FSB1333MHz)にカスタマイズして見ました。約1万円のアップでした。これで、最速の3.16Gですので申し分なしです。(ゲーマーズモデル向け特化のため、敢えてクアッドコアCPUを標準仕様としていません。もちろんBTO選択可能ですが。)

 B塔載のメインメモリー: その種類は、DDR2か?容量は、速度は?

  標準で、2GB:PC6400 DDR2-800( DDR2-800MHz DualChannel, 1GBx2 )で、申し分ない高速仕様です。メモリーブランド表示はありませんでしたが、高品質マイクロンメモリーも選択可能でした。

 C塔載のハードディスク: その種類は、シリアルATA2(SATA-II)、か?

  320GB 7200rpm Serial ATA2(SATA300 ,16MB)と、ゲーム用途だけなら、多すぎるくらいであり、メーカーは、Seagate Barracuda標準搭載なので 信頼度と高速性も含め、申し分ないと思います。

 D信頼性・その他:GPUやCPUの負荷率が高くなりますので、発熱が多くあり、冷却が十分かどうか。電源容量が十分か、どうか。

  電源には、 1000Wで、SNE ブランドのGIANT1000W、静音電源ユニットを標準搭載でした。CPUの電力、TDP=65W なので、起動時のパワーなど不足はないと思います。またPCIーEX 8P 4個/CPU 8P 2個と電源コネクターも豊富です。

  ケースは、Antec社製ゲーミングスタイル ミドルタワーPC筺体、Nine Hundredを標準採用 です。このケースは、前面がフロントメッシュデザインで側面パネルがマニアックな透明アクリル仕様で、拡張性・メンテナンス性のよいミドルタワーケースです。

内部トップ:200mmのFAN x 1、内部前面:BLUE-LED搭載120mmケースFAN x 2、内部側面:120mmケースFAN x 1、 内部背面:120mmケースFAN x 1と、5個もファンを装備のため、非常に冷却性に優れたものと言えます。サイズをチェックすると、寸法が、高さ468mm 奥行493mm 幅206mmでした。

 また、マザーボードは、チップセットに、NVIDIA社の nForce 750i SLI を採用のものですが、これは、まず、ビデオカードのSLI 構成に対応してます。さらに帯域幅5GT/sのPCI Express 2.0対応など、全体的なシステム・パフォーマンスを向上させたATXマザーボードです。

マザーボードのメーカーは、安心の信頼性ブランドASUS の型番、P5N-Dでした。CPUは、Core2 Quad/Core2 Extreme/Core2 Duo/Pentium Extreme/Pentium D/Pentium 4まで対応します。

 標準のサウンドは、 マザーにオンボードの、8chオーディオHigh Definition Audio でした。さらに、動作環境温度、湿度の記載はありませんでしたが、これは保証期間1年 (センドバック無償修理、E-Mail、電話サポート) というストームのショップ・ブランドを信用するしかありません。

 また、液晶モニターの種類は、できればゲームやDVD映画向きのものにしたいものです。

  これは、こだわりの周辺機器ー液晶モニターに詳しく書きましたが、ワイド、光沢あり仕様、輝度(カンデラ) 400以上、コントラスト 500:1、応答速度 10mSecなどが欲しいところです。


 さて、通販専門のマニア系ショップのストーム(Storm)から、Storm Reactor SLI LTDです。納期:上記のBTOスペックで、7営業日と標準的です。OSが、Vista Home Premium インストールの上記仕様で、¥221,246円でした。結構なバリュー価格ではないでしょうか。なお、モニターは付属しません。

  2008年6月末記

 → 3Dゲーム向きBTOパソコン比較評価カテゴリーへ戻る




弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.