Google
 
Web www.leoplanet.co.jp

| サイトマップ | 電脳獅子惑星トップ | サイト運営者|

【初心者のBTX フォームパソコン入門】

キーワード
BTXフォームファクター
ATXから変わろうとしている、インテル提唱の、 BTXフォームファクタは、冷却が必要な主要部品を効率よく冷却するため、ケース内全体の空気の流れ(エアフロー)を考慮した設計がなされた、マザーボードの新しい規格です。BTXは、ケース前面に配置されたサーマルモジュールが外気をケース内部に取り込み、CPU、チップセット、VGA、HDD、メモリ等の主要部品を冷却するという、効率の良いエアフローを作り出すように設計されています。(フェイスの解説から引用)
 
ページビュー
ランキング10
1.3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表
2.ハード初心者にやさしいハードディスク交換、取付け法
3.ハードウェア初心者にやさしいビデオカード選び
4.3Dゲームが出来るパソコン・オンラインゲームパソコン入門
5.ハードウェア初心者にやさしいCPU選び
6.デュアルコアCPU パソコン入門
7.きっと役立つ!3Dゲーム ノートパソコン入門
8.超高性能 3Dゲームノート ランキング TOP5ページ
9.ネット直販 カスタマイズ・BTOパソコンの人気サイト評価
10.薄型テレビ機種別の一番の激安価格を本日、ネット検索したページ
パソコン直販
サイトリンク
パソコン直販サイト NEC Direct
(当サイト経由売上げNO.10。ウェブ・モデルも多く、直販でもかなり強い)
 
日本hpのオンラインストア「hp directplus」
(ヒューレット・パッカード:今やデルを抜き、売り上げ世界NO.1ブランドメーカー)
 
エプソンダイレクト
(NECのPC98互換機時代からの老舗ブランド・メーカー。DOS/V−PC作りがうまい)
 
サイコム(Sycom)
(当サイト経由売り上げNO.4。知る人ぞ知る通販専門の有名サイト)
 
シャープ オンライン
(最近、直販モデルが少ないが、シャープのオンラインダイレクト・ショップ)
 
BTO-PCショップ Storm
(秋葉原のDOS/Vショップ系PCらしいラインアップ。通販のみ)
 
ソーテック
(歴史の長いPCメーカー。最近ヤマダと提携。コストパフォーマンスが良い)
 
ソニースタイル
(当サイト経由売上げNO.9。直販でもメッポウ強いスタイリッシュPC)
 
Two Top インターネットショップ
(当サイト経由売上げNO.7。秋葉系の有名店。DOS/V業界の草分けの商品技術や先進性)
 
ツクモ
(当サイト経由売上げNO.6。秋葉系の有名店。メーカーPCやGateway、e-machines も取り扱い)
 
デルオンラインストア
(当サイト経由売上げNO.8。売り上げ世界NO.2。ビジネスPCに強い)
 
東芝ダイレクトPC
(当サイト経由売上げNO.10。ゲーム系ノートなど直販でもメッポウ強い)
 
ドスパラ
(当サイト経由売り上げNO.1。BTO−PCにいち早く取組んだ安心感でオススメ)
 
BTO SHOP ハーキュリーズ
(自作のDOS/Vショップ系らしいラインアップ。通販のみ)
 
パソコン工房
(当サイト経由売り上げNO.3。経営会社は、フェースやツートップを傘下に治め、2007年満足度ランキングでも2位)
 
フェイスインターネットショップ
(当サイト経由売り上げNO.5。秋葉系の有名店。コストパフォーマンスの良さでオススメ)
 
富士通直販WEB MART
(高性能モバイルノートで、当サイトのランキングトップ。最近これが得意?)
 
フロンティア KOUZIRO
(フロンティア神代(こうじろ)は、長い歴史のオーダーメイドPCの老舗ブランド)
 
VSPEC INTERNET BTO SHOP
(近寄りがたいような非常にマニアックな自作パソコン系の店。通販専門)
 
マウスコンピューター
(当サイト経由売り上げNO.2。コストパフォーマンスの良さ抜群でオススメ)
 
レノボ・ジャパン(旧、IBMパソコン事業部)
(中国企業経営となったThinkPad ブランド。業界のスペック・リーダーとしてまだ健在か?)
BTXフォームパソコン入門−だいぶ辛口評価となりました!
フェイスBTXフォーム採用の
INSPIRE Tubaシリーズ
 BTX フォーム規格が2003年秋のインテル開発フォーラム(IDF)で、発表されてから、すでに2年近くが経過しました。

 当時はすぐにでも、現在のATX 規格からBTX に移行するだろうとか予測する雑誌もありましたが、筆者は今度は何年もかかるだろうと感じました。というのは、過去にも同じことがあったからです。

 '95年頃でしょうか、まだ覚えている人もいるかと思うのですが、DOS/V パソコンの普及し始めた頃の主流は、AT 規格というパソコンであり、大きな特徴は、電源スイッチのオフは、最後に使用者が切るものでした。

 これが、Windows ソフトで終了できる、いわゆる現在のATX 規格が登場した時、すぐにも、この方式に移行するだろうと関係者は思ったのですが、この急激なパソコンの技術革新、成長期でも、普及には、じつに数年を要したのです。

 今回のBTX 規格の主な狙いは、ますます増大するCPU などに起因する発熱から、冷却が必要な主要部品を効率よく冷やすための部品配置(レイアウト)変更とエアーフローの確保にあります。

 ただ冷却は、現在のATX ケースでも、たとえば、水冷式クーラーの採用などで、とりあえずは対応出来てしまいます。これが、筆者が移行には、何年も要すると感じた原因です。

