パソコン工房
Google
 
Web www.leoplanet.co.jp

| サイトマップ | 電脳獅子惑星トップ |

【初心者にやさしいハードディスク豆知識;S−ATA、 S−ATA2】

パーツ豆知識
CPUの知識
メモリ知識と選び方
HDDの知識と選び方
ページビュー
ランキング10
1.3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
2.ハード初心者にやさしいハードディスク交換、取付け法
3.ハードウェア初心者にやさしいビデオカード選び
4.3Dゲームが出来るパソコン・オンラインゲームパソコン入門
5.ハードウェア初心者にやさしいCPU選び
6.デュアルコアCPU パソコン入門
7.きっと役立つ!3Dゲーム ノートパソコン入門
8.超高性能 3Dゲームノート ランキング TOP5ページ
9.ネット直販 カスタマイズ・BTOパソコンの人気サイト評価
10.薄型テレビ機種別の一番の激安価格を本日、ネット検索したページ
HDD安価販売店
(価格.COM 調べ)

TwoTop パーツページicon
パソコン工房
HDDiconページ
ツクモ
フェイスインターネットショップ
初心者にやさしいハードディスク豆知識・解説−S−ATA、 S−ATA2

 最新のページは、→HDD知識と選び方へ移動しました。

アマゾンで内蔵ハードディスクの価格を調べる。→例:日立 HGST 3.5インチHDD(SerialATA)/容量:500GB/回転数:7200rpm/キャッシュ:16MB HDS721050CLA362

 BTOパソコンのハードディスクは、自分の用途に見合った容量(サイズ)を選べばよいのですが、今の新しいPCですと、だいたい160〜320GB程度を選ぶ方が多いようです。

 1月末発売の新しいOS:Windows Vista になりますと、Home Basic 版で、20GB以上、Home Premium, Business, Ultimate 版ですと、40GB以上がマイクロソフトの推奨となります。

 さて、本ページは、シリアル−ATA(S−ATA)タイプのハードディスク解説です。

【 S−ATA 】:
   現在の主流ハードディスクは、このS−ATA(シリアルATA)に移ったため、従来のATA方式をパラレルATA(P-ATA)と言って区別することがあります。

 S−ATA方式は、従来のATAの内部転送速度が速くなり、ATA133:133MB/秒のパラレル伝送方式の限界に近ずいたため、シリアルに変える必要があり、規格として登場しました。

 問題というのは、パラレルデータを、ストローブ信号で、同期転送するには、各データ間の遅延時間が異なり同期できなくなったということです。(これをクロック・スキューの問題ということがあります。)

 新S−ATA(シリアルATA)方式は、差動(ディファレンシャル)方式の回路を採用して、耐ノイズ性を上げています。また、1ビット伝送であるため、遅延時間が異なり同期できないということはありません。

 S−ATA(シリアルATA)方式の接続部は、接続ピン数が、7ピン信号と15ピン電源線から構成されています。また、接続できるケーブル長は、1m(従来の2倍)と言われています。

 この7ピン信号の内訳は、アップロード(上り)差動対2本、ダウンロード(下り)差動対2本の信号と3本のGND信号から構成されます。

 また、モーター回転数は、7200/10000回転(RPM) 、内部メモリーバッファも8/16MBの2種があり、いずれも大きい方が高速HDDということになります。

 S−ATAは、その外部転送速度の違いによって、S−ATA1S−ATA2に分類されます。S−ATAは、その総称といえます。

S−ATA1方式:外部転送速度:1500Mbit/s(1.5Gbps)、ATA150(150MB/s)、動作周波数:1.5GHz
S−ATA2方式:外部転送速度:3000Mbit/s(3.0Gbps)、ATA300(300MB/s)、動作周波数:3.0GHz

 ここで、解かりにくい転送速度、ATA150、やATA300、の表現形式ですが、S−ATA信号は、処理上の問題から、8ビットデータを10ビットで置換して伝送するために起こります。(8b10bコード変換

 このため、10ビットなのに、8ビット(1バイト)分しかないのです。つまり、1500Mbit/s = 150MB/s、となります。(恥ずかしながら、筆者も長いこと勘違いしてました。)

 さて、さらによく誤解の起きるハードディスクの転送速度ですが、これまで上に書きましたのは、あくまで外部転送速度、つまり、接続部のインターフェース回路の速度です。

 これは、実際のHDD転送速度である内部転送速度:内部トランスファレート(TransferRate)より、ずっと上に置かれています。つまり上限値という表現が分かりやすいのです。

 上限値外部転送速度の表現が、実際のHDD転送速度を表わしているかのように、ショップなどでも使われ、売られてるのは、大変残念なことです。

 実際のHDD転送速度である内部転送速度は、現在でも、90-100MB/sec程度です。S−ATA2方式の、ATA300(300MB/s)どころか、従来のパラレル方式の、ATA133規格(133MB/s)よりも、遅いところにあります。

 (もちろん技術的には、もうすぐ、133MB/sを超える時代が来るので、S−ATA方式が登場した訳ですが。)

【 S−ATA2 】:
これは、別のページで解説します。

 2007年2月記

アマゾンで内蔵ハードディスクの価格を調べる。→例:日立 HGST 3.5インチHDD(SerialATA)/容量:500GB/回転数:7200rpm/キャッシュ:16MB HDS721050CLA362

HDD(ハードディスク)安価販売店(価格.COM 調べ)
| TwoTop パーツページicon | パソコン工房 HDDiconページ | ツクモ | フェイスインターネットショップ |

Copyright (C) 1996- by Leoplanet Inc.
関連リンク
BTOパソコン販売のサイト紹介
BTOパソコン(タワー)
ゲームノート
テレビノート
低価格帯BTOノート
中間価格BTOノート
ベアノート
画像安定装置
DVDプレーヤ
内蔵メモリー
メモリーカード
液晶モニター
プリンター
外付DVDドライブ
内蔵DVDドライブ
内蔵ハードディスク
外付ハードディスク
MOドライブ
TVキャプチャカード
スキャンTVコンバータ
GPS
DOS/V パーツ
販売・著名サイト
 
サイコム(Sycom)
 
Joshinweb-パソコン icon
 
TWO TOP ウェブショップ
 
ツクモ
 
ドスパラ
 
パソコン工房
 
【● BTO-PCショップ Storm ●】
 
フェイスインターネットショップ
 
VSPEC INTERNET BTO SHOP
 
マウスコンピューター
PR