電脳獅子惑星ロゴ

クレバリーeショップのBTOパソコンを徹底評価

クレバリーは、Windows95が発売された翌年、1996年12月に秋葉原1号店をオープンという12年近くの歴史をもっており、現在では、秋葉原に、1号店、2号店、インターネット館の3店舗を展開しています。
(Update 2017. 5. 24)

記事ヘッダー写真

クレバリーeショップのBTOパソコンを徹底評価

 ★【クレバリー・ブランド力の評価】

 クレバリーは、Windows95が発売された翌年、1996年12月に秋葉原1号店をオープンという12年近くの歴史をもっており、現在では、秋葉原に、1号店、2号店、インターネット館の3店舗を展開しています。

 残念ながら、現在業務を停止しております。弊社も間接的に大変お世話になりました。今後の再開を強く期待しております。

 クレバリーは、DOSVパーツやBTOパソコン販売が中心ですが、特にキーボードの取り扱いの種類や数では秋葉原で有名です。ショップのキャラクターマークで使われてるのは最初「牛」かと思ったのですが、どうやら茶色のクマのようです。カン違いしてる人もいるのではないでしょうか。

 これは、サイトの中に通販ブログ「クマ出没!アキバ注意報!!PCパーツの聖地秋葉原に生息するクマのひとり言」というのがあったため判明しました。(ちなみに当サイトは黒ネコですが。)

壮観のキーボード展示

 さて先に紹介したキーボードは、秋葉原2号店で販売しており、筆者もふらりと行くことがあるのですが、キーボード展示は壮観で、ホントニ見応えがあり感心します。日本一ということで、実際200種類以上があるとのことです。また、マウスの種類もかなり豊富です。

 ラオックスコンピュータ館がなくなり、ツクモが「会社更生法の適用を受けた」など、厳しい業界状況にあって、2007年 4月、物流センターを越谷市に開設するなど、発展を続けているのは、ショップの特色がマニアやユーザーによく受け入れられ、リピーターがかなりいるものと推測されます。

 一方クレバリーのeショップサイトは、どちらかと云えば、一見大変地味で、堅い感じですが、BTOパソコンのカテゴリ・ページを開いて見ますと、ミドルタワー、省スペースのスリムパソコンそしてキューブ型PCと3種類のケース形状のPCをそろえていて、それぞれの形状に対してスタンダードPC、地デジPC,ゲームPC、法人向けモデル、コンセプトモデル、即納パソコンなどを用意しています。

 今回、「クレバリーeショップのBTOパソコンを徹底評価」として、、ショップ紹介記事を書くに当たり、偶然にも、クレバリーeショップさんから、この中から代表的なゲームPC:ミドルタワー Core2 Quad GM8J ゲームモデルをお借りできましたので、その機種をチェックして行きたいと思います。
 評価したMiddle Tower Core2 Quad GM8J ゲーマー

 ★【使用パーツを徹底チェック・評価】

  さて、評価用にお借りした、主力商品であるフルカスタマイズ・ゲームPC:ミドルタワー Core2 Quad GM8J ゲーマーを開梱して、使用パーツのメーカー名、製品名などをチェックして見ました。

 ●マザーボードのメーカーは、信頼性で定評のあるASUS製の、P5Q PRO が採用されていました。これはホームページ上にもハッキリと記載されていて安心です。このマザーは、チップセットクーラーに銅ヒートパイプ式のものを使って静音化し、かつ信頼度向上しています。(ファン式は通常、数年でモータが壊れます。)

 ●メモリーは、ホームページには、4GB(2GBx2) [DDR2/PC6400/CL5] の記載でメーカー表示がありませんでしたが、実際のモデルには、Elixer製が付いていました。このブランドは数年前(Samsungが値上げした頃)から安価に入手でき、トラブルもほとんどないので人気です。

 ●ハードディスクは、ホームページには、1TB [SerialATAII/7200rpm] の記載でメーカー表示がありませんでしたが、実際のモデルには、やはり信頼のブランドである Seagate製、バラクーダのST31000333ASが付いていました。安心できるパーツ組み込みですね。

 ●さらに、肝心のパーツである、ビデオカードは、ホームページには、ATI RADEON HD4870 512MB [PCI-e/Dual DVI(HDCP対応)/2slot占有] の記載でメーカー表示がありませんでした。
 
 しかし、実際のモデルには、ATI のOEM ブランドとして人気の、Sapphire(サファイヤ)のHDT4870 512MB GDDR5 Dual DVI が付いていました。これも安心できるパーツ組み込みです。ビデオカードは、2slot占有し、プラスチックケース入りで表面に女性の写真が貼ってあります。

 2チャンネル出力ともDVI-I コネクタですので、アナログモニターは、変換しないと使えませんので注意が必要です。ただ、変換コネクターが1個添付されていましたので1台はOKです。(TV接続端子も付いています。)

 ●光学ドライブは、ホームページには、標準品が DVD スーパーマルチ [18倍速 DVD±Rx18/±R DLx10/-RAMx12] の記載でメーカー表示がありませんでした。

 実際のモデルには、LG電子の GH20NS10(20倍速、Serial-ATA接続)が付いていました。これはDOSVショップがよくやる(上位互換という)標準的パーツ組み込み方法です。フロントパネルには(OEMらしく)LGのロゴはありません。また、IO DATAのBlu-ray対応ドライブがBTO選択できる(増設も可能)のもうれしい所です。

 ●ケースは、Antecブランドの、 SOLO [背面12cmFANx1] ≪シルバー+ブラック≫で、電源には、ホームページ表示と同じ Antec のTP3-650 [650W電源 12cm静音ファン搭載] が付いていました。