 その議論はさておき、話をもとに戻しますと、2003年秋、発表当初、BTX フォーム規格は、ミドルタワー用のBTX、ミニタワー用のMicro-BTX(マイクロBTX)、そして、キューブなど用のPico-BTX(ピコBTX)の3種類でした。

 そして、2年後の2005年秋、実際に商品化販売されているのは、ミニタワー用のMicro-BTX(マイクロBTX)がほとんどのようです。商品化はゆっくりとしたものとなってます。

 (BTX フォーム規格の商品化は、デルの一例のみで、まだ始まったばかりのようです。BTXフルサイズのLGA775マザーボードがIntelから初登場(2005年9月17日秋葉PC Hotline) )

 この商品の数も大変少なく、各メーカーやショップブランドの製品もラインアップに1機種追加して、模様ながめといった感じがします。

 この普及の遅いことの原因のひとつに、マザーボードのサイズそのものが、ユーザーの求めるダウンサイジングされてないこともあると思われます。

 参考までにマザーボード・サイズを下に出しますと、Micro-BTXは、現在のMicro-ATXより、各20mm大きいサイズです。

マザーボード種類ATX フォーム(現在)BTX フォーム(今回)ITX フォーム(VIA 開発)
ミドルタワー用ATX: 305×244mmBTX:325.12×266.7mm 
ミニタワー用Micro-ATX
244×244mm
Micro-BTX
264×267mm
 
キューブなど用Flex ATX: 229×191mmPico BTX:203×267mm 
組込システム用  Mini-ITX
170×170mm

 これ以外に、BTX フォーム規格には、次の特徴があります。

 1.ケースの取り外しカバーの面が、ATX と逆の面になる。(下の写真)

 2.サーマルモジュールというCPU 冷却機構がある。
   これを取り付けるため、SRM(サポート・アンド・リテンションモジュール)が必要である。

 3.ここまでに挙げた以外のパーツは、ATX と互換性がある。

 さてそれでは、肝心の冷却方式を、実際のツクモの製品引用例、eX.computer B50J iconで見ていきたいと思います。

 向かって左がケースのフロント側で、ATX と逆の面になってます。また、ポイントである、エアーフローが、フロント側のほぼ中央部から吸い込んだ、冷たい外気を、右側のケース背面の排気ファンへ向かって通すように出来ています。

 このエアーの流れの中に、CPU やハードディスクなどの重要部品が配置されます。写真の黒い部分が、サーマルモジュールというCPU 冷却機構で、専用の大型CPUクーラーを搭載しています。

 このツクモの製品例では、上に書いた、SRM(サポート・アンド・リテンションモジュール)という、マザーのタワミを防ぐ金属プレートは、マザーの裏側のため、見えていません。

サーマルモジュール
 また、ケースの真ん中部分に見える、この→
観音開き構造の部分が、なんとHDDベイ部分で、中にハードディスクが収納されてます。(本製品オリジナルで、BTX規格範囲ではない。)

 その右にちらっと見えるのがケース背面の排気ファンです。

 このように、メモリやマザー・チップセットなどの発熱の多いパーツも、このエアーの流れの中に自然と置かれるようになります。(下のMicro-BTXマザーボード)

インテルマザーボード D945GCZ
 ← これは、写真のように、もともとBTXマザーボードの主要発熱部品が、水平に直線上にレイアウトされてるために、エアーフロー(ほぼ左から右へ)中に自然と置かれることになる訳です。

 メモリーや増設のグラフィックボードなどが、エアーフローの流れと同じ方向であり、流れをさえぎらず冷やされることも解ります。

 以上、肝心の冷却方式を見てきましたが、この方式のメリットを十分生かせるタイプ、特に、冷却に工夫のいるミニタワー(Micro-ATX)型ケースタイプから、BTX パソコンの普及が始まって来ている理由もよく分かります。

 ツクモ:eX.computer B50Jicon
 2005年 9月に入ってから、BTXフルサイズのLGA775マザーボードがIntelから初登場し、ようやくBTX パソコンの動きも出て来ました。

 このため、今後の近い時期に購入を考えてる、新しいもの好きの方には、BTO パソコンの選択肢のひとつにはなっていくと思われます。

 ちなみに、紹介のツクモのパソコン、eX.computer B50J iconは、日経WinPC (2005年10月号)主催『快適パソコンコンテスト』金賞を受賞しています。

 最後に、ツクモ以外で、Micro-ATX型のBTX パソコンのモデル例を下記に挙げておきますので、参考にして下さい。TwoTop とフェィスで種類が多くありました。

BTX パソコンのモデル例

  ・TWOTOP のCeleronD〜Dualコア搭載モデル:Xcute BTX シリーズ4機種(\62,790円〜)
  ・フェィスのPentium 4/Dualコア 搭載モデル:INSPIRE Tuba シリーズ3機種(税込\115,290円〜)
  ・パソコン工房のCeleron D 搭載モデル:Amphis MT504BTX icon(税込\64,980円〜)

 2006年 1月修正。 

Copyright (C) 1996- by Leoplanet Inc.
パーツ豆知識
メモリ知識;DDR2
メモリ知識;DDR
HDD知識;ATA
関連リンク
BTOパソコン販売のサイト紹介
BTOパソコン(タワー)
ゲームノート
テレビノート
低価格帯BTOノート
中間価格BTOノート
ベアノート
画像安定装置
DVDプレーヤ
内蔵メモリー
液晶モニター
プリンター
外付DVDドライブ
内蔵DVDドライブ
内蔵ハードディスク
外付ハードディスク
MOドライブ
TVキャプチャカード
スキャンTVコンバータ
GPS
メモリーカード
PR