電脳獅子惑星ロゴ

CPUでAMDが逆襲開始か、Ryzen 7 シリーズのゲームPCが安い

今年の3月に、AMD社が価格を抑えた戦略的なCPUを投入し・・・・性能が極めて高く、コストパフォーマンスの良さが売りの、Ryzen シリーズ・・・・各社とも特定のジャンルを決めかねている・・・ハイパフォーマンスゲームPC・・・VRヘッドマウントVIVE推奨スペックPCとか
(Update 2017.10.14)

記事ヘッダー写真

CPUでAMDが逆襲開始か、Ryzen 7 シリーズのゲームPCが安い

 今年の3月に、AMD(Advanced Micro Technology)社が価格を抑えた戦略的なCPUを投入し始めた。それは、性能が極めて高く、コストパフォーマンスの良さが売りの、Ryzen シリーズである。

 従来のインテルCPUでは、8コア16スレッドというと、値段がかなり高いため、クリエイター向けとか、業務用などの特別な用途利用を想定してしまう人が多いと思われる。

 ←AMD Ryzen 7 1800x 単品(Amazon販売の現在価格をチェック!


 価格面から言うと、例えば、Core i7-6900K (3.2-3.7GHz,L3 Cash 20MB, 8コア16スレッド)なら、13万円くらい(8月現在、約121,557円)している。

 しかし、これと同等クラス、競合製品として発売された、AMDのRyzen 7シリーズ、Ryzen 7 1800X (3.6-4.0GHz, L3 Cash 16MB, 8コア16スレッド)、が、6.5万円くらい(8月現在、約61,000円)で販売されたのだ。

 なんとインテルCPUの半分の価格である。それにしても極度に安いので、本当に同じくらいの性能が出ているのだろうかと疑問もある。

 また、発売から4ヶ月が立った現在、売れているのだろうか。今回これらの疑問点を具体的に調査して見ました。

 日経新聞などの5月末の報道によれば、「インテルからの乗り換え客が出ている(ツクモデジタル・ライフ館)」ようである。

 同店のCPU販売に占めるAMDの割合は30%に達した。発売前の2月までは、10%未満だったという。これは、確かに大変売れているのは間違いなさそうである。

 従来から、BTOパソコンショップのCPUは、ゲームマニアの購入が多い。ゲーム対戦競技「eスポーツ」やVR(仮想現実)ゲームの普及によって、性能の高いパソコンの自作ニーズが高まっているらしい。

【 競合するCPUの代表例 】 :Ryzen 7はCore i7に対抗、Ryzen 5はCore i5に対抗

AMD (同左コア・スレッド) インテル (同左コア・スレッド)

Ryzen Threadripper 1950X
16コア32スレッド
Core i9 -7900K
10コア20スレッド

Ryzen Threadripper 1920X
12コア24スレッド
Core i9 -7900K
10コア20スレッド
Ryzen 7 1800X 8コア16スレッド Core i7 -6900K 8コア16スレッド
Ryzen 7 1700 8コア16スレッド Core i7 -7700K 4コア8スレッド
Ryzen 5 1600X 6コア12スレッド Core i5 -7600K 4コア4スレッド
Ryzen 5 1500X 4コア8スレッド Core i5 -7500 4コア4スレッド


 次に、最初の一番重要な疑問である、「本当にインテルと同じくらいの性能が出ているのだろうか」ということですが、筆者と同じ疑問から、Ryzen 7 1800Xと、Core i7-6900K などを性能比較した調査記事が、4Gamer.net にありました。


 
 (ベンチマーク画像を4Gamer.netから参照しました→「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をもたらすのか?

