電脳獅子惑星ロゴ

「Final Fantasy XIV(FF14) 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード

今回参考までに、「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適に遊べるレベルのフレームレートはどのくらいなのか、フレームレートとベンチマーク値との関連性などについて調べて見ました・・
(Update 2017. 2.25)

記事ヘッダー写真

「Final Fantasy XIV(FF14) 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード

最も関連の深いページFinal Fantasy XIV 「蒼天のイシュガルド」が快適なレベルのPC


 【調査テーマ: 快適動作レベルのフレームレートはどのくらいなのか、フレームレートとベンチマーク測定値との関連性】

 長い間βテストが行われていた、シリーズの最新作「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」PC版の正式サービスが、2013年8月末に、開始となりました。

 従来シリーズ同様に、カスタマイズ豊富なキャラクターメイキングや、クラス、ジョブといったシステムが採用されているようです。

 ←キャラクタークリエイションの画面

 どのくらいの性能のパソコンやノートで、このゲームを快適に遊べるかどうかについては、多くのサイトで、「FF14新生エオルゼアの公式ベンチマーク測定結果」が公開されているので、調べることができます。



 しかし、この時のフレームレートについては、あまり測定されていないようです。

 そこで今回参考までに、「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適に遊べるレベルのフレームレートはどのくらいなのか、フレームレートとベンチマーク測定値との関連性などについて調べて見ました。

 公式サイトの、「新生エオルゼアのベンチマーク キャラクター編で公開している計測スコアとプレイの目安について」によると、

【Final Fantasy XIV: 新生エオルゼア キャラクター編のベンチマーク値と快適度】(ワールド編も同じ) : 

【7000〜】非常に快適、
【5000〜6999】 とても快適、
【3500〜4999】 快適、
【2500〜3499】 やや快適、
【2000〜2499】 普通、
【1500〜1999】 やや重い:設定変更を推奨、【1000〜1499】 重い:設定変更が必要
【1000 未満】 動作困難

となりますが、フレームレート値の公開はありません。

 この辺の情報に詳しい、石川ひさよし氏によるPC Watch記事「BF4にFF14、ドラクエ、信長の野望……、この冬注目のPCゲームとその環境は? 」(2013/12/31)によると、

 「一般的には30fps程度が求められ、実際にオフィシャルベンチマークでも30fpsが判断基準となっているようだ。ただし、液晶ディスプレイは60Hzが一般的なので、60fpsに近いパフォーマンスが出ればより快適であることは間違いない。そこで、『30fps以上でできるだけ余裕が大きいこと』が快適度のひとつの判断基準になるだろう。」

としています。

 一方、ライターの宮崎真一氏による 4gamer.netの記事「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」を快適に遊べるGPUはどれだ? 公式ベンチマークを計16製品で試してみた」によると(ただし、2013/03/13時点のため、ベンチマークテストは、ワールド編)、

 「画質が最高品質でベンチマークテストを回したときの平均フレームレートをまとめると、平均フレームレートとベンチマークスコアは相互関係があるので,傾向やスコア順はまったく同じだ。」

 「スコアを見る限り、「非常に快適」とされるスコア7000を得るためには,平均60fps以上の獲得が必要なようだ。また,平均40fpsあれば「とても快適」,平均30fpsで「快適」ということになる気配である。」

と結論していました。

 さらに、ascii.jp の記事(文: 藤田 忠氏)「新生FF XIVを快適にプレイできるコスパ重視の構成を見極める(2013年10月)」では、(ビデオカード「GeForce GTX 660」で)

 「負荷が高めの場所のため、戦闘をしていない状態でも、“最高品質”で、31fpsとギリギリのフレームレートに。このフレームレートだと、さすがに複数の敵やプレイヤーが集まってくる“Full Active Time Event(F.A.T.E.)”がスタートすると30fpsを切るシーンも見られた。」

としています。

 以上紹介した3氏とも、共通に、フレームレートが平均30fps超えで「快適」としています。

 それでは、以下に、今回調査した内容から「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適な、あるいはクリティカル(ぎりぎり)なグラフィックカードと、そのフレームレート測定値を一覧表にして見ました。

★「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード(フレームレート):スコアの高い順
(PC Watch 2013年12月末のデータ、負荷の重いシーンではfpsはガクッと落ち込む)

カードの種類
(CPU型番と速度)

「FF14 新生エオルゼア」
フレームレート(フレーム/秒(fps))
測定条件 引用元
Radeon R9 -280X 3GB
CPU:「AMD FX-8350」(8コア、4.0〜4.2GHz)
59.2(平均) 実プレイ PC Watch
Radeon R9 -270 2GB
同上CPU
56.0(平均) 実プレイ PC Watch
GeForce GTX 660
CPU:「Core i7 -4770K」(4コア8スレッド、3.5〜TB3.9GHz)
31(平均) 実プレイ
(GPU負荷が高めな「グリダニア」の「黒衣森」)
ascii.jp
Radeon R7 -240 2GB
CPU:「AMD FX-8350」(8コア、4.0〜4.2GHz)
13.6(平均) 実プレイ PC Watch