 Antecブランドは、長期の人気ブランドです。12cmファンは、回転数が低いため音が静かです。

 以上本体の採用パーツメーカーとその型番をチェックして見ましたが、ホームページにメーカー記載のあるマザーボード・ケース電源以外のパーツには、実際のところ(ショップ在庫の都合により)ノーブランド品が使われることも「あり」になります。

 この辺は、このクレバリー「ブランド」の高さを信じるしかないのですが、今回実際にお借りしたモデルを詳細に調べました上の結果から、信頼のできる誠実な「ショップブランド」であることがハッキリ分かりました。と言いますのは、(ホームページにメーカー記載なくても、一般的想像より)より安心のパーツが選択され使われており、クレバリー「ブランド」が、激しい競合に打ち勝ってここまで来た理由も推定できるためです。

 また、この機種は、自信のモデルだけあって、どのパーツも、ほぼフルカスタマイズできるようになっていました。またケース内の配線回りや結線処理などもシンプルで、後々の部品増設や交換しやすいようにまとめられていました。

 本機をゲーミングPCとして評価したページは、下記です。こちらも是非お読み下さい。
 → 【 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコンを探す−クレバリー編


 ★【製造、組立てを徹底チェック・評価】

 残念ですが、ウェーブ上には、海外生産工場の写真が1枚出てるだけで、これらについての記載は、まったくありませんでした。この辺は、この「ショップブランド」の高さを信じるしかないようです。従って、題名の徹底チェック・評価は、出来ませんでした。

 今後、クレバリーeショップ「ブランド」力や信頼度をさらに高めるには、生産工場の製造・組立てから品質管理などをどこで、どのように行なっているのかを、ホームページ上に写真などを入れて明示した方が良いと感じました。


 ★【BTOパソコンのラインアップを徹底チェック・評価】

 それでは、クレバリーeショップのBTOパソコンの機種のラインアップを見てみましょう。BTOパソコンのカテゴリ・ページを開いて見ますと、現在、

 ●ミドルタワー型では、
  ・スタンダードモデルが5機種、
  ・地デジモデルが4機種、
  ・ゲーマー PCが5機種、
  ・法人向けモデルが2機種、
  ・コンセプトPCが3機種:データのバックアップや公開、PCのバックアップ向きWindows Home Server搭載機種やグラフィック性能に優れたCG・映像向けコンセプトPC
  ・即納モデルが4機種

 ●スリム型では、
  ・スタンダードモデルが5機種、
  ・ゲーマー PCが2機種、
  ・法人向けモデルが3機種、
  ・コンセプトPCが1機種:省電力タイプのCPU、HDDを搭載など。
  ・即納モデルが3機種

 ●キューブ型 では、
  ・スタンダードモデルが3機種、
  ・地デジモデルが2機種、
  ・即納モデルが2機種

以上デスクトップ型が合計44機種ありました。

 これ以外にノートパソコンは、小型ミニノート が9機種、10万円以下ノートPCが4機種、ありました。メーカーは、TOSHIBA、ASUS、ACER、Lenovo製品でした。ノートの機種は豊富とは言えず、やはり、デスクトップ型中心の品揃えです。

 この中で、特にクレバリーeショップらしい特色のあるものをピックアップして、見て行きたいと思います。


 ★【BTO地デジ・パソコン】

 これらの中で、ゲームモデル以外で特に注意を引くのは、地デジモデルです。

いずれにも、バッファロー製の、地上波デジタルチューナーカード (DT-H50/PCI 価格 : ¥15,700円 ) が搭載されていました。

 この地デジカードは、使用するグラフィックに対応した「※COPPドライバー」というものが必要であり、BUFFALOのサイトでは、パソコンの地デジ対応度が簡単にチェックできる「ストリームテスト」(ダウンロード可能)を用意しています。

一般のパソコンでは、この「ストリームテスト」を実行して、バッファロー製地デジチューナー利用の可否やハイビジョン出力に必要なデジタル出力(DVI)&著作権保護機能(HDCP)の有無などを購入前に確認する必要があるのですが、本地デジモデルは、その必要がなく初心者には購入の動機付けになるかも知れません。

 ※注記)COPPドライバーは、グラフィックカード付属の最新のドライバーに含まれ、グラフィックボードやグラフィック機能搭載マザーボードのメーカーWebサイトから最新版のダウンロードが必要。

 以上、クレバリーらしい特色のあるジャンルのBTOパソコンを挙げて見ました。納期は、いずれも、3〜5日が標準と大変短いと思います。

 2008年11月記


 【その他の有名ショップ評価ページ】
 ●通販専門店『 ストーム(Storm) 』ブランドを徹底評価
 ●通販専門店『 サイコム(Sycom) 』ブランドを徹底評価
 ●ツクモパソコン本店で、eX.computerブランドを取材
 ●マウスコンピューターの工場、製造現場を見学取材
 ●購入体験者に聞く:フェイス 秋葉原本店ショップ出口客へ突撃インタビュー
 ●購入体験者に聞く:ツクモeX:ショップ出口購入客へ突撃インタビュー
 ●『 マウスコンピュータ 』BTO−PCを徹底評価のページ
 ●クレバリーeショップのBTOパソコンを徹底評価ページ
 ●「ドスパラのBTOパソコンを徹底的に評価」のページ
 ●「パソコン工房」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●「フェイス」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●「ツートップ(TwoTop)」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●「フロンティア神代」のBTOパソコンを徹底評価のページ
 ●【 直販サイト『 東芝ダイレクトPC 』を徹底評価 】のページ
 ●【 直販サイト 『 日本HP 』ブランドPCを徹底評価 】のページ



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC
 

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10
マウスコンピューター/G-Tune

家電・テレビ特集

PR

その他のPC直販ショップ

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.