 Ryzen 7 1800X (3.6-4.0GHz, L3 Cash 16MB, 8コア16スレッド)
 Core i7 -6900K (3.2-3.7GHz,L3 Cash 20MB, 8コア16スレッド)
 Core i7 -7700K (4.2-4.5GHz,L3 Cash 8MB, 4コア8スレッド)
 Core i7 -6700K (4.0-4.2GHz,L3 Cash 8MB, 4コア8スレッド)
 FX-9590 (4.7-5.0GHz ,L2 Cash 2MBx2, L3 Cash 8MB, 8コア)

 3DMark ベンチマークテストの結果をみると、Fire Strike Wxtreme、Fire Strike とも、Ryzen 7 1800Xと、Core i7-6900K は、ほぼ同等のスコアを出している。

 4コア8スレッドのCore i7 -7700KやCore i7 -6700Kに対しては、36%から54%くらい性能アップしている。

 これ以外の3DMarkの「Fire Strike」総合スコアでも、Ryzen 7 1800Xと、Core i7-6900K は、ほぼ同等のスコアを出しているようだ。

 ただ、「4Gamer.netの執筆者の評価によれば、「L3とメインメモリの遅さが致命的? ゲームではあまり振るわないRyzen 7」と、書いている。

 その理由は、 「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」などの、ゲーム個別のベンチマークのスコアが、15%から20%落ちていることにあり、その原因がメモリの遅さということのようである。

 それにしても、インテルの半分の価格という安さで、このクラスの性能(8コア16スレッドです!)のCPUが手に入るのは非常に魅力的である。また、インテル社にとっては、久方ぶりに発生した脅威的な事件と思われる。

 このため、ゲームPC販売の有名BTOショップでの販売例を調べてみました。下表に、各社からの代表例として1種のみ紹介掲載しました。

 現在のところ、どんなゲームに強いのか、各社とも特定のジャンルを決めかねているようで、ハイパフォーマンスゲームPCとか、VRヘッドマウントVIVE推奨スペックPC(参照ページ)とか、ハイエンドモデルとかのモデルに設定して販売しているようです。


【 Ryzen 7 1800X 〜 Ryzen 7 1700 搭載のゲーミングPC代表例 】:(2017年8月11日調査)

店舗(メーカー)
パソコン型番
グラフィックス
(マザーチップ)
型番
CPU型式 メモリー
(種類)
HDD
(HDD,SSDの種類)
価格
(標準仕様)
サイコム
ハイパフォーマンスゲームPC
G-Master Spear X370A
(カスタマイズ品)
GeForce GTX1080 8GB
(AMD X370)
Ryzen 7 1800X
(8コア16スレッド/3.60GHz/最大4.00GHz/L3キャッシュ16MB
8GB
(PC4-19200)
525GB SSD
(SATA 6Gb/s)
229,310円
(7日出荷)
ドスパラ
ゲームパソコン(ゲーミングPC)
GALLERIA AZ - ガレリア AZ
GeForce GTX1080 Ti 11GB
(AMD B350)
Ryzen 7 1800X
(8コア16スレッド/3.60GHz/最大4.00GHz/L3キャッシュ16MB
16GB
(PC4-19200)
500GB SSD
+2TB HDD
(SATA 6Gb/s)
249,980円
(2日で出荷)
パソコン工房
AMD Ryzen7 プロセッサー搭載ゲームパソコン
VRヘッドマウントVIVE推奨スペック
iiyama LEVEL-R0X3-R8X-VNR
icon
GeForce GTX1080 8GB
(AMD X370)
Ryzen 7 1800X
(8コア16スレッド/3.60GHz/最大4.00GHz/L3キャッシュ16MB
8GB
(PC4-19200)
240GB SSD
+1TB HDD
(SATA 6Gb/s)
199,980 〜円
(2-7日で出荷)
マウスコンピュータ
3Dゲームも快適!GeForce GTX 1080搭載ハイエンドモデル
NEXTGEAR-MICRO am540
icon
GeForce GTX1080 8GB
(AMD B350)
Ryzen 7 1700X
(8コア16スレッド/3.4GHz/最大3.8GHz/L3キャッシュ16MB)
16GB
(PC4-19200)
240GB SSD
+2TB HDD
(SATA 6Gb/s)
189,800円
(7-8日で出荷)
フルカスタマイズBTOショップVSPEC
AMD Ryzen スタンダードモデル
VSPEC-BTO/Ryzen 1700X-RX550
RADEON RX 550 2GB
(AMD X370)
Ryzen 7 1700X
(8コア16スレッド/3.4GHz/最大3.8GHz/L3キャッシュ16MB)
16GB
(PC4-19200)
250GB SSD
+1TB HDD
(SATA 6Gb/s)
169,800円
アマゾン直販(マウスコンピュータ)
mouse ゲーミング デスクトップパソコン
G-Tune NM-R7081SHGP6-ZBM
GeForce GTX1060 3GB
(AMD B350?)
Ryzen 7 1700
(8コア16スレッド/3.0GHz/最大3.7GHz/L3キャッシュ16MB)
8GB
(PC4-19200)
240GB SSD
+1TB HDD
(7200rpm)
151,999円
(?出荷)
ツクモ
【BTOモデル】eX.computer デスクトップパソコン ミドルタワー
G-GEAR GA7A-B92/T
100台限定、Ryzen 7 1700(8コア) に無償アップグレード
GeForce GTX1060 3GB
(AMD B350)
Ryzen 5 1600
(6コア12スレッド/3.2GHz/最大3.6GHz/L3キャッシュ16MB)
8GB
(PC4-19200)
240GB SSD
+2TB HDD
(SATA 6Gb/s)
112,800円
(3日で出荷)