【Final Fantasy XIV: 新生エオルゼア ベンチマーク値 キャラクター編
 グラフィック画質設定は「最高品質/高品質/標準品質」の3種

カードの種類
(CPU型番と速度)
画質:最高品質 画質:高品質 画質:標準品質 引用元
Radeon R9 -280X 3GB
CPU:「AMD FX-8350」(8コア、4.0〜4.2GHz)
15539 12004 15598 PC Watch
GeForce GTX TITAN
CPU:「Core i7 -4770K」(4コア8スレッド、3.5〜TB3.9GHz)
13442
解像度:1920 X 1080
- - ascii.jp
GeForce GTX 780
同上CPU
12680
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
Radeo HD 7970
同上CPU
11532
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
GeForce GTX 770
同上CPU
11154
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
GeForce GTX 760
同上CPU
9260
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
Radeon R9 -270 2GB
CPU:「AMD FX-8350」(8コア、4.0〜4.2GHz)
8386 8580 14832 PC Watch
Radeo HD 7870
CPU:「Core i7 -4770K」(4コア8スレッド、3.5〜TB3.9GHz)
8078
解像度:1920 X 1080
- - ascii.jp
GeForce GTX 660
同上CPU
7332
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
Radeo HD 7850
同上CPU
7223(非常に快適)
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
Radeo HD 7790
同上CPU
5507(とても快適)
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
GeForce GTX 650Ti
同上CPU
4834
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
Radeo HD 7770
同上CPU
4346(快適)
解像度:1920 X 1080
- - 同上 ascii.jp
Radeon R7 -240 2GB
CPU:「AMD FX-8350」(8コア、4.0〜4.2GHz)
1489(設定変更) 1504 3026 PC Watch

 スコア【3500〜4999】 で、快適となるため、フルHD&最高画質で楽しむ程度なら、Radeon R9-270で十分と判断できる。 (石川ひさよし氏)

 下記は、キャラクター編の1つ前のベンチマークである「ワールド編」の計測スコアですが、フレームレートも同時に調べていますので、関連性・相関関係が分かります。

 ただし、キャラクター編とワールド編でのスコアは異なりますので、注意が必要です。どのくらい違うかについては表の下で少し考察を加えました。

★「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード(ベンチマーク:ワールド編)
スコアの高い順(2013年3月のFF14ベンチ新生エオルゼア:ワールド編でのデータ

 引用出典は、4gamer.net:「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」を快適に遊べるGPUはどれだ? 公式ベンチマークを計16製品で試してみた

カードの種類
(CPU型番と速度)
フレームレート(フレーム/秒(fps)) ワールド編ベンチスコア 測定条件
GeForce GTX TITAN
CPU:「Core i7 -3970X EE」(6コア12スレッド、3.5〜Max4GHz)
●同一GPU構成で上表値と比較すると→右太字
84.8(平均) 9398
●13442(キャラクター編)
画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 680
同上CPU
68.3(平均) 7920 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 670
同上CPU
65.8(平均) 7702 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 690
同上CPU
65.6(平均) 7603 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7970 GE
同上CPU
65.3(平均) 7811 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7970
同上CPU
●同一GPU構成で上表値と比較すると→右太字
60.7(平均) 7311(非常に快適)
●11532(キャラクター編)
画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 660Ti
同上CPU
58.5(平均) 6977 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7950
同上CPU
53.2(平均) 6484 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 660
同上CPU
●同一GPU構成で上表値と比較すると→右太字
51.8(平均)
●31(実プレイ:グリダニアの黒衣森)
6262
●7332(キャラクター編)
画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7870 GE
同上CPU
45.8(平均) 5669 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7850
同上CPU
40.6(平均) 5037(とても快適) 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 650Ti
同上CPU
●同一GPU構成で上表値と比較すると→右太字
34.6(平均) 4307(快適)
●4834(キャラクター編)
画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7770 GE
同上CPU
25.1(平均) 3162 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GTX 650
同上CPU
24.1(平均) 4307 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
Radeon HD 7750
同上CPU
21.3(平均) 2687(やや快適) 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080
GeForce GT 640
同上CPU
15.3(平均) 1939 画質:最高品質、解像度:1920 X 1080

 注記)GTX 690はGTX 680にすら届いていない。その理由はベンチマークソフトの公式サイトにも記述されているように、新生FFXIVベンチ ワールド編がSLIに対応していないため。公式サイトには、CrossFireを含めて「製品版では対応できるよう鋭意開発中」とも記載されている。(2013年3月時点)

 【結論と考察】

 公式サイトには、「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」の推奨動作環境には、NVIDIA GeForce GTX660以上、ATI Radeon HD 7950以上、CPU Intel Core i5 -xxxx(2.66GHz)以上、メインメモリ 4GB、画面解像度 1920x1080 、 以上などと書かれていますが、まさに、主要なメディアもこれを検証したような結果が出ているようです。

 つまり、上の表のGeForce GTX 660の項、実プレイのフレームレート31fps を入れた箇所から上のグラフィックスカードが(必要動作環境ではなく、)推奨動作環境に当たるようです。

 表中のこの項(GeForce GTX 660、同一GPU構成で比較した箇所)を見ますと、

 ★ベンチマークスコアでは、キャラクター編がワールド編よりも約1000程度も高くなっています。誤差にしてはちょっと大きすぎる感じがしますので、こういった傾向があるのかも知れません。

 『結論』 : キャラクター編はかなり高いスコアが出る。

 GeForce GTX TITAN 、Radeon HD 7970 での比較でも、キャラクター編はかなり高い数字が出ていますので、キャラクター編とワールド編のスコアは、直接比較は出来ないようです。

 実際に、GeForce GTX 650Ti クラスのカードでも、500くらい高くなり、推奨動作カード以上なら、約1000(GeForce GTX 660)〜約4000(GeForce GTX TITAN)以上は、高くなると思われます。

また、フレームレートについては

 ★実プレイのフレームレート 31fps は、ベンチマークワールド編での51.8fps よりも、20くらい低くになっています。(ただし、GPU負荷が高めな「グリダニア」の「黒衣森」で)

 これはGPU負荷が高いためと納得できます。しかし、主要なメディアが書いている「フレームレートが平均30fps超えで快適」と言うのとは妙に一致しています。



【 FF XIV 新生エオルゼアが快適動作で、かつコスパが良い推奨パソコンを探す】'14年3月12日調査

 各社から、実プレイ動作が「快適なレベル」で、コスパの一番良いと思われるものを1つ選んでみました。

 このためベンチマークスコアが、画質が最高品質の条件で、最低でも「快適 3500〜4999」 (あるいはフレームレートが平均30fps超え)がピックアップの条件です。

製品名と価格 グラフィックス名 搭載CPU 搭載メモリー ベンチマークスコア
キャラクター編
サイコム(1品種のみのため、非コスパ重視)
G-Master Hydro-GK2-FFXIV★FF14推奨PC
189,510円
NVIDIA GeForce GTX770 2GB Core i7-4770 (3.4GHz、ターボ3.9GHz)
4コア8スレッド
16GB DDR3(PC3-12800) 10268(非常に快適)
解像度1920x1200
ドスパラ
新生エオルゼア 推奨パソコン ガレリア HX
119,980円〜
NVIDIA GeForce GTX660 2GB Core i7-4770 (3.4GHz、ターボ3.9GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 8010(非常に快適)
解像度1920x1080
マウスコンピュータ
FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼア 推奨パソコン NEXTGEAR-MICRO im541BA1-FF14icon
109,830円〜
NVIDIA GeForce GTX660 2GB Core i7-4770 (3.4GHz、ターボ3.9GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 未測定
(非常に快適レベル)
パソコン工房
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン GS7000-i7-KXB-FFXIV [Windows 7] icon
119,859円〜
NVIDIA GeForce GTX660 2GB Core i7-4770 (3.4GHz、ターボ3.9GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) (ワールド編:6116 / @ Core i7-4770K
とても快適レベル
フェイス
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン PASSANT i7EZ8A877-FFXIV [Windows 7搭載] icon
118,779円〜
Radeon HD 8770 1GB Core i7-4770K (3.5GHz、ターボ3.9GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) (5495)本機未測定
(とても快適レベル)
ツクモ
G-GEAR ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア推奨PC | エントリーモデル
102,980円〜
NVIDIA GeForce GTX650Ti 1GB Core i7-4770 (3.4GHz、ターボ3.9GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 未測定(快適レベル)
ドスパラ(ノート)
推奨ノート ガレリアQF765HE :15.6インチ液晶
114,980円〜
NVIDIA GeForce GTX765M 2GB Core i7-4700MQ (2.4GHz、ターボ3.4GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 4034(快適)
解像度1920x1080
パソコン工房(ノート)
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨ノート 15GSX7000-i7-SGB-FFXIV [Windows 8.1] :15.6インチ液晶 icon
129,579円〜
NVIDIA GeForce GTX765M 2GB Core i7-4700MQ (2.4GHz、ターボ3.4GHz)
4コア8スレッド
8GB DDR3(PC3-12800) 未測定(快適レベル)
デルコンピュータ(ノート)
新型ALIENWARE 14 ノートパソコン:宇宙最強のゲームパソコン ファイナルファンタジーXIV
169,800円〜
NVIDIA GeForce GTX765M 2GB Core i7-4700MQ (2.4GHz、ターボ3.4GHz)
4コア8スレッド
16GB DDR3(PC3-12800) 未測定(快適レベル)

「FF14 : 新生エオルゼア プレミアムインビテーション」付き推奨パソコン新発売


 2014年3月12日作成

最も関連の深いページFinal Fantasy XIV 「蒼天のイシュガルド」が快適なレベルのPC

【関連記事ページ】 :

 ●「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」が快適なグラフィックカード(本ページ)
 ●AVAが最高設定でも快適に動く、推奨パソコンのレベルとは
 ●重量級のゲーム「Battlefield 4、Battlefield 3」が快適なグラフィックカード



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC
 

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10
マウスコンピューター/G-Tune

家電・テレビ特集

PR

その他のPC直販ショップ

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.