【最も関連するページ】

 ●ハードウェア初心者にやさしいCPU選び−AMD編でRyzen 7シリーズをチェック
 ●超高性能 3Dゲームパソコン ランキングTOP10
 ●VR Ready (VIVEやOculus Rift 推奨)パソコン一覧



弊社では、パソコン技術に詳しい方の記事投稿の募集を始めました。(まとめサイトのようなイメージで、多くの方の専門的な知識の集積サイトを目指しています。)
 ご投稿の場合は、薄謝を進呈すると共に、該当記事ページから、投稿著作者の紹介やお持ちのPC技術サイトへのバックリンクをご提供致します。本サイトからのリンクはSEO的な効果がかなり期待できます。
 また、購入にまつわる体験談投稿も募集中です。
 ★ご意見、ご要望について
  よりよいサイトへ改善のため、多くの方のご意見、ご要望の提案などをお待ちしています。
  お問い合わせ窓口に記載の上ご連絡下さい。(メールアドレスをお忘れなく)


ご意見、ご要望について
お問い合わせ窓口

電脳獅子惑星:直販のBTOパソコン比較・選択ガイド

トピックス

  • BTOショップ評判を分析
  • 用途とBTOショップの得意分野
  • フレッツ光をWiMAX、LTEと比較

注目ランキング最新版

  • BTOパソコン販売ショップ売上高の人気ランキング
  • 高性能ゲームノート ランキング
  • 高性能ゲームパソコン ランキング
  • 高性能ゲーム推奨ノートのランキング
  • DOSVショップの売れ筋PCランキング
  • 高性能モバイルノート ランキング

一覧表で眺める

  • 各ゲーム推奨PC一覧
  • ゲーム推奨ノート一覧表
  • 動画編集パソコン一覧
  • GPU性能比較一覧表
  • ノート向けGPU性能比較一覧表

快適動作(創作PC)

  • 写真編集(RAW現像)PC
  • Adobe CS動作確認モデル
  • エディウス快適動作PC
  • イラスト制作性能PC
  • 3DCG制作での推奨パソコンレベル

快適動作(ゲーム)

  • FinalFantasyが快適動作するPCのレベル
  • AVAが快適動作するPCのレベル
  • BF4が快適動作するレベル

選び方・チェック項目

  • ゲーム用ノート基準
  • トレーダー(特にデイトレ)用途PC

初心者向け入門解説

  • 各BTO系ショップの得意分野を調査
  • ネット直販パソコンサイト一覧
  • 初心者の3Dゲーム・オンラインゲームパソコン選び方入門
  • 3Dゲーム・オンラインゲーム・パソコン入門(続編1)
  • ゲームノート入門
  • BTOノートを選ぶ理由と選び方
  • モバイルノート入門
  • 初心者のクリエイターPC入門
  • 初心者のサーバー・ワークステーション入門
  • トレーダー(特にデイトレ)用途のパソコンの選び方

意外な激安PC探し

BTOパソコン販売の人気ランキング TOP10

家電・テレビ特集

PR

PR

 


 Copyright(C) 1996 - 電脳獅子惑星 : BTOパソコン比較・選び方ガイド Allrights reserved.